ホーム

スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告

1mx99(わからん帳から2回目)

2016年07月29日 09:00

<1MX99> 小1 ミッコロ 
赤い花と白い花があります。赤は白より28本多く、赤は全部で32本です。
では、赤と白を合わせた花の数は、白の数の何倍になっているでしょう。

SANY0301.jpg
7月26日

1、「赤い花と白い花があります。赤は白より28本多く、赤は全部で32本です。」
→赤い花32本白い花4本描き、赤い花28本多い部分を青で囲む

2、「では、赤と白を合わせた花の数は、白の数の何倍になっているでしょう。」
→赤い花4本づつを緑色で囲み、最後に白い花を4本囲み
その囲んだ数を数えて、答え【9ばい】となる。

-----------------------
3日前にわからん帳に入ったばかりということも大きいですが
やっと~倍の意味を理解したように思います。

前回「あああ~わかった~わかった~ンフフフ♪」と言っていたけど
本当にわかったんだね。

絵も迷いがなく、~倍の意味を聞かれることもなく
すんなり終わってしまいました。

やはり間違えた問題をわからん帳に入れることの大切さ、
ヒントなど余計なことを言わない大切さがわかりますね。

関連記事
スポンサーサイト

ミッコロ(小1) コメント: 2 トラックバック: 0

1mx99(わからん帳から)

2016年07月27日 09:00

夏休み入りはじめての取り組みとなりましたので、
今回からわからん帳の問題をやります。

<1MX99> 小1 ミッコロ 
赤い花と白い花があります。赤は白より28本多く、赤は全部で32本です。
では、赤と白を合わせた花の数は、白の数の何倍になっているでしょう。


1、「赤い花と白い花があります。赤は白より28本多く、赤は全部で32本です。」
→赤い花32本描く、白い花4本描く。

SANY0295.jpg
7月23日

2、「では、赤と白を合わせた花の数は、白の数の何倍になっているでしょう。」
→何度も問題文を読むように言われました。何倍の意味を教えてと言われ言葉で説明したが、
やはりわからないと言われ何か物を使って説明して、とリクエストがあった為ティッシュを使って説明をしました。

それから「わかった、わかった~」と言い、なんか印付けた方がいいかなと独り言を言いながら
4こづつ緑色で囲って行きます。しかし、最後前回同様白い花を入れずに、答え「8倍」と書く。

SANY0296.jpg
7月23日

-----------------------------------
今回絵の塗り方が雑な感じがします。

そして先日の1mx95の金太郎飴と銀太郎飴で~倍の絵が描けていたし、前回8倍と答えていたので意味を理解したかなと思っていたのですが、違っていたようです。

一つの塊(□)が何個分(□□□□)はわかるようですが、その一つの塊に複数何かが入り、
それをひと塊とする所がいまいちわからなかったようです。この問題をしなければ、それも私はわかりませんでした。

何がわかって、何がわからないのか明白になるのもどんぐりをやっているからですね。

最後私が不正解を表す絵を描いた後、
ミ「あああ~わかった~わかった~ンフフフ♪」と言っていました。


関連記事

ミッコロ(小1) コメント: 0 トラックバック: 0

1mx43

2016年07月25日 09:00

<1MX43> 小1 ミッコロ
テントウムシしょうがっこうの1ねんせい100にんが おとこのこ 1れつと 
おんなのこ1れつに ならんでいます。おとこのこと おんなのこが てを 
つないでみると おとこのこが 20にん あまってしまいました。
では、おとこのこは なんにん いるのでしょう。

SANY0293.jpg

1、「テントウムシしょうがっこうの1ねんせい100にんが 
おとこのこ 1れつとおんなのこ1れつに ならんでいます。」

→赤い数字が男の子、ピンクの数字を女の子と見立て赤い数字36、ピンクの数字31まで描いた所で
見づらいと思ったのか、絵を1から描き直しします。

問題文を最初から最後まで一気に言って欲しいとのこのため、全文読む

2、「テントウムシしょうがっこうの1ねんせい100にんが おとこのこ 1れつと 
おんなのこ1れつに ならんでいます。おとこのこと おんなのこが てを 
つないでみると おとこのこが 20にん あまってしまいました。
では、おとこのこは なんにん いるのでしょう。」

→最初に赤い10円を5枚、ピンク色の10円を3枚描く。
それからピンクの10円の列に赤い10円2枚追加で描く。
左ページに男の子の3人(赤)、女の子1人(ピンク)と小学校を描く。

通し読みの1文目「~おとこのこ 1れつとおんなのこ1れつにならんでいます。」を聞いて
男の子が1列になっていないことに気づき、女の子の列にあった赤い10円を×で消し、
男の子の列に赤い10円2枚描く。

2文目「~おとこのこが 20にん あまってしまいました。」を聞いて
やはり20人差になっていないことに気づき、赤い10円1枚を×で消し、ピンクの10円1枚追加で描く。後は絵の赤い10円玉を数えて、「60にん」と答えが出ました。

SANY0292.jpg
7月16日

-----------------------------------
どんぐり問題は見ていて面白いですね。
最初数字で描き出した時は内心少し驚き、これをどうやって最後まで描くのかなぁと思っていました。

やはりかなり見づらいしわかりづらいと判断したのでしょう。

今度は描き直しした絵が10円だったので、これなら楽勝かなと思っていましたが
問題文通り絵をかかなかった為、目で気づかなかったのでしょう。

でも通しで問題文通り男の子1列、女の子1列してから気づきましたね。

毎回思いますが、絵の配置はとっ~ても重要ですね。

そして最後までどうなることやらと楽しませていただきました^^


関連記事

ミッコロ(小1) コメント: 2 トラックバック: 0

1mx30

2016年07月22日 09:00

<1MX30> 小1 ミッコロ
ミミズのニョロは 3しょくの たからばこを みつけました。あかいろの 
たからばこには きいろの たからばこよりも 4こ おおい たからが、きいろの 
たからばこには あおいろの たからばこよりも 2こ すくない たからがはいっ
ています。たからばこを あけたら、みんなで 30この たからが ありました。
では、あかいろの たからばこには なんこの たからが はいっていたことに なるでしょうか。

SANY0288.jpg
7月13日

1、「ミミズのニョロは 3しょくの たからばこを みつけました。」
→ミミズのニョロと3色の宝箱を描く。

2、「あかいろの たからばこには きいろの たからばこよりも 4こ おおい たからが」
→左ページに一列に赤い宝を11個、黄色の宝7個描く。

3、「きいろのたからばこには あおいろのたからばこよりも2こすくないたからがはいっています。」
→上記の2に青い宝9個描く。

4、「たからばこを あけたら、みんなで 30この たからが ありました。」
→それぞれ宝を1個づつ付けたし合計30個になる。

5、「では、あかいろのたからばこには なんこのたからがはいっていたことになるでしょうか。」
→そのまま赤い宝をかぞえ12個とわかる。

通しで確認し、答え12個と書く。

----------------------------------
前回の1MX90と全く内容が同じ問題。

前回と比べ絵がとてもわかりやすくスマート。
宝箱を空けた絵や、宝の多い部分を緑色でで囲ったり。

絵もとてもスムーズに描いています。

やはり「どういう絵を描くか」がポイントであることがわかります。


関連記事

ミッコロ(小1) コメント: 3 トラックバック: 0

1mx90

2016年07月20日 08:32

<1MX90> 小1 ミッコロ 
ミミズのニョロは3色の宝箱を見つけました。赤色の宝箱には黄色の宝箱よりも4個多い宝、
黄色の宝箱には青色の宝箱よりも2個少ない宝が入っています。宝箱を開けたら、みんなで
30個の宝がありました。では、赤色の宝箱には何個の宝が入っていたことになるでしょうか。

SANY0285.jpg
7月9日

1、「ミミズのニョロは3色の宝箱を見つけました。」
→ミミズのニョロちゃんと右下に3色の宝箱を描く

2、「赤色の宝箱には黄色の宝箱よりも4個多い宝」
→赤色の宝箱に5個の宝、黄色の宝箱に1個の宝を描く。

3、「黄色の宝箱には青色の宝箱よりも2個少ない宝が入っています」
→赤い宝を2個追加し、黄色の宝2個追加し、青い宝を5個描く

4、「宝箱を開けたら、みんなで30個の宝がありました。」
→宝箱が小さい為描いた絵を全て×で消し、その上に大きく3色の宝箱を描きなおす。
赤い宝箱の中に6個の宝を描き、黄色の宝箱に2個の宝を描き、青い宝箱に3個の宝を描く。
その後にさらに黄色に宝箱に4個の宝を追加し、青に1個宝を追加する。

5、「では、赤色の宝箱には何個の宝が入っていたことになるでしょうか。」
→赤の宝4個追加。この時黄色の宝が青い宝より2個多いと間違って解釈し
この段階で、赤い宝が10個、黄色の宝が6個、青い宝が4個に。
この差をキープし1個つづ増やしていき26個まで描くも、30個にならないことに気づき、
左ページに30個の○を描き、赤、黄、青の宝が何個づつになるのか、
上記の5で解釈している差をキープしながら最初から一つづつ印を付けて行く。
それを29個まで印を付けるも、やはり30個にはならないので、もう一度問題文を読むようにお願いされる。
問題文を聞いて自分の間違いに気づき、3色それぞれの印を修正していく。
最終的に赤12個、青10個、黄8個になる。

最後に通し読みをし、右側の宝箱の中にも同じ宝を描き、正解に辿り着きました。

---------------------------
問題文を間違って解釈してしまいましたが、それでは数が合わないことに気づき、
○を描き確認したり、それでも合わないので、問題文を再度言うようにし、
最終的に自分の力で間違いに気づき、修正していった所は素直に見ていて素晴らしいなぁと思います。

そして「黄色の宝箱には青色の宝箱よりも2個少ないってことは、
青い宝箱の方が黄色より2個多いってことやろ」と独り言を言っていました。

やはり何も口を出さないからこそ、自分で粘り強くやる力が付いて来ているなぁと思います。
これがどんぐりやっていて、見守っている方の醍醐味ですね。

子供のこういう思考錯誤している姿を見るのは良いもんです^^


関連記事

ミッコロ(小1) コメント: 3 トラックバック: 0

1mx95

2016年07月18日 09:00

<1MX95> 小1 ミッコロ 
今日は満開の桜の下で、お花見です。御馳走は 超長金太郎飴と超長銀太郎飴の柔煮です。
超長金太郎飴は超長銀太郎飴の3倍の長さがあります。みんなで 午前中に金太郎飴と
銀太郎飴を丁度半分ずつ食べたところ、残りの 長さをあわせると12cmでした。では、
超長金太郎飴はもともと何cmだったのでしょう。

SANY0282.jpg
7月6日

1.「今日は満開の桜の下で、お花見です。」
→桜と人それぞれ描く

2.「御馳走は 超長金太郎飴と超長銀太郎飴の柔煮です。」
→金太郎飴(黄色)と銀太郎飴(黒)を同じ大きさで描く

3.「超長金太郎飴は超長銀太郎飴の3倍の長さがあります。」
→金太郎飴をクロッキー2枚分付け足す

4.「みんなで午前中に金太郎飴と銀太郎飴を丁度半分ずつ食べたところ」
→金太郎飴と銀太郎飴それぞれ半分の所に線を書く

5.「残りの 長さをあわせると12cmでした」
→金太郎飴と銀太郎飴合わせて12cmと解釈したようで、自分の感覚で何センチになるか印をつけて数字を書いていくも中々上手くいかない。何度も何度も手で長さを確認しながら書いていくも数字や印がいっぱいで見づらくなっている。

6.「では、超長金太郎飴はもともと何cmだったのでしょう。」
→上記で描いた絵の最後の数字を確認し10cm

通し読みもしましたが、やはり「残りの 長さをあわせると12cmでした」が「両方の長さを合わせると12cm」と解釈したまま。

-----------------------------
はじめてcm問題に取り組みました。
それも~倍も絡みミッコロにとっては難易度が高いです。

問題の最後5,6と意味は理解出来ないようでしたが、
上記4までは3倍の絵も含め問題文通りの絵を描くことが出来ていましたし、
何度も何度も自分なりには思考錯誤していましたし、良かったかなと思います。

成長したミッコロが次回どういう絵を描くのか楽しみです^^

関連記事

ミッコロ(小1) コメント: 0 トラックバック: 0

1mx04

2016年07月15日 10:00

<1MX04>  小1 ミッコロ 
おとこのアリさんと おんなのアリさんが 2れつに ならんでいます。
おんなのこが おおいようです。れつのながさの ちがいは 6にんで、
おんなのこが 13にんだとすると、みんなでは なんにん いることになりますか。

SANY0276.jpg
7月2日

「おとこのアリさんと おんなのアリさんが 2れつに ならんでいます。」
→おとこのアリさん、おんなのアリさんそれぞれ8人づつ描く。

「おんなのこが おおいようです。れつのながさの ちがいは 6にんで」
→おんなのアリさん4人描く(6人描く途中に次の問題文を言うように要求)

「おんなのこが 13にんだとすると、」
→おんなのアリさん2人描き、6人差になった所でおんなのアリさんの数をかぞえ1人多いので、おんなのアリさん、おとこのアリさん1人づつ×で消す。

「みんなでは なんにん いることになりますか。」
→描いたアリさんのかずを数える。

----------------
前回の1mx98と絵が全く同じ

ただ問題の並び順の違いで辿っていく思考は違いますね。

関連記事

ミッコロ(小1) コメント: 0 トラックバック: 0

1mx98

2016年07月13日 09:00

<1MX98> 小1 ミッコロ 
男のアリさんと女のアリさんが2列に並んでいます。女の子が6人多い様です。
皆では24人だとすると、女の子は何人いることになりますか。

SANY0274.jpg
6月29日

「男のアリさんと女のアリさんが2列に並んでいます。女の子が6人多い様です。」
→男のアリさん(赤)6人と女のアリさん(ピンク)12人描く

「皆では24人だとすると、女の子は何人いることになりますか。」
→男のアリさんを1人追加で描き、差を確認し女のアリさんも追加で1人描き、全体の数を確認する。
その一連の動作を全員で24人になるまで繰り返す。

通しで同じように確認し15人と答えをかく。

-----------------------------
いつ見ても毎回慎重すぎるぐらい丁寧に描いて行く所が
ミッコロらしいなと思います^^

関連記事

ミッコロ(小1) コメント: 0 トラックバック: 0

1mx53

2016年07月11日 09:00

<1MX53> 小1 ミッコロ 
向日葵組みは、赤、青、黄の3班に分かれていて、赤は青よりも2人多く、
青は黄よりも1人多くいます。 赤の班を4人とすると向日葵組はみんなで
何人いることになりますか。

SANY0271.jpg
6月25日

「向日葵組みは、赤、青、黄の3班に分かれていて」→それぞれの班に2人づつ描く

「赤は青よりも2人多く」→赤2人増やす

「青は黄よりも1人多くいます」→青1人、赤1人増やす

「赤の班を4人とすると」→赤、青、黄それぞれ1人づつ消す

「向日葵組はみんなで何人いることになりますか。」→絵をかぞえて答えが出る

--------------------------
問題の意味を完全に理解いているのがわかります。

迷うことなく、でもゆっくり絵を描いて答えを出しました。

どんな時も絵を丁寧に描いている所が素敵だなぁって思います^^

関連記事

ミッコロ(小1) コメント: 0 トラックバック: 0

1mx42

2016年07月07日 08:17

<1MX42> 小1 ミッコロ 
テントウムシしょうがっこうの1ねんせい20にんが おとこのこ 1れつと
おんなのこ 1れつにならんでいます。おとこのこと おんなのこが てを
つないでみると おとこのこが 8にん あまってしまいました。では、おとこのこは
なんにん いるのでしょう。

2日かけてやりました。

1日目(6月20日)
SANY0262.jpg

一文目、「テントウムシしょうがっこうの1ねんせい20にんが おとこのこ 1れつとおんなのこ 1れつにならんでいます。」
→男の子、女の子テントウ虫それぞれ10人描く。(ミッコロの真っ黒い腕は気にせず

二文目、「おとこのこと おんなのこが てをつないでみると おとこのこが 8にん あまってしまいました。」
→緑の印をつけたテントウ虫8人を×にし、赤い印をつけたテントウ虫8人描く。
その後8人差になっているか確認すると赤い印のテントウ虫が多すぎることに気づく。
問題文通り8人差になるためには手を繋いでいるテントウ虫が何組になると8人差になるのか?

赤テントウ虫2人、緑テントウ虫2人が手を繋いでいた場合どうなるのか?
赤てんとう虫3人、緑テントウ虫3人が手を繋いだ場合は?・・・
など試していき良い所までいくも、絵が見づらい為か、数え間違いをしたり、勘違いをしたり・・・。
中々問題文通りの絵に辿り着かない。

そんな中これを考えだしてから20分後、トータル1時間5分後に
ミ「もう中断する」と言い、中断になりました。↓
SANY0264.jpg




2日目(6月21日)
まず一番最初に二文目まで問題文を読みました。

SANY0266.jpg

赤テントウ虫二人、緑テントウ虫二人描いた所で、何組が手と繋いでいるか確認するため
左ページに○をテントウ虫に見立て描きます。(♡が女の子、△が男の子)

7組が手を繋いでいると予想して描くも、それでは6人しか余っていないことになるので、
すぐに手を繋いでいるのが6組とわかる。この間の時間は○を描き出してから2分。

後はその○を見て確認しながら、右側ページに赤いテントウ虫、緑のテントウ虫
をその通りに描いていきました。

三文目、「では、おとこのこはなんにん いるのでしょう。」
→赤いテントウ虫を数える。

そして通しを読んで14人と答えを描く。

SANY0268.jpg

---------------------------------
私はこれが正解かわからん帳行きかわかりませでした。

二文目までは赤いテントウ虫が女の子、緑が男の子と思って、
このままならわからん帳行きだなと思っていた。

でも三文目を読んで赤いテントウ虫を数えている所を見て、

「あっ!もしかすると赤い印の方が男の子なのか?
いやいや、でも普通女の子を緑、男の子を赤にするかな?
それとも男の子と読んでいる所を聞き間違いや勘違いで女の子と思っているのか?」

心の中で思えば思うほどわからず、テントウ虫に見立てた左ページの○も
肝心な所が♡も△もないからわからない。

こうなった聞くしかないと思い、答えを描き終わった所でミッコロに聞いてみました。

私「ちょっと聞きたいことがあるんだけどいい?これがわからないと添削が出来なくてさ」

ミ「うん、いいよ」

私「(赤と緑のテントウ虫を指しながら)これどっちが男の子なのかな?」

ミ「(赤い印のテントウ虫を指しながら)こっち、赤い方」

私「あっそうなんだ。いやどっちなんだろうってずっとわからなくてさ。」

ミ「いやね、男の子は赤で描くって決めてて最初女の子をピンクで描こうかと思ったんだけど、ないから緑にしたの」(筆箱の中には4Bの鉛筆2本とポンキーペンシル4本しか入っていない為)

ということで正解ということがわかりました。
1日目から男の子と女の子は間違っていなかったんだね。
いやはや

それにしても1日目ではあんなに苦労していたのに、2日目ではすぐにわかりましたね。
2日目の絵に至っては○だけなら2分でわかってしまったので、
その後の絵は何のために描いているのか・・・と多少思ったりもして。

やはり見やすい絵、思考しやすい絵を描くことが
と~っても大事だということがわかった作品となりました。

そして最後まで正解なのか不正解なのかわからず
ドキドキ・ワクワクした作品でもありました^^

楽しませていただきました♪

関連記事

ミッコロ(小1) コメント: 0 トラックバック: 0

1mx41

2016年07月04日 09:00

<1MX41> 小1 ミッコロ 
ひまわりぐみは、おとこのこよりも おんなのこが 3人にん おおくて、みんなで 
17 にんです。いま 、おとこのこ1れつ、おんなのこ1れつに ならんでもらい、それぞれ 
まえから 6ばんめと うしろから 6ばんめの あいだのひとに さかだちを 
してもらいました。では、さかだちをしているひとは みんなで なんにん いるでしょうか。

SANY0260.jpg
6月15日

一文目、「ひまわりぐみは、おとこのこよりも おんなのこが 3人にん おおくて」
→女の子4人、男の子1人描く。

「みんなで17 にんです。」
→女の子が3人多いのを意識しながら、男の子、女の子を順番に交互に、数をかぞえながらゆ~っくり丁寧に描いていく。

2文目、「いま おとこのこ1れつおんなのこ1れつにならんでもらい、それぞれまえから6ばんめと」
→男女それぞれ前から6番目人にを付ける。

「うしろから 6ばんめの」
→男女それぞれ後ろから6番目の人にを付ける」

「あいだのひとに さかだちを してもらいました。」
→男の子3人逆立ちをしたところを描く

3文目、「では、さかだちをしているひとは みんなで なんにん いるでしょうか。」
→逆立ちしている男の子をかぞえる。

--------------------
迷いなく、でもゆ~っくり丁寧に描いていました^^

good!

関連記事

ミッコロ(小1) コメント: 0 トラックバック: 0

ホーム

プロフィール

love1557

Author:love1557
2006年5月:どんぐり倶楽部を知りそれから子育て方針学習方法ともどんぐり式へ

1998年生まれ:ラン
2009年生まれ:ミッコロ

当時小2のランは19歳。ミッコロは年中からどんぐり問題を開始し小2。

現在個別メール相談1案件:5000円で承っています。

最新記事

カレンダー

06 | 2016/07 | 08
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

スポンサーリンク

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。