ホーム

スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告

なぜどんぐり問題はわざと難しく複雑にしてあるのか?

2014年05月29日 23:34

どんぐり問題の年長問題を5歳になったばかりのミッコロが答えとして正解するのはかなり難しいです。

日常でわかっているだろう言葉でも、文章として人(うちでは私)から読んでもらった言葉を→聞いて→イメージして→描く、という事がどれだけ難しい事なのか痛感します。

1列では、3人ずつ、そのうち、どちらがどれだけ、など・・・。

ではなぜ5歳の子を対象にしている問題がこんなにも難しいのか?そしてなぜ最初から答えを求める問題にしているのか?

もう少しやさしめにしてもいいのではないか?年長問題なのだから、取り掛かりやすく答えを求めない問題にしてもいいのではないか?と疑問に思ったりしていました。

でも最近私になりの答えが出てきています。

あえて簡単にしない理由。あえて難しめにしている理由。あえて答えを要求する問題にしている理由。

それはどんぐり問題は子育ての対応と一緒だから

子育ての延長上にしかなく、どんぐり問題の時の対応の仕方と子育てしている時の対応は全く一緒が理想。

○難しいからこそ、見れば子供がどこまでわかっていて、どこからがわからないのかがわかる。
→その言葉をイメージ出来るように日常を工夫するようになる。

○難しくて答えが出なくても、その場で出来る必要がないことを体験させている。
→わからん帳にいれる事で「間違い」が大切であることを実感させる

○難しくて不正解になった後の反応や描き間違った時の反応でどこを修正するべきかがわかる
→描き間違った後や不正解になった後、間違いにこだわる反応をしめせば、そこを修正するように工夫する


などなど・・・。

一番はその時の子供の反応で、
どういう風に今まで子育てしてきたのか、今の子供の状態が丸わかりになる
ということ

そしてどこを修正するべきかがわかる。

例えば、不正解した後不機嫌になったり、もう一度やると強い反応があったり、
答えのない普通のお絵かきは楽しそうにするのに、どんぐり問題は嫌がる場合や、間違って描いた絵を消す時に毎回×(バツ)ではなく、ぐちゃぐちゃに消す場合などは、今まで「間違うことは悪い事、出来る事が良い事」と思うように(価値観を)育ててきたということ。

絵をたまにではなく、雑になってきた場合は、家の中のテンポが速かったり、過干渉気味で余計な事を言っていたりと、本人のテンポではなく生活してる可能性が高いということ。

私がランの時結構してしまっていたのですが、こどもが問題を解いている時に、「~だったら何になるの?」「こうした方がいいんじゃない?」「もう少し考えた方がいいよ」とか無意識に言っているようなら、それが普通の子育ての時の状態ということ。いつも余計な事を言っているってこと。

もし、これがやさしい問題で正解したり、答えを求めない問題だったら気付かないと思います。
気付くかもしれなけど、難しい問題の方が絶対気付くと思います。


だから最初の年長問題でもあんなにわざと難しくしているだなぁと思いました。もちろんそれ以外にもいろいろとあると思いますが・・・。

どんぐり問題は本当に奥が深い。

ランがどんぐり問題をしている時(どんぐり開始して3~4年ごろ)の私の理解と、ミッコロを育てている今(8年)の私の理解は天と地とまではいかないけど、かなり違います。

いつも、毎日、覚悟を決めて、環境設定をする。バランスを見て(理論と感情)、微調整をできるだけ毎日するように心がけています。

それでも、まだまだ覚悟が足りなくて、余計なひと言を言ってしまったり、つい良くない言葉を発してしまったり、私の勝手な願望が表情に表れてしまうこともあります。

それでも毎日少しずつ、昨日よりは今日というように着実に一人の教育者として成長していきたいですね。
関連記事

どんぐり系の話 コメント: 0 トラックバック: 0

< 前の記事 ホーム 次の記事 >

コメントを書く






    



管理者にだけ公開させる

トラックバック

トラックバックURL
→ http://love1557.blog.fc2.com/tb.php/129-fb06c1b2

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ホーム

プロフィール

love1557

Author:love1557
2006年5月:どんぐり倶楽部を知りそれから子育て方針学習方法ともどんぐり式へ

1998年生まれ:ラン
2009年生まれ:ミッコロ

当時小2のランは19歳。ミッコロは年中からどんぐり問題を開始し小2。

現在個別メール相談1案件:5000円で承っています。

最新記事

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

スポンサーリンク

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。