ホーム

どんぐり問題 0MX75(完)

2014年06月04日 21:48

<0MX75>年中 5歳1カ月
 きのうは しろねずみの おかあさんが あかちゃんを 6ぴき うみました。
きょうは くろねずみの おかあさんが あかちゃんを 4ひき うみました。
あかちゃんは みんなで なんびきに なったでしょう。


前回(5月29日、30日)から4日ぶり(6月3日)の続きです。

ねずみ3

1、きのうは しろねずみの おかあさんが あかちゃんを 6ぴき うみました。
→前回はお母さん1ぴき、あかちゃん4匹を左側のスペースに描いて終了でした。

ミ「いち、に、さん、し」と前回まで自分で描いたあかちゃんを数え、足りない赤ちゃんを右側スペースに描いていきます。
途中おやつを食べ、ジュースを飲みながら進めます。(結構静かです)

片づけをしたり、ミッコロに言われたものをコピーしたりで私はほとんど隣にいません。
やり取りはボイスメモを聞いて書いてます。

はじめてから11分ぐらいの所で
ミ「アンパンマ~ン」と自分の描いた絵(右側のアンパンマンの顔のねずみ)を差し、そしてアンパンマンの歌を歌いだします。
そこから集中が切れたのか、ボイスレコーダーに向かった色々な歌を歌い出します。

ランは横で好きなマンガを描いていまが、その絵をのぞきこみ、ランと喧嘩になります。
見ないでっていったでしょう!見てないや~ん!etc・・・

私がここに戻ってきて、見守る事数分、喧嘩終了!

そしてミッコロが私に自分の書いた絵を見られないように紙を置いて隠します。
すべて終わってから見せたいようで、私は別の部屋に行く事になりました。

そこからしばらくしてからミッコロが呼びに来ます。
「次読んでいいよ~」と。(ちなみに絵はどうなっているかわからない)

2、きょうは くろねずみの おかあさんが あかちゃんを 4ひき うみました。
→静かに描いている様子。
しばらくして、私の所にやってきます。
ミ「ママ~わからんくなってけ、もう一回読んで~」私「いいよ~」

改めて、もう一度読みます。
それから再び私は別の部屋に行きます。

またしばらく静かに描いているみたい?様子。

そこから私の別の部屋に来て、いたずらをし始めます。めっちゃテンションが高く、
ミ「じゃあね~またね~」
私「またね~」
と言い、帰るように見せかけて、ドアの隙間から覗き、
ミ「イハハハハハッ~」、と爆笑。

ミ「バイバ~イ」
私「バイバ~イ」
また、ドアを閉めるふりして覗き、
ミ「ウハハハハハ~」と顔を出し爆笑。

ミ「さようなら~」
私「さようなら」
隠れて~
ミ「バアッ!(驚かせる)」

これを何度も繰り返す。
さすがに集中力が途切れて、テンションが高いため、「もうここで終わりにしようか?」と言おうか迷ったのですが、ミッコロから言うまで言わない方がいいかなと思い、見守る事にしました。

しばらくして、自分の所に戻ります。

続きを描いている様子。

またそこから少し経ち、また私の所にやってきます。
ミ「次読んで~」
私「は~い」
一緒にミッコロの絵の所まで行きます。

3、あかちゃんは みんなで なんびきに なったでしょう。
→ミ「お母さんも合わせて?」
私「今お母さんって言ったかなぁ?」(別の言い方をすればよかった汗
ミ「言ってない。・・・わかった!」

そこから自分の絵を見ながら
ミ「1,2,3,4,5,6,7,8,9」
ミ「9~」

終了~

ミ「ねぇねぇ~ママ~またこんな風(レオン君)にかわいくしてね~」(添削してね~)
私「するよ~」
ミ「このほっぺをちっちゃ~くして、かわいくね~にっ~こりして」
私「うん、可愛くするよ~」


そして最後に添削をします。

「きのうはしろねずみのかあさんがあかちゃんを6ぴきうみました~」と独り言のように読んで、
「1,2,3,4,5,6、ここの絵ね~、そしてきょうはくろねずみのおかあさんがあかちゃんを4ひきうみました~。はい、あれ??」と言った瞬間

ミ「ん?もう~、待って~まだ描いてなかった~」と
右側のアンパンマンねずみの左下に顔?をまるで描いた後、
ミ「あっ、間違えた。」と言い、×で消し、赤ちゃん一匹描きます。
ミ「かわいい~?」
私「うん!」
ミ「はい、描いた!」

添削の続き。

私「あかちゃんはみんなでなんびきになったでしょう、で、後、数えればいいね~」
と言った瞬間か同時ぐらいに
ミ「待ってー!、ミッコロがもう一回言うけ~」
私「ん?違うと?」(余計なひと言あせる
ミ「うん」

ミ「やっぱ違っとった。10!だってひとり赤ちゃんが増えたけん10!」

私がミッコロの代わりに9を×で消して10と書きます。

そしてレオン君を書いている最中
ミ「ちっちゃく、クルってほっぺで~、あっかわいいラブラブ、かわいいラブラブ、色は黄色だよ」
ミ「あ~かわいいよ~音譜
ミ「絶対☆マークよ~SAYUチラっ(間違えた時のマーク)」
ミ「これなんて書いたん?ママ~」(私が書いた文字を差して)
私「ちょっとまって、塗り終わったら言うけ」
ミ「☆考えて書くんや~」
ミ「それから☆書くばーい」
ミ「はい、☆書くよ~かお
ミ「えっ?ん?」(☆が書いてない)

添削終了~

ミ「なんて書いたん?」
私「すばらっぴ~」
ミ「エヘッ、すばらっぴ~って事は☆マークないってこと?」
私「そう」
ミ「やった~大正解~イェーイイエーイ
私「はい、おしまいでーす」(さらっと)

私「これ(レオン君)かわいいちゃろう~音譜
ミ「もう食べたいよ~」
私「食べちゃだめ~」


以上で本当に終了です。


添削前にミッコロの描いたのは、白ねずみのお母さん1匹とその赤ちゃん6匹、黒?ねずみの赤ちゃん3匹、みんなで9匹の赤ちゃん。そして添削している最中に、赤ちゃんが一人少ない事が分かり描いたのですが、黒ねずみのお母さんは描いていませんでした。
もしかすると白ねずみのお母さんが6匹、4匹と産んだと思ったのかもしれません。
正解にするか一瞬迷ったのですが、一応赤ちゃんを最終的に(添削の最中ですが)10人描いて、答えも10と言ったので正解にしときました。

ん~やはり難しい~あせる

余計なひと言以外も、ミッコロのテンションが高く集中力がない時にやめさすべきだったか?
添削する時、確認作業をやめてさらっと分からん帳に入れた方がよかったか・・・。

不正解でも泣いたりする事はないのすが、☆マーク(間違いのしるし)を何度も気にしているっていうのは、やはり間違いたくない気持ちが結構あるんだよね。

正解ってわかった後、やはり喜んでいたもんね。
だからこそ、褒める事はもちろんしないけど、一緒になって喜ぶことや、テンションを高めにすることを控えました。ミッコロが喜んでいた後、わざとテンションを低めにひと言「はい、おしまいでーす」で終了しました。

やはりまだまだだなぁ~。

しかし、どんぐり問題を終了し、夕食を食べている時
私「今回は分からん帳に入らなかったから、もうこの絵(問題)を次に見る事はないねぇ」(少し残念そうに)
ミ「たまには正解してもいいや~ん。だってさ~あんなにいっぱいあるんやけ、分からん帳」
私「ま~ね」
ミ「うん、そうだよ」


もちろん私の対応はまだまだこれから直していくんだけど、ミッコロの成長する力に助けられ、今の所なんとかバランス良くいっているのがわかって少しホッとしました。

ボイスレコーダー聞きながら正確に書くのは思った以上に大変だけど、成長のため頑張るぞー!!

関連記事

ミッコロ(年中) コメント: 0 トラックバック: 0

< 前の記事 ホーム 次の記事 >

コメントを書く






    



管理者にだけ公開させる

トラックバック

トラックバックURL
→ http://love1557.blog.fc2.com/tb.php/134-9c2e39c7

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ホーム

プロフィール

love1557

Author:love1557
2006年5月:どんぐり倶楽部を知りそれから子育て方針学習方法ともどんぐり式へ

1998年生まれ:ラン
2009年生まれ:ミッコロ

当時小2のランは19歳。ミッコロは年中からどんぐり問題を開始し小2。

現在個別メール相談1案件:5000円で承っています。

最新記事

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

スポンサーリンク

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる