ホーム

スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告

1mx34

2015年11月30日 09:18

前回と同じで今回も大好きな?テントウムシ小学校問題です。

<1MX34> 年長 ミッコロ 
テントウムシしょうがっこうの 1ねんせい 20にんが 
あかぐみ・あおぐみ・みどりぐみの3れつに ならんでいます。
あかぐみは あおぐみより 5にん おおくて、みどりぐみは 
あかぐみより 2人 すくないそうです。では、あかぐみ あおぐみ 
みどりぐみの 3れつは、それぞれ なんにんずつが ならんでいるのでしょうか。

SANY0054_201511272350063e6.jpg
11月27日

2文目で赤10人、青5人、緑8人描く。全員の人数をかぞえると20人以上になってしまったので、それぞれの組2人づつ消す。だが全員の人数をかぞえると17人で消し過ぎた為、それぞれ1人づづ追加で描き、確認し正解を出す。

-------------
ミ「今日はテントウ虫をいっぱい描きたいなぁと思っていっぱい描いていたら、
 全員で20人ということを忘れちゃって描き過ぎてしまったぁ」とのこと。

私がミッコロのすごいなぁと感心する所は、簡単な問題でも難しい問題でも一切関係なくとても丁寧に、そして同じモチベーションでやる所。そして最近難易度によりますが、一読が結構出来てきたこと。

この問題も一読で解きましたが、本人曰く「なるべく一読出来るように、かなり意識した」とのこと。

ん~かなり進化しているんではないでしょうか。

やはりヒントはもちろん、一切何も言わないことがとても良い影響を及ぼしていて、良い循環になっています。

関連記事
スポンサーサイト

ミッコロ(年長) コメント: 3 トラックバック: 0

1mx36

2015年11月26日 09:39

テントウムシ問題の3列は今までに3問やったことがありますが、初の4列に挑戦です。

<1MX36> 年長 ミッコロ 
テントウムシしょうがっこうの 1ねんせい 20にんが
あかぐみ・あおぐみ・みどりぐみ・しろぐみの 4れつに ならんでいます。
あかぐみは あおぐみより 4にん すくなく、みどりぐみは あかぐみより
1人[ひとり] おおく、しろぐみは あおぐみより 5にん すくないそうで
す。では あかぐみ・あおぐみ・みどりぐみ・しろぐみの 4れつは、
それぞれ なんにんずつが ならんでいるのでしょうか。

SANY0049_20151125220334905.jpg
11月25日

2文目であか2人、あお6人、みどり3人、しろ1人まず描く。
ここまでで全員の人数が12人であることを確認し、20人にするには後何人必要なのか左ページに20この○を描き、12こまで丸で囲み、後8人とわかる。

そこから迷わず、でもゆっくり丁寧に、あおに1人、あかに1人、みどりに1人、しろに1人描き、左ページの○も4こ囲み、残り4人とわかる。同じように、あお、あか、みどり、しろに1人ずつ描き、全員の人数を確認する。

後は通しを読み人数を確認し、答えに辿り着きました。

問題終了直後

ミ「この前(3列)より難しかった~」

私「まぁ4列だからね。でもどれだけ工夫して考えたが大事だからね~」

ミ「あ、だったら、全然工夫していないわ」

私「え?今回工夫してないの?」

ミ「うん。だって問題文通りに絵を描いただけだから。」

私「あれ?難しかったんじゃないの?」

ミ「うん。それはあかぐみがあおぐみより4にんすくないとか、忘れないようにしなくちゃいけないのが前(3列)より多かったから難しかったってこと。」

結構思ったより余裕でやっていたようです・・・

関連記事

ミッコロ(年長) コメント: 3 トラックバック: 0

0mx71(わからん帳から)

2015年11月25日 09:11

やっと、更新が今に追いつきました~

<0MX71> 年長 ミッコロ 
どんぐりで できている じてんしゃを うっているみせがあります。1だいの
じてんしゃには11この どんぐりが つかわれています。おみせに 6だいの
どんぐりじてんしゃが あるとすると、どんぐりは みんなで なんこ あることに なりますか。

SANY0043_20151123155656976.jpg
11月21日

1文目でどんぐり21個使用した自転車1台描きます。(左ページ一番下の自転車)

2文目で描いた自転車のどのどんぐりを消して11個を残すか考えます。
一つ×で消し鉛筆を置き絵を見て考え、また一つどんぐりを×で消し鉛筆を置いて考える。
この繰り返しをゆっくりしなが、どんぐり11個だけにした自転車になりました。

3文目途中までで、11個のどんぐりで出来た自転車を5台増やしトータル6台にする。

3文目後半で自分で描いたどんぐりの数をかずえますが、中々うまくいかない。

39の次が50になったり、描いてあるどんぐりを見落としたり、61、62、63、64をろくじゅうしいと言うのですが、ろくじゅうしちを無意識に思い、64の次が68になったり。

一台づづ数えていくもうまくいかず、タイヤだけ全部かぞえた後に、サドル全部かぞえて、ハンドル全部をかぞえる方法に変更。

何度もかぞえていき63というのが2回出て、それが今の所の答えであることを右ページに「63」と忘れないように印します。

ここで通しに入り、再びどんぐりの数をかぜえるもやはり一苦労。そして63とは違う数になる。
今回も色々な数字が最終的に出るも、66が2回連続で出たため、それが答えであると確信し63を×で消し、「66こ」と答えを書きました。

------------
絵はいつものようにゆっくり、確実に問題文通り描いていったのですが、
かぞえるのに本当に苦労していました。

トータル1時間ぐらいかかったのですが、かなりの割合をかぞえる事に使いました。

よくあんなに諦めずに、苦労しながら何度も何度もかぞえられたなぁと親バカながら感心。

関連記事

ミッコロ(年長) コメント: 4 トラックバック: 0

0mx43(わからん帳から)

2015年11月24日 09:05

<0MX43>年長 ミッコロ
もぐらが もちつきを しています。よる おそくに しているので、
ぺったんぺったんと おとだけが します。3かい おとがしたら 1こ 
おもちができます。いままでに 12かい おとがしました。おもちは なんこ 
できているでしょう。

SANY0041_20151117220546730.jpg
11月17日

始まる前に注意事項として絵が小さくならないようにと伝えた為、
一文目、二文目で左ページと右ページに渡って描きました。

「ぺったんぺったん」という音をどう表現するのかなと思っていましたが、
上に向かい線のように音の鳴り響く感じを表しました。

それ以降は同じように描くと見開き2ページに収まらない為、
右ページに収まるように小さめで描いています。

途中三文目がなんだっけ?という顔を一瞬しますが、自分の描いた絵を見ながら、
確認しながらその続きの絵を描いていました。

問題文通りの絵を描き、途中で忘れても、その絵から問題文を再び読みとることが出来るようになってきたことが、最近の一読に繋がっています。

良い傾向です^^

関連記事

ミッコロ(年長) コメント: 0 トラックバック: 0

0mx46(わからん帳から2)

2015年11月21日 09:00

<0MX46>年長 ミッコロ
りすの つくった くすりが かぜに よくきくそうです。いつもは 
1つぶ 20えん ですが、きょうは そのくすりが2つぶで30えんです。
6つぶ かうと なんえんに なるでしょうか。

SANY0038.jpg
11月15日

これは先月27日に二度目のわからん張に入った問題です。

前回から2週間しか経っておらず、本来は熟成してから、早くても来年の小1の夏以降にやる予定でしたが、ミッコロが問題選びの時に「どうしても、りすのかぜぐすりの問題がやりたい」と言ったので、急にやることに決まったのです。


今回は意味を完全に理解しているのがわかります。しかもすべて一読。

ここの所問題文を一読出来るようになってきました。

一文目で風邪をひいている男の子がマスクをし、くすりを飲み、そのおかげで風邪が治り、マスクを外した一連の絵も描くことが出来、絵が小さいのは少し気になりますが、とてもイメージし、楽しんで取り組めたと思います^^

