ホーム

環境設定とは現状の自分を知る事から

2014年09月12日 21:10

よく記事の中に「環境設定が大事」と出ていると思うのですが、少し詳しくかこうと思います。

どんぐり倶楽部でいう、宿題マシーン稼働、習い事はお小遣いを出してでも行きたい時のみ、ゲーム、スマホ、TV制限など、もう分かりきっていることはここでは省略します。

外の社会生活(学校や幼稚園)で影響し吸収してくることは、家ではしない。家庭でしか出来ない教育をする。

例えば、学校などでは絶対「早い方が良い」「正解するのが良い」「出来る事が良い」というのを嫌でも学んでしまいます。
そこで家では同じ事を教育しないということになります。陥りやすい間違いが、言葉だけで本人に伝える事です。
言葉でいくら「遅くてもいいんだよ」「考える事が大事なんだよ」「出来なくていいんだよ」と学校とは反対の事を言っても、日常生活の中での行動が学校と一緒だった場合本人には伝わらないですね。

朝、「早く起きなさい」と言う。生活全般が早い。親がこどもの前でも早口。運動や工作をしている時、よく出来た時にだけ褒める、または喜ぶ。
その逆で失敗した時に言葉では気にする必要のない、励ますような言葉がけをしていても、その失敗した瞬間、親の表情が曇ったりすえば、それが本人に伝わる可能性の方が大きい。

何が言いたいかというと、親が思っている以上に子どもは親の毎日の行動を良く見て学んでいるってこと。
そして思っている以上に外の学校や幼稚園などの影響を受けるってことです。

日常の行動と言葉がけが一致した時に子どもの心に一番響くと思います。そうなると修正はそんなに難しくないですね。

こんなわかった風な事を言っていますが、ランの小学生の時、嫌と言うほど自分の行動と言動が一致していないという事を経験しました。そして学校の影響力やストレスも。まだまだよくわかっていなかったあの頃の私。

だからこそ、環境設定が本当に大事だってことを痛感しています。
子どもに対する言葉かけも、親である自分の行動を振り返り、そこに本人に響く言葉を少しだけ添えるというのがいいのかなと思います。

言葉だけで説得しようとしたり、わからせようとすると、言葉だけで一生懸命になってしまうと思うんです。だから、言葉は少しだけにし、それよりもどんぐり問題している時も、日常の生活の中でも言動を一致させることを一番にするといいかなと思います。

でもこれをするの中々難しいと思います。いや私の経験上本当に難しかったです。でも本当に覚悟すれば、変わろうと思えば出来る事です。もちろん今でも完璧には出来ません。
ただランに聞くと昔と比べて180度ぐらい対応が違うと言われるので、かなり変わったと思います。

そこでおススメなのが面倒かもしれませんが、一日でもいいので朝、夜の日常を動画で取って自分で見返すことです。それが難しい場合はボイスレコーダでもいいと思います。

自分が思っている以上に、言葉が速かったり、対応がまずかったりするのが嫌、というほどよくわかると思います。穴があったら入りたいぐらい私は最初恥ずかしかったです。

だまされたと思って覚悟をし、動画またはボイスレコーダを取ってみて下さい。衝撃が走るかもしれません。笑
そして現状の本当の自分の対応を知ってから、環境設定を作っていくということが、面倒かもしれないけど一番早く的確に良く変わっていくことだと実感しています。
関連記事

どんぐり系の話 コメント: 0 トラックバック: 0

< 前の記事 ホーム 次の記事 >

コメントを書く






    



管理者にだけ公開させる

トラックバック

トラックバックURL
→ http://love1557.blog.fc2.com/tb.php/183-58fc05bb

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ホーム

プロフィール

love1557

Author:love1557
2006年5月:どんぐり倶楽部を知りそれから子育て方針学習方法ともどんぐり式へ

1998年生まれ:ラン
2009年生まれ:ミッコロ

当時小2のランは19歳。ミッコロは年中からどんぐり問題を開始し小2。

現在個別メール相談1案件:5000円で承っています。

最新記事

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

スポンサーリンク

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる