ホーム

どんぐり倶楽部と出会って(2)

2009年10月29日 21:48

どんぐり倶楽部と出会って、


ためしに当時小2だった娘に

年長用問題をさせたのですが、


案の定、文章通りの絵がかけずショック!全滅




それから、出来る限りの事をしました。


まず唯一の習い事を辞め(本人の希望の為)、


学校の宿題を先生を説得させ、

免除していただき(宿題マシーンは嫌と言ったので)、


家ではもちろんですが、


学校でも計算問題をなるべく少なく、ゆっくり出来るように、


娘と「クラスで計算問題一番ビリになろう!」作戦を立てたり、


学童もやめ、


私も勤務時間を短くしてもらい、


週一で絶対勉強してはいけない日を作り、


極力娘の気持ちに添うように、


ストレスを無くすように、


ゆっくり感じ、


味わうように(私がとても早いので大変でした)


思考回路形成に邪魔になることを排除するよう、


心がけしました。


後、今までテレビ見放題だったのを、親の私達も含め、


週五時間までと規制しました(今は週2時間+週1でテレビ解放日)。



ここまでやるのは、相当の覚悟が必要でした。


だって


一般常識で、今まで良いと思いさせて来た事とは


逆の事だったから

(特に宿題の免除、計算問題をなるべくさせない事)


周りになんと思われようと、


学校の先生になんと思われようと、


娘を守る為、子どもを守る為、との思いで、


でも


本当は先生に嫌われたくないという気持ちもあり、


葛藤しながらも、


それを押し殺し、


実行しました。

(正直先生には面倒な親、嫌な親と思われたくなかったので)。




本当の意味で子どもを守るとは、


覚悟するとは、


という事を実感しましたね。



毎日が覚悟、


そしてまた覚悟、


迷い、


不安との連続でした。


そして一番大事なのが、


親の意識を変える事。


子どもをよ~~~く見る事。(特に表情、目)



それから少しずつ、


少しずつ


変わって行きました。



次回・・・娘の変化


関連記事

どんぐり系の話 コメント: 2 トラックバック: 0

< 前の記事 ホーム 次の記事 >

コメント

この記事にコメントする

1. どんぐりの始まり

びっくりしました・・・、どんぐりのはじまりはどこも最初は一緒なのかと思ったくらいです。
うちの娘の学校でもプリントをたくさんさせられるそうです。
一時期プリント筆算の日が多すぎて考える事がめんどくさいと娘に言いだされてあせりました。
先生も少し視点を変えてくだされば見えてくるはずなのにと悲しく思います。

2009年10月29日 23:23 | URL | つきまる | 編集

2. Re:どんぐりの始まり

>つきまるさん
コメントありがとうございます~♪

>一時期プリント筆算の日が多すぎて考える事がめんどくさいと

そうなんです!計算たくさんやると考えなくなるんです(。>0<。)
やはり計算を多く、早くやるのは害なんですよね~。
ちなみにうちはもう学校には何も期待しないですね。それよりうまく利用させていただいてます(‐^▽^‐)
なるべく娘の邪魔をしないように先生にお願いしているので、宿題免除の件もそうですが、授業でも計算問題(ドリル)も数問しかしませんし、時間内に終わらなくても何も言わないです。(お願いしすぎ?)
過保護すぎるかもしれませんが、そうしないと娘の場合エネルギーがとても少ないので守れないんですよね(ノ_・。)

2009年10月30日 09:13 | URL | ☆love♪ | 編集

コメントを書く






    



管理者にだけ公開させる

トラックバック

トラックバックURL
→ http://love1557.blog.fc2.com/tb.php/14-f666f193

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ホーム

プロフィール

love1557

Author:love1557
2006年5月:どんぐり倶楽部を知りそれから子育て方針学習方法ともどんぐり式へ

1998年生まれ:ラン
2009年生まれ:ミッコロ

当時小2のランは19歳。ミッコロは年中からどんぐり問題を開始し小2。

現在個別メール相談1案件:5000円で承っています。

最新記事

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

スポンサーリンク

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる