ホーム

どんぐり問題 0MX93

2014年07月26日 09:59

<0MX93> 年中 5歳3カ月
 うんこが 18こ やまになっています。そこへ フンコロガシ(ふんころがし)が
1ぴき やってきて、2こずつ うんこを もっていきます。うんこを みんな
もっていくには なんかい かよわなければ いけないのでしょうか


7月25日

黄色い色鉛筆を使ったせいでかなり見づらくいですね汗

1、うんこが 18こ やまになっています。
→左側スペースに一生懸命数えながら18この山を描いていきます。
ミ「1~、2~、3~、4~、5~、6~、7~、8。1、2、3、4、5、6、7、8、9。10~11~、12~、13~、14~、15~、18。1、2、3、4、5、6、7、8、9、10、11、12、13、14、15、16、17、18~。出来た~次言っていいよ」

2、そこへ フンコロガシ(ふんころがし)が1ぴき やってきて、2こずつ うんこを もっていきます。
→右側にフンコロガシ1匹を黄色で、うんこをボールペンで2こ描きます。
ミ「描いた~次言っていいよ」

3、うんこを みんなもっていくには なんかい かよわなければ いけないのでしょうか。
→ミ「うん?何?通わないとって?」
私「・・・・・・・。行くってこと。行って~、」
ミ「ハッツクションくしゃみ、ハッツクションくしゃみ。ちょっと鼻水~」(くしゃみ)で鼻をかみます。

ミ「通うって、何回やまにいけばいいかってこと?」
私「うん。」

さらにもう1ぴきフンコロガシ、うんこを2こ描きます。

そして左側に描いたうんこ2個を消す動作と、右側に移動するような手の動きがあったので、
私「絵に描いてみようか」
ミ「うん、わかった」
左側に描いたうんこ2個を×で消します。
そしてまた右側にうんこ2個持ったフンコロガシ1匹描き、その後に左側にうんこ2個×で消し、その繰り返しを最後までします。途中右側の2個のうんこをの絵を×付けて描き直ししています。(やっぱ黄色だと見づらい・・・)

ミ「ママ~、えっとね、どれがうんちね、なくなったかわからんくなって×描いてみたら、これわかった。」
ミ「一瞬ここで止まったけんね、あれ?って思ったらね、×これだけなくなっていたけんね、あっこれわかった!わかりやすいなぁ」

しばらく過ぎ
ミ「出来た~、1、2、3、4、5、6、7,8,9。あ~わかりずらくなるけん・・・」

一応答えは出たようですが、右側のフンコロガシを数えて答えを導きだそうとしていて、黄色い色鉛筆ってことと、自分が描いた絵では数えにくく、間違いやすいって思ってどうしたらわかりやすいか、ここから思考錯誤がはじまります。

フンコロガシとフンコロガシの間に3本線?のようなものを書き、順番に数えていけるようにしてミッコロなりに工夫しています。

ミ「ボーっしとったらここも数えてしまうやん」(うんこ2個×ついている所)
私「工夫しているんだね。」
ミ「うん。だってね、何もなかったらね、ボーっとしていたら間違った所まで数えてしまうやん。だからこうやって描けばこれはまるだなって」

ミ「出来た」(独り言のように小さい声)
ミ「1、2、3、4、5、6、ちょっと待って。あっ!今ここ、数えてしまった(笑)あははは」
私「あはははは。」
ミ「数えてしまったもん(笑)」

数えている途中に自分なりに工夫したこの線を間違って描いたうんこ2個のフンコロガシにも付けている事に気付き、その光景に2人で笑ってしまったのでした。

気を取り直し
ミ「1、2、3、4、5、6、7,8,9~。・・・・・名前描いておこう」
私「名前書いておくん?」
ミ「ち~こ!・・・名前変えようかな。でも同じやつにはならんくなるし。わかりずらくなるかな。どうしようかな」←名前をそれぞれ別にすると1匹の同じフンコロガシにならなくなってしまうことに悩んでいます。
私「どうする~?」

しばらく考えこんで

ミ「したら~、別の名前書くでも・・・同じ名前にして、こっちはこう、こっちはこうって」(同じ名前をそれぞれに書いて数えやすくするようです。)
そして「ち」と「こ」の文字の見本を私がみせて、それを見ながら文字を書きます。

ミ「ちこでこう、ちこでこう、ちこでこう~」
私「なるほどね」

ミ「りって書いて!」
私「り」と紙に書く。(なんで、り、なんだろう?)
ミ「むずかしい・・・」

ミ「ちこり。こっちも、ちこり。」
名前になぜか「り」を付け足してちこりにしています。

ミ「一旦、ここで中止したい。いっぱい考えすぎたけん、疲れた~」
私「答えもう言っていいよ」

自分の書いたフンコロガシを再度数えて
ミ「1、2、3、4、5、6、7,8,9。9~」
ミ「ここまで結構考えた~」

左側に9を本人が描き(もちろん私の見本を見て)、
ミ「小さいレオン君描いて~」
私「は~い」

添削して終了です。
ミ「おけ~?」
私「おっけ~」
ミ「おっけ~音譜


今回約50分と久々に長い時間となりました。そして考えていましたね~。ここまで考え通した所を見たのはおそらく初めてですね。
鉛筆が薄く、黄色の色鉛筆が見づらいと思いますが、工夫の連続でした。

そして一応割り算の文章問題でも、こうやって絵にして環境設定すると年中でも答えに辿り着いてしまうのですね。
まだミッコロはひらがなも数字も何も見ない状態では書けません。(見本をみながらどうにか書く事が出来るレベル)
それに何個はわかるけど、何回、何粒、何皿など単位もまだわかりません。数字のイメージも11以上になるとまだ不安定な状態です。
こんな状態でも思考という武器一つで、等身大の状態で考える事で、
今はまだ答えは正解でも不正解でも関係はないのですが、それでも正解に辿り着いてしまうことも出てきました。

まだ数字もひらがなも書けないからこそ、思考に頼るしかなく、絵を描いて工夫するしかない状態。なんせ何も文字や数字はかけないのですから。だから、年長用(5歳から)からあるのですね。思考することを一番に学べる絶好のスタート時期なんですね。

そして今回の様子を見て思ったことが、本当に本当によけないことは言わない事が大事なんだと改めて気付かされました。
毎日の生活でいつもミッコロのペースで接して、出来る事に価値を置かないよう、人と比較しないよう、そして常日頃工夫できる環境設定をし、わからないこと、疑問に思ったことを楽しいと思わす言葉がけをする。
そこにミッコロがどう感じているか、どう影響を受けているか、言動に注意してみていけば、ある時条件が合致した時に進化するんだなぁと。今はまだまだ答えに辿り着かずとも、時間を置く事で、待つ事でいつか必ず進化するなって確信を得る事が出来ました。だから、今の時期は本当に正解、不正解関係ないんだね。

余計なことを言ってその進化の邪魔、思考回路作成の邪魔だけはしてはいけないなぁと。
改めてゆっくり構えてどんぐり問題が出来るなって確信した日なのでした。

私の対応はまだまだ修正する所があるけど、ミッコロの言動を観察することで、私の直すべき点が見えてきますね。
本当にありがたい存在です。
関連記事

ミッコロ(年中) コメント: 0 トラックバック: 0

< 前の記事 ホーム 次の記事 >

コメントを書く






    



管理者にだけ公開させる

トラックバック

トラックバックURL
→ http://love1557.blog.fc2.com/tb.php/163-0ff2c5e8

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ホーム

プロフィール

love1557

Author:love1557
2006年5月にどんぐり倶楽部を知り、それから子育て方針、学習方法はどんぐり式へ

1998年生まれ:ラン
2009年生まれ:ミッコロ

当時小2のランは高校3年。ミッコロは2014年4月(年中)からどんぐり問題を開始し小1に。

現在個別メール相談1案件:5000円で承っています。

最新記事

最新コメント

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

スポンサーリンク

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる