FC2ブログ

ホーム

注意点

2014年07月10日 23:08

どんぐり方式で子育てをしていて、自分の中で注意しないといけないな、と思う事があります。

どんぐり理論を学べば学ぶほど、どんどんどんどん、どんな風にしていけばその子が健全に育つかがわかってきます。
どうやったら感情面、理論面をバランスよく育て、そして人間力を付けるかがわかってくる。そうすると、自分の理想に押し込めてしまう危険性があるなと。
本当はその子に教材や対応を合わせるのですが、理想の形を知っているがために、それとずれてきているなっていう言動をこどもがした時に、その理想像に子どもを当てはめてしまう危険性があるんではないかなと。

どうやったら成長するのか、何をしたらどう影響するのか、子育てにとって何が重要で何が悪いのかが何にもわかっていないなら、子どもと一緒に歩んでいこう。こどもと一緒に成長して行こう。こどもと一緒に変化していこう。と思う事が出来ると思います。
何もわかっていない方がもしかしら、もっと気が楽に理想の形を求めず子育て出来るかもしれない。
いや、何もわかっていなかったらいないで、不安で色々な事を押しつけてしまったりするかもしれない。

少し前にミッコロがランに乱暴な言葉を使った時がありました。その時私の中でショックという感情がよぎりました。なぜその感じたのか?ずっと考えていました。
きっとそれはその時に私の中で理想の姿をミッコロに求めていたんだと思います。

ショックを受けた自分にショックを受けている自分がいて(わかりにくくてすみません)、その時の私はその言葉を発してしまったミッコロの気持ちより、乱暴な言葉を発したミッコロの姿に目がいってしまった。

言葉や行動を見て居ればだいだいのことはわかるようになりました。だからこそ、それが良い方ではないのはすぐにわかります。だから、きっと乱暴な言葉を発したミッコロという姿が、理想としている姿とは違ってしまったことにガッカリしたのだと思います。

乱暴な言葉を発しても、良くない行動をしても、まず一番にすることはミッコロの気持ち、本人の気持ちを考える事が何よりも大事だなと。
そして、その後どう修正していけば治まるのか?私の毎日の対応の仕方で直す点があるのかと考えても遅くないなと。

もしかしたら、そのじゃあどう修正すればいいのか?と考える時点で理想像を押しつけているんじゃないか、と思われるかもしれません。それも何度も考えました。でも、そのまま修正しないでいくとどうなるのか?とわかっている以上やはり修正は必要だなという結論に達しました。本人が人生を楽しめるようにするためなのはもちろんですが、人間力のある子に育てる事が母である私の務めだとも思うからです。

どう影響するのかがわかっているからこそ、つねに理想像を押しつけていないか、と注意しないといけないなと感じました。何もわからなかったランを育てていた自分とはまた違う注意が必要だなと改めて思いました。
関連記事

どんぐり系の話 コメント: 3 トラックバック: 0

< 前の記事 ホーム 次の記事 >

コメント

この記事にコメントする

初めてコメントさせていただきます。
最近どんぐり問題を知ったトイーと申します。

5年前の記事なのでこちらにコメントしてもいいのかわかりませんが、失礼があったら申し訳ありません。 

こちらのブログで勉強させていただいています! 
参考になるお話いつもありがとうございます。

理想像の押しつけのことで私も最近、どんぐり理論を学べば学ぶほど、理想像が明確になればなるほど、そことズレてしまったときに子供を否定してしまっているのではないかなと思うことがあるのですごく共感しました。
実際に理想像ではこうなのに、、
という目で我が子を見ている自分に気づくことがあります。

理想像とズレたときに、それがなぜズレたのか、そのズレはその子の個性によるものなのかそれとも親が原因なのかなどよくこどもを見ればわかるようになるということでしょうか。

こどもをよく見て考える。
と、頭で思っていてもなかなか実践できない自分にがっかりする毎日ですが(*´Д`*)
諦めないで取り組んでいきたいと思いました。

2019年11月26日 00:04 | URL | トイー | 編集

Re: タイトルなし

トイーさん、はじめまして!