次回どんぐり問題開始前に注意事項として絵が小さいことを伝えようと思います。


関連記事

ミッコロ(年長) コメント: 0 トラックバック: 0

0mx76

2015年11月20日 09:28

<0MX76>年長 ミッコロ
きのうは しろねずみの おかあさんが あかちゃんを 8ぴき うみました。
きょうは くろねずみの おかあさんが あかちゃんを 5ひき うみました。
しろねずみの あかちゃんのかずと くろねずみの あかちゃんの かずとでは 
どちらが なんびき すくないでしょう。

SANY0031_201511121636218e4.jpg
11月11日

前回同様、一度も聞き返すことなく、一読で

答えを「くろねずみのほうが3びきすくない」と出しました。

きっちりイメージしているのがわかります。

ただとてもシンプルな絵なので、もう少し楽しめるよう環境設定をもっと意識しようと思います。

関連記事

ミッコロ(年長) コメント: 0 トラックバック: 0

0mx00(わからん張から)

2015年11月19日 09:00

<0MX00>年長 ミッコロ
こうえんに かたつむりさんたちが あつまっています。きょうは、みんなで 
おちばを あつめるそうです。ひとり 2まいずつの おちばを あつめると
みんなで なんまいのおちばを あつめることが できるでしょうか。
かたつむりさんは みんなで 4にん いますよ。

SANY0028_2015111216265701e.jpg
11月6日

最初はかたつむりさんが何人いるかわからない為、7人描きますが、

最後の文を聞いて多いかたつむりさんに×をつけました。

これはイメージしやすかったのか一度も聞き返す事なく、公園の絵も楽しそうに描いていました^^

関連記事

ミッコロ(年長) コメント: 0 トラックバック: 0

0mx86

2015年11月18日 09:00

<0MX86>年長 ミッコロ
きょうは ヒカルぴょん1ごうと 2ごうの たんじょうびです。
1ごうは 3ぼんあしミミズ8ぴきと 5ほんあしおけら3びきを もらい、
2ごうは 7ほんあしめだか3びきと 2ほんあしむかで10ぴきをもらいました。
では、もらったぺっとのあしのかずのごうけいは どちらが なんぼん おおいでしょう。

SANY0024_20151112162202c41.jpg
11月3日

2文目の途中まで描き(左ページ)、一旦休憩。数分休み再開後、右ページに1から描き直しします。

3文目を聞いて、それぞれの足に1.2.3.4.5.6・・・・と数字を書いていったり、印をつけていったり、数本づつひと塊にして比較していったりと色々試すもわかりづらいらしく、

最終的には1ごうがもらったぺっとの足の数全てをかぞえ(39本)、それから2ごうがもらったぺっとの足の数をかぞえ(41本)、その差で答えを「2ごうが1ごうよりも2ほんおおい」と出しました。

こうやって思考錯誤して一般的に使われる差の求め方に辿り着くんだなぁ。

それにしてもこの問題、式にすると(7×3)+(2×10)-(3×8)+(5×3)なんだよね。こうやって式だけで見ると年長さんにはとても難しい。でも絵にすると出来てしまうことに、やはり絵に描くことの重要性がわかります。

関連記事

ミッコロ(年長) コメント: 0 トラックバック: 0

0mx04(わからん帳から)

2015年11月17日 10:00

<0MX04>年長 ミッコロ
きょうは、もぐらの もぐもぐが かいものに いくひです。となりの
なんでもやすいよしょうてん では、なんでも 1こにつき 2えん
ひいてうってくれます。もぐもぐは 1ぴき 12えん とかいてある
ごちそうみみずを 2ひき かいました。なんえん はらえば いいのでしょうか。
もちろん、1こにつき 2えん ひいてくれますよ。

SANY0018_2015111216050342a.jpg
10月2?日

3文目の所で、「1ぴき12えん」の所を「1ぴき15円」と勘違いして進めて行くも、通しの時に間違いに気づき、正解に辿り着く。

左側ページは「なんでもやすいよしょうてん」だそうで、右ページの□がお金の1円の変わりとのこと。12この□があり(12円のため)、2円引いてくれるので2こそれぞれ×をつけています。

今回はお金のイメージが出来たようです^^
関連記事

ミッコロ(年長) コメント: 0 トラックバック: 0

0mx46(わからん帳から)

2015年11月16日 09:00

<0MX46>年長 ミッコロ
りすの つくった くすりが かぜに よくきくそうです。
いつもは 1つぶ 20えん ですが、きょうは そのくすりが 2つぶで 30えんです。
8つぶ かうと なんえんに なるでしょうか。

SANY0016_20151112155651b14.jpg
10月27日

2文目までは問題文通り楽しくかけています。

最後3文目の「いつも」と「きょう」とお金のことがまだリンクしてイメージ出来ていないのかなと思います。

来年小1の夏以降に進化をみたいなぁと思います^^

関連記事

ミッコロ(年長) コメント: 0 トラックバック: 0

0mx30(わからん帳から)

2015年11月15日 11:50

<0MX30>年長 ミッコロ
くじらの きょくげいが だいにんきです。くじらは しっぽで 6このボールを
じょうずに なげます。3とうの くじらが いっしょに ボールの なげっこを
しています。さて、ボールはみんなで なんこ なげられているのでしょう。

SANY0014_20151112155023631.jpg
10月23日

2文目の時で既に、偶然にくじらを3匹にしたので、それぞれ6このボールを描きそれを囲み、もう数えれば答えは出る状態になっていました。

が、3文目を聞いた後、描いたそれぞれの6このボール(トータル18個)を消して、新たに6個のボールをみんなで投げているように描き直しします。

そして4文目を聞いて???になる。さっきボールは6こと言ったのに、なぜボールの数を聞いているのか?

再度問題文を最初から言うようにお願いされ、改めて3文目まで読むんだ後、数秒後「あっ」言い、独り言のように「こういうことか~」と言いながら、投げている6個のボールを消し、またクジラそれぞれに6個のボールを描き、最後の文章を聞いて、ボールのかずをかぞえ答えが出ました。

クジラたちがキャッチボールようになげっこをしているイメージから、クジラ3頭みんながそれぞれで自分で6個のボールなげをし、それを見に来ている人達に見せてるということ所のイメージに変わったようです。よく気づいたなぁ。

それにしても、水族館をイメージしたらしく、くじらの曲芸を見ている観客の人、係員の人を描き、みんな笑顔で良い感じだね~
関連記事

ミッコロ(年長) コメント: 0 トラックバック: 0

0mx66

2015年11月14日 10:00

<0MX66>年長 ミッコロ
はっぱの らっぱを ふきながら かっぱの あっぱくんが およいでいます。
すると、どこからか おさかなさんたちが あつまってきました。おさかなは 
みんなで 21ぴき いました。あっぱくんの しっている おさかなさんは 
8ひきでした。では、あっぱくんが しらない おさかなさんは なんびき 
いたのでしょう。

SANY0002_20151112152124633.jpg
10月21日

問題文通り、一文目であっぱ君を描き、2文目でおさかなさんを数匹描き、3文目でおさかなさんを合計21匹にし、3匹づつ違う色で囲みます。

このまま4文目で知っているおさかなさん8ひきになにか印をつけ、残りの数のおさかなさんを数えるだけかな思ったのですが・・。知らないおさかなさんぽくない、おさかなさん数匹を消し、知らないおさかなさんぽく描き直しします。

この段階で最初におさかな3匹つづ囲んでいる為結構わかりずらく、何度も数が21匹になっているか確認します。

それから知っている8匹のおさかなさん以外にまた違った色(ピンク)で囲んで行くも、やはりわかりずらく、途中残りの4匹は囲まず、それでも自分で描いた絵だからなのか、何度も数え、なんとか正解に辿り着きました。

この問題どちらかというと簡単な方だと思いますが、色々な色で囲ってしまい、おさかなも数匹描き直しし、また囲ってしまった為思った以上に時間がかかりました。

でもこれがミッコロなりに思考錯誤している大事な所。

自分で納得した絵をイメージ通りになるようにし(描き直し)、工夫し納得し最後まで行きつく。

人生と同じだ~~
関連記事

ミッコロ(年長) コメント: 0 トラックバック: 0

0mx34(わからん帳から)

2015年11月13日 09:00

さ~1カ月分溜まっているどんぐり問題を少しづつアップしていきま~す。

<0MX34>年長 ミッコロ
なんきょくで かった なわとびのなわは こおりでできていました。
とぶたびに コロンと おとがして みじかくなっていきます。8かい
とんだときに ちょうど はんぶんの ながさに なったので とぶのを
やめました。 ぜんぶで なんかいとぶと なわとぶのなわは きえて
なくなってしまうのでしょう。

SANY0205.jpg
10月13日

問題文をイメージし確実に絵にしていきますが、なぜか8かいの回数を忘れ、半分ずつになるよう右ページの男の子の縄とびに適当に鉛筆で印をつけ左右同じ数になるよう、何度もかぞえ直しをいていました。

何度もそれを繰り返し、途中でなんか変だと気づいたようで、再度問題文を読むようにお願いされ、問題文を言いました。

それから鉛筆で書いた印の上から無理やり、片方8回分をポンキーペンシルのオレンジ色で、もう片方同じ回数8回分を緑色で囲み直し正解に辿り着きました。

やはり、自分で自分の間違いに気づくことは本当に大事ですね^^
関連記事

ミッコロ(年長) コメント: 0 トラックバック: 0

昔と今で言っていることが違う?

2015年11月12日 14:54

ブログを書くのは気づくと1カ月ぶりになってしまいました。
先月はいろいろ忙しく、ついついブログを書く手が遠のいてしまいました><

そんな中11月6日にうーmamaさんからコメントをいただきました。ありがとうございます。
長くなりそうだったので記事にて返信させていただきます。

> この記事で、「どんぐり問題中、親は一切口出しをしない」ことが重要とのことでしたが、どんぐり倶楽部の過去ログで糸山先生のお言葉(下記に過去ログ(01.02.03)から抜粋します)と違っているように思うので混乱しています。
> ●図の書き方に対するアドバイス →していただいて結構ですが、自力で5~6回は描かせてくださいね。 教室では3週間でも同じ問題の書き直しをしてもらっていますよ。 最初が肝心なのは「しつけ」と同じです。 絵を見て「問題文とちがうねぇ」「絵の中に数字は書き込んだかな」 「この絵はどういうこと?これだと、こういう意味になるんじゃないかな」 等々のアドバイスをしながら自力で何ページも書き直した後でなら 「こう描くと書いてあるとおりの絵になるんじゃないかな」という形で アドバイスをするのはいいことです。 以前にも書きましたが、忍耐力も必要なのです。肝心なことは、文章と絵が同じ事を正確に表して いることです。
> ●絵が描けたら絵の動かし方はアドバイスしてもいいですよ。「こう書き換 えると分かりやすくないかな?」「ふ~ん」という感じです。子供はなかなか並べてはくれませんよね。 指導例としては、並べて書いてない場合は並べさせることに重点を
> 置くの ではなくて同じように消していく(チェックしていく)方法をアドバイスする こともあります。 こうすると並んでいなくても違い(差)は視覚で確認できます。
> ●もちろん「並べると分かりやすくない?」とアドバイスしてもいいです●お母さんが自分で「お母さんだったらこう描くかな」とお母さんが解くの はいいですよ。可愛いモグラでお願いしますね。お母さんも楽しんで下さ
> ●子どもとの接し方は子どもと親との関係のぶんあります。子どもの様子を よく見て「お母さんなら、こうかくと分かりやすいな(←「こうかくといい んじゃない」とは言わないところが大切)」とお母さんはお母さんで自分の 問題としてとくといいですよ
> ●お子さんの様子を丁寧に見ながら、対話をしながら、見てあげて下さいね。


確かにこの過去ログの内容を見ると混乱しますね。私は三つのポイントがあるかなと思っています。

まず一つ目がこの記載している掲示板でのやりとりが初期(約13年前~11年前)であること。

これは私の解釈ですが、糸山先生は理論は最初から確立し公開しています。が、やっていくにつれ「こうした方がもっと良くなる」「この方法の方が進化が早い」など年数をかけてわかられたことがあり、それに従い細かいルール?使い方などが変わり、言っていることが昔と違うと感じられるのだと思います。

例えば絵を描くノートでいいますと、最初は方眼のノートを推奨していましたが、それから何もない方が良いとなり、ランの時は(今から約9年前~5年前)学校で使うような通常のノート1ページか2ページで使用していました。そして現在はクロッキー帳大見開き2ページに変わっています。

このノートの変更も方眼ノートの時は絵を描くときにバランスが取りやすかったり、長さを描きやすいという理由からだと思います。それが通常ノートに変わったのは、何も線がない方が自由度が高い絵を描きやすいという理由。

そしてクロッキー帳しかも大で見開き2ページとかなり大きくなったのは、大きく描いた方が自分の目で気づくのが早いので進化するスピードが速いということ。
小さい今までのノートでも進化するけど、大きく描くと目で認識しやすいため、色々なとこに気づきやすくなり、結果工夫もしやすくなり、進化スピードも速くなりやすい。

ノート一つとっても時期によってこんなに変わります。

そして二つ目は、家庭でやる場合とどんぐり教室としてやる場合でも対応は違うということです。

家庭の場合は日常生活全て親が見る事が出来るので適切な環境に変えやすい。どんぐり教室の場合週に1回or2回通って来た限られた中で、いかに進化するようにもって行くかを考えないといけない。そうなると家庭でやる場合とではどうしても細かい所が違ってしまうし、家庭環境変えずそのままなので、どうしてもヒントとなる言葉も言わざる負えない時もあると思います。

そして三つ目がその子の状態によって違うということです。

うーmamaさんがおっしゃるように、例えば全く絵も描こうとしない子に、一切何も言わずただ待ったいるだけというのは酷かもしれません。その子に取ってヒントにならない言葉で絵を描くように言うのはokだと思います。ただそれでも出来るだけ余計な事は言わない方がいいと思います。糸山先生の昔の教室に絵を一切描かない子がいたそうですが、ずっ~とひたすら描くまで待ち続け、描くまで最終的に6ヶ月にかかったとおっしゃっていました。

ヒントになってしまう言葉はその子によって違いますが、出来るだけ何も言わない方が伸びると実感しています。もし何か言うにしてもヒントにならないように言うって本当に難しいんです><

> ミッコロちゃんほどのMAXまでのレベルのお子さんに対しては一切口を出さない方がいいということなのでしょうか。。

こっち(親)はヒントにならないよな~って思った言葉でも、めちゃくちゃヒントになっていたり・・・。だからミッコロの場合何か私が発したらほぼ全てがヒントになってしまうので、「私からは一切何も言わない」に行き着き、それを実行しています。そしてその方が伸びを感じます。

もちろんヒントを言わないだけではなく、日常の環境設定をしっかりしたうえでになりますが。自分で気づくまでは結構時間がかかもしれません。でも着実に自分で気づいていき、思考回路も増えていくので、ヒントをもらって正解した場合より断然、何百倍も価値があります。

だから正解、不正解は関係ないと言われている所なんですよね。どれだけ自分で気づいて、正解に辿り着くために工夫するか、が大事なので。自分でこれから生きて行く上で自分で気づくことって大事ですよね。

「ヒント」一つとっても中々奥が深いどんぐり倶楽部(どんぐり理論)ですが、何年経っても知り得ることは多いです。でも絶対それだけの価値がある、とどんぐりに関わった小2~高校2年までのランと、0歳~年長までのミッコロを見てそう思います。(もちろん他のお子さんも)

少しでも参考になれば幸いです。

コメントいただき改めてまた初心を思い出す事が出来ました。こちらこそありがとうございます^^
関連記事

どんぐり系の話 コメント: 4 トラックバック: 0

ホーム

プロフィール

love1557

Author:love1557
2006年5月:どんぐり倶楽部を知りそれから子育て方針学習方法ともどんぐり式へ

1998年生まれ:ラン
2009年生まれ:ミッコロ

当時小2のランは19歳。ミッコロは年中からどんぐり問題を開始し小2。

現在個別メール相談1案件:5000円で承っています。

最新記事

カレンダー

10 | 2015/11 | 12
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

スポンサーリンク

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。