ホーム

スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告

どんぐり文章題の中で同じ問題が出てくる理由

2014年06月16日 22:12

どんぐり問題の中に同じ問題が入っている時があるよね。

あれって違う解き方が出来ればいいねって感じで入っていると思うんだけど、(もちろんそれ以外の理由もあるかも)

それって遊びと一緒だよね!

例えばジャングルジム。これ1~2歳でやるのは結構難しいよね。ある時出来るようになる。そしてまた年齢が上がって別の時にやる時って、一番最初に出来た時とは上り方、ルートとか絶対違うと思うんだ。
一つの遊びが出来て、それからその同じ物で遊ぶ時って、いつも一緒じゃないよね。今日はこうしてみようかな、今度はここからいこうかな、とか色々変えて楽しむよね。

それとどんぐり問題も同じなんじゃないかな?!

無理やりジャングルジムをやって、って言われてやったって、楽しめないよね。楽しめないから工夫もしないし、仕方なくやるから、別の方法(ルート)でやるっていうもの思いつかないと思う。

楽しむ余裕がないと、別の方法でやってみようとは考えずらい。

つまり、どんぐり問題で同じ問題が出てきた時に、別の方法で解いてみようかなって思える余裕があるか、楽しんでいるのかがわかるって事だよね!(もちろんその日のコンデションにもよるので一概にはいえませんが)

なるべく余裕を持って本人が生活出来るように、楽しめるように、親が環境設定することがやはり一番大事ってことに落ち着くんだよね~

あくまでも教育は子育てのほんに一部にすぎない。よくどんぐり倶楽部の糸山先生が言う事だけど、本当にそうだなってミッコロを見てて思うなぁ。

どんぐり問題も子育ての生活のほんの一部にすぎないだよね~。特別でもなんでもないんだけど、外遊びと同様、とても大事なものではある。だからそれを好きなようにするために工夫するんだよね。
関連記事

どんぐり系の話 コメント: 0 トラックバック: 0

< 前の記事 ホーム 次の記事 >

コメントを書く






    



管理者にだけ公開させる

トラックバック

トラックバックURL
→ http://love1557.blog.fc2.com/tb.php/139-9b829310

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ホーム

プロフィール

love1557

Author:love1557
2006年5月:どんぐり倶楽部を知りそれから子育て方針学習方法ともどんぐり式へ

1998年生まれ:ラン
2009年生まれ:ミッコロ

当時小2のランは19歳。ミッコロは年中からどんぐり問題を開始し小2。

現在個別メール相談1案件:5000円で承っています。

最新記事

最新コメント

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

スポンサーリンク

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。