どんぐりは学べば学ぶほど、子供が成長する過程を長期間で見れば見ていくほどわかっていくことが増えて行くと思います。最初の数か月、1年、2年・・・とその時その時で見えてくるものが違いました。

今どんぐりを実践し14年目になり、思うことはこういうことを深く考えることがまず大事だなと感じます。理想を押しつけていないだろうか?これはヒントなのだろうか?どう工夫すればいいのだろうか?など・・・

どんぐりを知る前の私は本当に浅はかで深く子供を見る事を一度もしていませんでした。
それがこんなにも見る事で色々な事がわかったり、学べたり、気持ちに寄り添ったりすることができる事を知った。

子供の事を真剣に考えたこの期間は無駄にはならない。そう思っています。3歩歩いて2歩下がってぐらいで良いかなと。
過ぎてしまうと本当にあっという間です。

> 理想像とズレたときに、それがなぜズレたのか、そのズレはその子の個性によるものなのかそれとも親が原因なのかなどよくこどもを見ればわかるようになるということでしょうか。

よく見ようとすることが何よりも大事です。そしてそれはそもそも本当にズレなのか?確認する事も大事だと思います。
自分でわかるようになるかは人それぞれなのでなんとも言えないです。

ただ、子供が大きくなり自分の子育てを振り返った時に、後悔しないよう、やれることはやっと思えるぐらい、子供と向き合う事が大切かなと。そしてそれは子供の時だけの貴重で大切な素敵な時間なんだなと心から思います。

まだまだこれからです。学びなら、失敗しながら、この子育てを楽しんでいただきたいなと思います。
少しでも参考になることがあれば幸いです^^

2019年11月26日 22:24 | URL | love1557 | 編集

loveさん

早速お返事いただきましてありがとうございます!
嬉しかったです^_^
ブログに慣れていなくてお返事いただいていたのに気づかなくてすみません。

>よく見ようとすることが何よりも大事です。そしてそれはそもそも本当にズレなのか?確認する事も大事だと思います。自分でわかるようになるかは人それぞれなのでなんとも言えないです。

まずはよく見ることが一番大事でわかるようになることが目的ではないですね。そこに気づきました。ありがとうございます。
そもそも本当にズレているかという目線も本当にそうですね!眼から鱗でした!
結果的にわかるようになることはどんぐりのいうオマケでその過程の子供としっかりと向き合うことを一番大事にしたいと思いました。

実際に子供と向き合うとはどういうことかいままで言葉で表現できない状態でしたが、こどもを良い悪いのフィルターで見るのではなく、そのフィルターを外してよく見るということができたらなと思いました。

本当にどんぐりと出会えたことに感謝しています。

どんぐりに出会えたことでloveさんのブログとつながることができて子育てでの学びが深いものになっています。
ミッコロちゃんの動画での様子も本当に可愛く癒されています^_^
添削のことについてあまり本でも詳しく載っていないので本当に参考になりました。
ブログ大変だと思いますが、続けてくださっていて本当にお疲れ様です&ありがとうございます!

またloveさんの負担にならない範囲でコメントさせていただけたら幸いです^_^よろしくお願いします。

2019年12月02日 13:49 | URL | トイー | 編集

コメントを書く






    



管理者にだけ公開させる

トラックバック

トラックバックURL
→ http://love1557.blog.fc2.com/tb.php/155-7ec87cd6

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ホーム

プロフィール

love1557

Author:love1557
2006年5月:どんぐり倶楽部を知りそれから子育て方針学習方法ともどんぐり式へ

1998年生まれ:ラン
2009年生まれ:ミッコロ

当時小2のランは社会人に。ミッコロは年中からどんぐり問題を開始し現在小4。

現在個別メール相談1案件:5000円で承っています。

最新記事

最新コメント

カレンダー

01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサーリンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる