< 前ページ ホーム 次ページ >

スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告

2mx35

2017年06月07日 09:00

<2MX35> 小2 ミッコロ
今日は満開の桜の下で、お花見です。御馳走は超長金太郎飴と超長銀太郎飴の柔煮です。
超長金太郎飴は超長銀太郎飴の3倍の長さがあります。みんなで午前中に金太郎飴と
銀太郎飴を丁度半分ずつ食べたところ、残りの長さをあわせると12cmでした。
では、超長金太郎飴はもともと何cmだったのでしょうか。

SANY0602.jpg
6月3日

2文目でほぼ同じ長さの金太郎飴と銀太郎飴を描きます。
3文目で銀太郎飴の長さを金太郎飴の3分の1の大きさに変え、長い余計な所を×する。

4文目で青色の所が食べた所、白いそのままの所が残っている所にし
金太郎、銀太郎それぞれの白い所を合わせ12cmと描く。

そこから絵をじーっと見たりするも中々わからず。
途中4文目をもう一度読むように2度お願いされる。
(このじっとしている間だけで約12分)。

それから適当に当てはめ?なのか薄い数字を
金太郎飴、銀太郎飴にゆっ~っくり書いていく。

さらに4文目の問題文を読むようにお願いされ、
絵をじーっとみながら、指で絵を確認し

残った白い方の金太郎飴と銀太郎飴を合わせ12cmということは
青色の食べた方の金太郎飴と銀太郎飴をあわせたのも12cm。

12cmと12cmをたし24cmが
もとの金太郎飴と銀太郎飴合わせた長さ。

その24cmを4つにわけ、その一つが6cm。
つまり銀太郎飴の長さが6cmとわかる。
6cm3つ分が金太郎飴の長さの為、6+6+6=18。

後は通しで確認していき、間違いないことを確信
答え18cmと書く。

------------------
今回はもともとの金太郎飴と銀太郎飴を
合わせた長さ12cm+12cm=24cmと出してから
四つにわけるという方法を思いつきました。

これと全く同じ問題1mx95を1年生にしていますがその時は
残った金太郎飴と銀太郎飴12cmを4つにわける方法でやりました。
(数字が違ってわからん帳行きになりましたが)

今回どういうやり方でやればいいのかを
絵を見ていましたが中々思いつきませんでした。

その原因はおそらく、
1、銀太郎飴の長さがパッと見た感じ金太郎飴の3分の1に見えない。
(長い所は×とは書いていますが。)

2、食べた所が下の青色の所で、残りの長さを合わせ12cmを見る時に
残った金太郎飴左上と銀太郎飴右下が離れていて気づきにくい。

上記二つの事なのではと思います。
だからこそ
違う方法を見つけたのではないかとも思います。

同じ問題でも絵の描き方一つでこうも違うんだなぁ。

もっと見やすい絵を描いていたら
早くに気づいた可能性はありますが

でも、最後まであきらめずに
絵を見て考える事が出来てよかったなぁと思います。


2MX後半より絵そのもので考えたり、比較したり、動かすことが
重要になってくる大事な部分に入ってくるので
特に丁寧に見守って行こうと思います。


関連記事

ミッコロ(小2) コメント: 0 トラックバック: 0

< 前ページ ホーム 次ページ >

プロフィール

love1557

Author:love1557
2006年5月:どんぐり倶楽部を知りそれから子育て方針学習方法ともどんぐり式へ

1998年生まれ:ラン
2009年生まれ:ミッコロ

当時小2のランは19歳。ミッコロは年中からどんぐり問題を開始し小2。

現在個別メール相談1案件:5000円で承っています。

最新記事

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

スポンサーリンク

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。