ホーム

スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告

1mx90

2016年07月20日 08:32

<1MX90> 小1 ミッコロ 
ミミズのニョロは3色の宝箱を見つけました。赤色の宝箱には黄色の宝箱よりも4個多い宝、
黄色の宝箱には青色の宝箱よりも2個少ない宝が入っています。宝箱を開けたら、みんなで
30個の宝がありました。では、赤色の宝箱には何個の宝が入っていたことになるでしょうか。

SANY0285.jpg
7月9日

1、「ミミズのニョロは3色の宝箱を見つけました。」
→ミミズのニョロちゃんと右下に3色の宝箱を描く

2、「赤色の宝箱には黄色の宝箱よりも4個多い宝」
→赤色の宝箱に5個の宝、黄色の宝箱に1個の宝を描く。

3、「黄色の宝箱には青色の宝箱よりも2個少ない宝が入っています」
→赤い宝を2個追加し、黄色の宝2個追加し、青い宝を5個描く

4、「宝箱を開けたら、みんなで30個の宝がありました。」
→宝箱が小さい為描いた絵を全て×で消し、その上に大きく3色の宝箱を描きなおす。
赤い宝箱の中に6個の宝を描き、黄色の宝箱に2個の宝を描き、青い宝箱に3個の宝を描く。
その後にさらに黄色に宝箱に4個の宝を追加し、青に1個宝を追加する。

5、「では、赤色の宝箱には何個の宝が入っていたことになるでしょうか。」
→赤の宝4個追加。この時黄色の宝が青い宝より2個多いと間違って解釈し
この段階で、赤い宝が10個、黄色の宝が6個、青い宝が4個に。
この差をキープし1個つづ増やしていき26個まで描くも、30個にならないことに気づき、
左ページに30個の○を描き、赤、黄、青の宝が何個づつになるのか、
上記の5で解釈している差をキープしながら最初から一つづつ印を付けて行く。
それを29個まで印を付けるも、やはり30個にはならないので、もう一度問題文を読むようにお願いされる。
問題文を聞いて自分の間違いに気づき、3色それぞれの印を修正していく。
最終的に赤12個、青10個、黄8個になる。

最後に通し読みをし、右側の宝箱の中にも同じ宝を描き、正解に辿り着きました。

---------------------------
問題文を間違って解釈してしまいましたが、それでは数が合わないことに気づき、
○を描き確認したり、それでも合わないので、問題文を再度言うようにし、
最終的に自分の力で間違いに気づき、修正していった所は素直に見ていて素晴らしいなぁと思います。

そして「黄色の宝箱には青色の宝箱よりも2個少ないってことは、
青い宝箱の方が黄色より2個多いってことやろ」と独り言を言っていました。

やはり何も口を出さないからこそ、自分で粘り強くやる力が付いて来ているなぁと思います。
これがどんぐりやっていて、見守っている方の醍醐味ですね。

子供のこういう思考錯誤している姿を見るのは良いもんです^^


関連記事

ミッコロ(小1) コメント: 3 トラックバック: 0

< 前の記事 ホーム 次の記事 >

コメント

この記事にコメントする

最近、どんぐりを始めたものです。
手探りで本やらHP、ブログなど読んで勉強中です。
マイナスなことばかりやっていたようで、ショックです。
習い事も一つずつやめております。
子供に説明しながら、方針を変えることや誤ったりしながら、ただ子供自身がやりたい事ばかりだったので、私はいつやめてもいいと言ってたので、やめさせることにはあまり抵抗はなかったのですが、させて来たことには変わりがないので、反省しています。
ただ一つは、どうしてもやめたくないというので、週一日は通っています。
ただどんぐり問題をやっても環境設定が整っていないと意味がないような事も書かれておりましたし、言葉かけなどがとても左右されると書かれてありましたので、、、
エネルギーが少ないとかさえも見極められない私です。
どういう状態がエネルギーが少ないのか?
唯一出来ていたことはテレビやゲームの制限のみでした。その変わり、読書はたくさんしています。
読書の制限ともなると家ではどんなことをして、過ごされているのでしょうか?!
宿題はもともと子供自身が上手に手抜きをしておりました。提出しないといけないものは、どんぐりを知ってからは、マシンで済ませております。
夏休みの宿題も二日ですべて終わらせたので、環境設定を整えて、どんぐり問題に取り組みたいと思っているところです。

どんぐり問題を週に1〜2問(夏休みはもっと回数増やしてもいいと書いてありました)で外遊び中心で、暑過ぎたり寒過ぎたり、雨の日は家で過ごしますよね?
家の手伝いや工作や絵が好きなので比較的ゆっくり過ごしたりしておりますが、テレビを見せない変わりに本なら良いことにしてきたので、読書の制限は何よりも大変です。
どんぐり問題はドキドキしながら診断の問題をさせました。
計算式で出してましたが、絵もそれなりに描いて正解していました。
外遊びは大好きで、休みの日に友達と外で9時間も遊んだりします。途中お昼も一緒に軽く済ませて、ザリガニやイモリ、公園や山から出てくる水などで遊んだりします。
このご時世なので、遠目で子供たちを監視しながらなので、とてもパワーがいることですが、外遊びは好きなので、誘われたら必ず連れて行くようにしています。
田んぼにどじょうを取りに行ったりして、育ててます。ヤゴをとって来て、トンボにすると言って、観察したりして楽しんでおります。
トンボになった時は嬉しかったようです。
習い事も全部はやめてないし、読書はまだ制限出来てませんし、私のペースにしてしまってる所は多いでしょうし、スタートラインにすらありませんよね?環境設定は出来ていないですよね?
どうやったら、どんぐりで進化したとかわかるのでしょうか??
どんぐり問題は絵を描くのは楽しそうで、答えを出せない時は悔しそうですが、絵が描けたらいいよと言って、お宝帳に入れています。

2016年07月21日 17:00 | URL | やよい | 編集

Re: タイトルなし

やよいさん、はじめまして。

> どういう状態がエネルギーが少ないのか?

→結構わかりやすかなと思うのが、0-1歳ぐらいの時の動き方。はいはいの仕方や食べ方など。少ない場合ははいはいもゆ~っくりですし、まず動くよりじ~と見て観察していたり。食べ方もエネルギーのある子は豪快に食べたりしますが、少ない場合はやはりしっとり、ゆったり食べたりしますね。
後は顔の雰囲気ですね。覇気があるかどうか。少ない場合は覇気がない感じがします。

> 読書の制限ともなると家ではどんなことをして、過ごされているのでしょうか?!

→ん~~何をして過ごしているかわからないぐらい特定のものでは遊んでいないですね。
例えば、家中のものをかき集めてきて自分用の家を作ってみたり、お店屋さんごっこしたり、ぬいぐるみで癒されていたり。後はお姉ちゃんの作ったお話を聞いていたり、トランプでたま~に遊んだり、自分で迷路を好きな絵を描いていたりですかね。

> どんぐり問題を週に1〜2問(夏休みはもっと回数増やしてもいいと書いてありました)で外遊び中心で、暑過ぎたり寒過ぎたり、雨の日は家で過ごしますよね?

→どんぐり問題はわからん帳だけを週3問ぐらいする予定でいます。(もちろんのミッコロの状態を見て変動あり)
そしてさすがに日中の外遊びは暑いのでどうしようかなと考えています。雨でも本人が遊びたいと言えば外にいかせますし、家でとなれば家で過ごします。結構アバウトな感じで参考にならずすみません><

> 習い事も全部はやめてないし、読書はまだ制限出来てませんし、私のペースにしてしまってる所は多いでしょうし、スタートラインにすらありませんよね?環境設定は出来ていないですよね?

→スタートラインに立てていないか、環境設定が出来ているかどうかは正直わかりません。
それはただ習い事全てやめたから、読書制限を完璧にしたからスタートラインに立てるというものではないからです。

そこは本当にその子それぞれなのです。人にとっては習い事していても、読書していてもどんぐり問題が問題なく行えている人もいますし、逆にテレビなし、宿題はマシーン、習い事なしでも、他の日常の所でマイナスがあったり、どんぐり問題をしている時にヒントを与えていたり、教え込みながらやっていたら、スタートラインには立っていないことになりますし。

うちの場合だいだい宿題はマシーンがやっていますが、勝手に読書している時もありますし、4月からは習い事もはじめましたが、どんぐり問題を今の所これまで通り出来ているので、環境設定はOKということになります。

つまり、どんぐり問題をしている時の丁寧さだったり、スピードだったり、壁にぶつかった時の反応や言葉だったり、絵だったりで、環境設定が適切か判断するということです。

例えば宿題をあまり制限しないでも、どんぐり問題が順調に言っていれば、そのままでもそんなに心配なしということ。
逆にどんなに環境設定をしているつもりでも、どんぐり問題をやっている時に問題行動や言動がある場合は、何が原因なのか環境設定の見直しが必要ということになります。

スタートラインに立てているかどうかは、その前の準備のことをいうのではなく、どんぐり問題をしている時のお子さんの状況を見て判断するということです。

そしてそれで環境設定が適切か、もっと改善の余地があるかを考えるということです。

> どうやったら、どんぐりで進化したとかわかるのでしょうか??

→これはずっとやっていくと少しづつわかるのかなと思います。今までは手も足も出せなかったものが出来るようになったとか、~より多い部分を○でわかりやすいように囲むようになったとか。本当に色々です。


以上?の所だけ返信させていただきました。
環境設定はとても大事なことですが、でもその前にお母さんがお子さんのことをよく見る余裕を持つことの方がまず最初に大事だなと思います。まずゆ~っくりあせらずですね^^

コメントありがとうございます^^

2016年07月21日 21:58 | URL | love1557 | 編集

ありがとうございます

ご丁寧にありがとうございますm(_ _)m
最近、よく読ませてもらっております。

ミッコロちゃんが小学校に入学されて、算数が面白くないと言われた事をプログに書かれてありましたね。うちも同じだったなと振り返っていました。
今二年生ですが、すでに一年生の時から、周りから優等生扱いされ、落とせられないらしく、いつも一番は疲れると言います。別に気にしなくてもいいよと言っても先生も周りもそのようになってるらしく、、、
"宿題も適当で、普段勉強しないで遊んでばかりなのに、そんな風に言われたり、思われたりするのは疲れるな"と言うんです。
いつもミニ先生で教えてまわらなければならず、学校に勉強を習いに行ってるのになぜ教えて回らないといけないのかと言っております。
学校は何でも早いのがいい、出来るのがいいと評価の対象がそのようになってしまってますものね。
どんぐりのメソッドをもっと理解して、子供を守れるように頑張ります。
ブログ楽しみにしています。ありがとうございました。

2016年07月23日 18:44 | URL | やよい | 編集

コメントを書く






    



管理者にだけ公開させる

トラックバック

トラックバックURL
→ http://love1557.blog.fc2.com/tb.php/441-59289cac

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ホーム

プロフィール

love1557

Author:love1557
2006年5月:どんぐり倶楽部を知りそれから子育て方針学習方法ともどんぐり式へ

1998年生まれ:ラン
2009年生まれ:ミッコロ

当時小2のランは19歳。ミッコロは年中からどんぐり問題を開始し小2。

現在個別メール相談1案件:5000円で承っています。

最新記事

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

スポンサーリンク

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。