ホーム

痛みのコントロールは難しい

2015年06月06日 09:00

つい先日ミッコロの歯に虫歯が出来ていることを発見し歯医者さんへ行ってきました。

毎日仕上げ磨き、デンタルフロスもやっていましたが歯の間で気づきませんでした>< ミッコロごめんよ~

そして、神経の治療まで必要かどうかのレベルで、案の定麻酔をしての本格的な治療となりました。

以前ブログにも簡単に書きましたが、今回も麻酔注射をしている時、歯に器具をセットしている時、治療中、待っている間といい、全てビクともせず、まるで人形のように無表情で何事もなく治療が終わりました。

歯医者さんを出てからミッコロに聞いてみました。

私「今回も人形のようにビクともしなでいたけど、全く痛くないの?」

ミ「痛くないわけないじゃん!それりゃ痛いよ!」

私「麻酔注射が?それとも治療が?」

ミ「どっちもだよ」

私「ごめん、そうだったんだ。でも何で痛いのに全く動かないでいられるの?」

ミ「痛いこともあるかもしれない、痛いかもしれないって思うようにするんだ(覚悟する)。そうするとそんな風に出来るんだ」

私「へ~そうだんだ~」

ミ「あのねぇ、簡単そうに見えるけど、これ結構難しいんだよ。意識して、『痛いこともあるかもしれないって』って何度も思うんだよ。そしてやっとそんな風に出来るんだよ。これ結構難しいんだからね」

私「そっか、やはり難しいだね・・・。でも何でそんなに難しいのに、それをやるの?」

ミ「痛くてもお母さんさんのように体だけが動くならいいけど、ミッコロの場合『痛いよ~』となってしまって嫌だし、その方が(歯の治療が)早く終わるしね。」

私「ほ~なるほど」


以前から痛みのコントロールが出来ることは知っていましたが、今回は自分の状況を分析出来ているのが驚きですね。

痛みのコントロールをして麻酔注射の時も、削っている時も本当に顔色変えずに、ピクとも動かないのですから。大したものです。

しかも、そのコントロールが簡単ではないこともよくわかっている。
何度も使ってしまいますが、恐れ入りました。

関連記事

年長 コメント: 0 トラックバック: 0

< 前の記事 ホーム 次の記事 >

コメントを書く






    



管理者にだけ公開させる

トラックバック

トラックバックURL
→ http://love1557.blog.fc2.com/tb.php/292-c1b38e4a

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ホーム

プロフィール

love1557

Author:love1557
2006年5月:どんぐり倶楽部を知りそれから子育て方針学習方法ともどんぐり式へ

1998年生まれ:ラン
2009年生まれ:ミッコロ

当時小2のランは19歳。ミッコロは年中からどんぐり問題を開始し小2。

現在個別メール相談1案件:5000円で承っています。

最新記事

最新コメント

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

スポンサーリンク

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる