ホーム

スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告

どんぐり算数文章問題って勉強?それとも遊び?

2010年01月31日 22:35

今日どんぐり問題をしている時の出来事。


ランはミッコロと遊んだり、鍵盤ハーモニカを吹いたり、おやつを食べたりしながらどんぐり問題をしていました。


それを横目で見たいた私は、集中していないのか、それともやる気がないのかなって思いながら知らん顔していました。


そんな事を思っていると、


ラン「終わった。答え合わせして~。ただ、この問題、絵はうまくかけなかった。かんで予想して、それを当てはめて計算したら当たっていたから、いまいちすっきりはしないんだけど」


私「わかった。何番?」


ラン「6Mx91~」


私「正解。今日さ、なんか集中していないように見えたけど。色々しながら問題やっていたからさぁ」


ラン「うん。だって言っちゃ悪いんだけど、どんぐり問題は遊びみたいなものだから~。それに色々していたけど、自分なりには集中しながらやったよ~音譜


私「え?遊びと一緒なの?」


ラン「うん。」


私「そうだったんだ。ごめんね~変な事聞いて」



ちなみにこんな問題です。

<6Mx91>

毎朝ハマグリのグリ子さんは、アサリのサリーちゃんを学校の先にある幼稚園に送ってから登校します。7:45に家を出ると8:12分に学校へ着きます。家から学校までは1kmで、サリーちゃんと一緒の時は時速3km、一人の時は時速4kmで歩くとすると幼稚園から学校までの距離はどれくらいでしょう。



どんぐりとともに~子育て

ちなみに時速は小6で習いますすが、ランにはだいぶ前に時速の意味だけをさらっと教えただけですので、公式や、求め方など一切わかりません。


時速3kmだから3000(m)÷60(分)=50(m)。1分で50m進む事がわかり、1000(m)÷50(m)=20

以上の事から家から学校まで20分という事は比較的すぐにわかったようなのですが、残り7分(27分-20分)を往復でどうなるのかが中々わからなかったようです。


ただサリーちゃんと一緒に行く時は時速3km、一人の時は時速4kmなので、サリーちゃんとわかれて一人で学校へ向かう時はサリーちゃんと一緒の時より早くなる、と言う事はわかっているようです。


そこから色々試したがうまく答えが出ず、かんで、行き4分(サリーちゃんと一緒に幼稚園へ)、帰り(一人で幼稚園から学校へ)3分と予想を立て、それを計算したらぴったりだったので、これが正解と確信。


ただ最後予想して当たったので、本人はノートに、「かんでしたけど・・・・・」と赤で書いていました。




これだけの事を考えていたので、集中していたのは間違いないと思います。


今回「どんぐり問題は遊びと一緒」と言ったランですが、これは喜ぶべきなのでしょうか?



そしてどんぐり問題の位置づけとしては勉強なのか遊ぶなのか、はたまたその両方なのか?


ランを見ていると色々な事を考えさせられる今日この頃なのでした。

関連記事
スポンサーサイト

どんぐり系の話 コメント: 4 トラックバック: 0

学習習慣と好きな事

2010年01月25日 21:36

1月4日にも学習習慣に関しての記事を書いたのですが、思いついたまま

何が言いたいのかわからない、とてもまとまりのない内容でした。


今回は今時点までで、私なりにランを見ながら思った事、感じた事をもうちょっとわかりやすく書けたらと思います。


前回の内容と重複してしまう点もありますが、お許しください。


「学習習慣」とは。

どんぐり倶楽部では、机に向かって勉強する事ではなく、遊びでも日常の生活でもいつも、

自力で考える習慣の事をさしています。


この先伸びる為に小学校でつける力。

1、「考える力」 2、「先生に質問する力」 3、「学習習慣」


1、2はすぐ腑に落ちたのですが、3の学習習慣だけずっと考えていました。


昨日日曜日は「絶対勉強してはいけない日」&「テレビ開放日」でした。


テレビも見ていたりしていましたが、

その日ランは朝4時頃に起き、ボードゲームモノポリー で勝つための秘策をずっと考えていたんです。(夜3人でモノポリーで遊ぶ約束をしていた為)


それ以外にも水戸黄門は徳川光圀でもあり、徳川家康の孫。そして将軍にはならなかった事などを調べてわかったようです。


そしてノートに1代将軍徳川家康、2代将軍徳川秀忠、3代目家光・・・と8代目まで書いてありました。

これは、この前主人がテレビで水戸黄門をつけていたので、それを見ていたせいだと思います。


私「今日勉強しちゃいけない日なんですけど」


ラン「うん、わかっているよ。」


私「だって勉強しているじゃん」


ラン「これは遊びだよ」


終了


んん~これが好きな事はとことん勉強?するって事なのね。

好きな事、興味のあることでわからない事があると、勝手に調べる。


つまりこれが学習習慣なのかな?!と。


勉強も遊びも境目があまりなく、いつも考える事が習慣になっていて、それが楽しい事だと思っていたら、本当に必要に迫られたり、興味が沸い時に、机に向かって勉強するのではないかと。


うっすらぼんやりだけど、そんな感じが見えてきました。


これが、親や学校で、「調べなさい」、「徳川将軍を覚えなさい」などと強制させられたら、うちの場合絶対やらない。やるとしても嫌々。

それも吸収力も極端に落ちる。


子どもが自分の本当の好きな事をするって改めて大事なんだぁって感じたのと同時に、自由な時間を奪っていたなって反省です・・・。


極力本人が好きな事に没頭出来るように、自由な時間を作り、邪魔をしない事が、学習習慣にも繋がり、今私に出来る唯一の事なのかな。



関連記事

どんぐり系の話 コメント: 6 トラックバック: 0

割合と百分率(2)&どんぐり効果

2010年01月23日 08:08

昨日、算数の授業での出来事。


先生「教科書を伏せたままで次の問題に答えましょう。

   式は何度書いても良いし、どんな方法でもいいので、

   自分で考えてやってみましょう。」



<問題文>

ともこさんは、1800円のぬいぐるみを30%びきのねだんで買いました。代金はいくらですか。



ランの考え方。

まず、1800÷100(100分の1)=18円で1%の代金を出します。

次に18×30=540円で30%分の代金を出し、後は元の1800ー540(30%)=1260円。


教科書の模範解答は


1、まみさんの考え

 1800×0.3=540 1800-540=1260  答え1260円


2、ゆうたさんの考え

  1-0.3=0.7 1800×0.7=1260 答え1260円



そして、この問題を正解したのは、たった6人

模範解答以外の方法(式)で解いたのは、ランだけだったとの事。


ランの考え方から1%=1/100(100分の1)と言う事がわかっている。


遠回りしているようなのですが、割合のなんとなくの意味はわかっているようなので、学校での学習方法との混乱は今の所ないようです。

後は、機が熟すを待っていれば大丈夫かな?


ランの場合公式は一切覚えていない。だからこそ、模範解答ではない方法でもやれたのだと思います。


おととい、「やっぱり、自分のやり方(考え方)が一番いいと思った」と言った事はこういう事だったのだなってわかりました。


学校で習った方法も意味は理解出来るけど、自分のやり方が一番しっくりくる、という感じのようです。


つまり問題を見て、思いついた方法でやっているようです。

結果的に公式と同じ方法で解いている場合もありますし、自分で考えた方法で解いている場合もあります。(ただ、かな~りゆっくりで遅いですけど・・・)


でもそれが出来るのはどんぐり問題をしていたからだと思います。どんぐり文章題をしていなかったら、間違いなく今小5の時点で理解はしていないでしょう。

断言出来ます。


その理由は、どんぐり問題には普通に中学に行って困らないよう、考えられるよう、本当の意味が理解出来るように色々仕掛けがされているからです。(多分私が知らない仕掛けは沢山あると思います。)


まだ、割合も百分率という言葉も、方法も、公式も知らない時に、普通に何割、何%を複雑に絡んでいる、どんぐり文章題をしているからです。


それはもちろんノーヒントです。だから、自分の今知っている知識、工夫でやるしかありません。

そうすると本気で深く考え、色々思考錯誤しますから、答えに辿りついた時には、その内容を深く理解出来るのだと思います。


つまり学校で習う前に、何も知らない状態で普通にやっている。

そうすると、学校で聞いた時に、一瞬で理解出来るようです。

それも応用が効くような深い理解を。

これをどんぐり倶楽部では準備学習と言います。先行学習とは全く違います。



主人とも話したのですが、こんなに無駄がなく、効果的で、深く意味を理解出来る教材(それ以外にも奥は深いです。)は他にないと思います。


だって~だって、週に1問(1ページじゃありません)ぐらい
楽しく解くだけで、世間一般的に言う、勉強とわれていることは一切していないのですから
宿題も含めて。(ちなみにランの場合2週間に1問ぐらい)


本当にどんぐり問題はすごいです。語彙の少ない私の言葉では言い表せません。



糸山先生がおしゃっていた事が頭では理解出来ていても、実感はいまいちわかなかった。

でも今日、少しですが、実感する事が出来ました。






関連記事

学校関係 コメント: 2 トラックバック: 0

割合と百分率(結構きつい内容です)

2010年01月21日 22:55

今日は常日頃感じている事を本音で書こうと思っているので、荒く、毒舌になってしまうかもしれません。

なので、嫌な方はすいませんがスルーでお願いしますお願い







ランの5学年の算数では今割合と百分率をやっています。


もう~これには言いたい事がいっぱい!!



1、まず割合の公式。あれは何?なぜあんなにわかりにくい。あれを覚える意味ある?


割合の公式を覚えて、それに当てはめて答えを導き出して、それで応用が効く?


大人になって買い物などで割合を出す時、あの公式思いだしてやる?だいたい忘れているよね。


第一、公式なんて思い出さなくても、イメージすればわかるよね。



2、計算ドリルの中身。1ページに全く同じ式になる問題ばかりがずらり。そしてその次のページはまた別の同じ式の同じ問題ばかり。


例えば、①5kgをもとにした4kgの割合は 

     ②8cmをもとにした2cmの割合は

     ③20ℓをもとにした6ℓの割合は

次のページ

     ①20kgの40%は□kgです。

     ②72人の25%は□人でです。


こんな感じで全く同じのばかり。


ただ、数字かえただけじゃんプンプン


そしてこんな同じ問題ばかりやらせていたら、間違いなく意味なんて考えないでやるようになるよね!!


3、教科書の文章問題?の中で式を出すのに関係ある数字を、赤で線を引かせているか、またはノートに書かせた問題文の中に赤で○をつけさせているのだ。


ああ~まったく~がっかりする。

簡単な小学校の算数ならそれで出来るかもしれないけど、中学、高校に行って数学に変わり、複雑になったら間違いなく出来なくなるじゃん。


式がいくつも複雑に絡んできたらお手上げじゃん。


公立の今の教科書&学校のやり方はまるで、考えないように、考えないようにしているとしか思えない。



すいませんかなり熱くなり、荒くなってしまいました・・・


ここからは少し冷静に書きたいと思います。


今日久しぶりにランの算数のノートを見て、はてなマークと思う事があった。


ノートに式と答えが書いてあり正解していたのですが、そのとなりに赤鉛筆でランの筆跡とか明らかに違う、図と文字が書いてあった。


これは何かランに尋ねると、


ラン「一応この問題、正解してわかっていたんだけど、先生だったらどうやって教えてくれるのかな、って思って聞いてみたの。自分のやり方よりわかりやすい方法で教えてくれるのかな、って思って。」


私「へぇ~そうなんだ。そしてどうだったの?」


ラン「絵はわかりやすかったんだけど、くらべる量が何だとか、もとにする量だと言葉がわかりづらかったから、やっぱり、自分のやり方(考え方)が一番いいと思った」


ん~やはり自分が納得した方法が一番良い、ってことなのね。


ちなみにこんな問題です。


「たんぱく質を約17%ふくんでいる肉を食べます。この肉から51gのたんぱく質をとるには、およそ何gの肉を食べればいいのでしょうか」


後から聞いたのですが、この問題を一発で正解したの人は数人だったとのこと。


でも、こんな教え方されていたら、こんな宿題だされていたら、普通に考えない頭になってしまうよね。


もっと、先生方、保護者の方に気付いてもらいたいなぁ。


見た目の評価(テストや通知表)ばかり見るのではなく、その問題の過程を見てほしいなぁ、って思いました。


だっていくらテストで100点ばかり取っていたって、考えない頭になっていたら何も意味もないもん。



ん~今日はかなりきつくなってしまいました。

関連記事

学校関係 コメント: 8 トラックバック: 0

テンポの違い

2010年01月19日 21:31

どんぐり倶楽部の糸山先生は、第一個性は、「子ども独自のテンポ」と言っています。


生まれた時から双子でもテンポは違うという。そしてそれは生涯変える事が出来ないもの、と。



最近ミッコロを見ていて思う。


児童館やサークルなどで同じ月齢の赤ちゃんと一緒にいると、ミッコロはと~ってもゆっくり。


同じものに興味を示しても、次の行動に出るまでと~ってもゆっくりなのだ。まるで亀カメさんのよう。


今日、サークルで紙芝居をボランティアの方が読んでくれたのだが、興味のある赤ちゃんは、数秒でその紙芝居の一番前まで突進していく。

そしてお母さんに元の所まで戻られ、また突進していき、また戻られる。


ミッコロはというと、やっとはいはいで動き出したかと思うと、二歩ぐらいで止まり、お座りし休憩。そしてまたゆ~っくりはいはいで前に進んだと思うと、また一休み。この繰り返り。


それも、その一つ一つの動作がと~~ってもゆっくり。


紙芝居は二つ聞かせてくれたんですが、、その何十分の間に、何度もそれを繰り返し、やっと、その二つのお話が終わる頃一番前に到着したのだった。

他の子は何十回と到着しているのに、ミッコロはやっと一回。

それもだいたい2メートルぐらいの距離しかなかったのに。


見ていて面白かったなぁ。ちょっと笑えたにひひ あの亀さんのような動きに。




それにしても、こんなに小さい赤ちゃんでもテンポって違うんだなぁ、

ってじみじみ感じました。

もともと違っているんだな、って。

関連記事

どんぐり系の話 コメント: 0 トラックバック: 0

自動車保険って奥が深い

2010年01月17日 15:18

最近めっきりブログ書いてないなぁ~・・・



只今自動車保険会社選びでPCに毎晩釘づけでございます。


旦那さんの車の更新が来月なのですが、これをきに違う所にしようか検討してます。


今旦那さんが入っているのは国内損保会社。友達がやっていたので入っていたのですが、去年その会社を辞めたので、今回どうしようか改めて調べる事にしたんです。



そうしたら、面白い、面白い。たかが自動車保険だけど奥が深い!


よく自動車保険一括見積もりで数十社からほぼ同じ条件で保険料比較が出来ると思うのですが、


同じ条件にしても内容が全く違う事を知りました。


例えば、


1、「人身傷害保険」

これは、過失割合にかかわらず、契約した金額の範囲内で、実際に発生した損害額を100%支払うものであるが、何でもかんでも、契約者の請求どおりに支払うものではなく、保険会社ごとに規定している、損害額基準、という支払い基準によって損害額の計算方法が決められているとの事。


つまり、死亡した際など、支払われる基準額が会社によって違うというんです。


その中で特に違うのが「精神的損害」の支払い基準額。夫など一家の大黒柱の場合、同じ金額でも

1700万~2000万ぐらいまで幅がある。


他にも車両保険に自動で付帯される「全損臨時費用保険金」、対人賠償保険の「臨時費用保険金」など。


保険内容のほかにも、初期対応時刻、ロードサービスなど。


私が一番ためになったのは、「365日事故受付」と「365日事故対応は全く違うこと。


調べ出したらきりがなく、どんどん面白くなってはまってしまいました。


でもほぼどの会社にするか決まりそう~。

代理店型や国内損保ではなく、保険料が安い通販型(ダイレクト)の中の2社まで絞っているので、もう少し検討、比較して決めるぞ~!!


でも何かをとことん調べて(勉強?)今までわからなかった事がわかると嬉しいし、面白~い音譜


この感覚ってどんぐり問題やっている時と同じ?

いや、どんな事でも共通だよね!わからなかった事がわかった時の喜びだよね。

関連記事

ブログ コメント: 0 トラックバック: 0

姉バカ

2010年01月12日 21:55

ランはよくミッコロの面倒を見てくれる。


遊び相手になったり、ミルクをあげたり、泣いているときはあやしてくれたり、抱っこしてくれたり、色々な事をしてくれる。

本当に助かっています。


ただ、それだけなら面倒見の良い姉。


だけどランはそれを通り越して、完全に親バカならぬ、姉バカまで行っている。


日常の出来事

「私にこんなかわいい妹が出来るなんて嬉しい~(涙目)、本当に私の妹なんだね?!夢じゃないんだよね」

と急に号泣したり


ミッコロに向かって

「世界で一番ミッコロが可愛いよ~」



テレビで同じ月齢ぐらいの赤ちゃんを見ると

「絶対ミッコロの方が可愛いよ~」


「こんなにかわいいんだから赤ちゃん雑誌とかに載せたい。応募してみようよ?」



こんな感じである。


見ている私が、それはさすがに言い過ぎでしょ、と思ってしまう。


完全に盲目で、ここまで行くと、姉バカを通り越して、バカ姉かもしれないって思ってしまった。

関連記事

ブログ コメント: 2 トラックバック: 0

ジャック(ハムスター)が天国へ旅立ちました

2010年01月06日 22:23

先ほどジャックが亡くなっていることがわかりました。


家に来て約一年半、生まれてから約2年でした。


でも本当に眠っているのと変わらない姿、表情だったので良かったぁ。




今までずっとランは姉妹を欲しがっていました。弟でもいいし妹でもいいから欲しいって。


でも中々その願いは叶えてあげる事ができませんでした。


欲しいと思っても中々授からない。やっと授かったと思ってもダメ。その繰り返し。


それでもきょうだいが欲しい、っていう気持ちが強くて、一昨年の7月にハムスターを飼うことにしたのです。もちろんそれは弟がわりに。


そしてジャックを飼い始めて約2週間後に女の子を出産する夢(名前もミッコロと呼んでいました)を見ました。そしてまたその約2週間後に妊娠している事が発覚。


それから今年4月にミッコロが無事に生まれ、ジャックをかまってあげられる回数は極端に減っていきました。


都合のよい解釈かもしれないけど、まるでジャックがミッコロを連れて来てくれたかのよう。ランの希望をかなえるため。そして自分の役目を果たし亡くなったみたいだった。



ペットと言っても、「死」は悲しいですね。

でもランの涙を見るのはやはり親としては一番辛いです。

これでランの本当の悲しみの涙を見たのは三度目です。


ジャック今までありがとう。



関連記事

ブログ コメント: 8 トラックバック: 0

学習習慣と考える力

2010年01月04日 22:38

かなり遅れてしまいましたが

あけまして おめでとうございますニコニコ


今年はお正月らしいことは一つもしませんでした。


それは通常今まで、年末年始で主人の休みは毎年1月1日だけなので

その日に神社で参拝したり、福袋買いに行ったり、初日の出を見たりしていました。


でも今年はその唯一の休みも仕事になり、年末から15日連続出勤になってしまい、家族ではどこにも行けませんでしたしょぼん


なので主人を抜かした三人で私の実家に昨日まで行っていました。

旦那さんお仕事御苦労さまです。いつもありがとう~



話しは変わり、


先月26日の忘年会で、最近ランがどんぐり問題をやるのに、

計算で解いたり無理やり数字を当てはめたり、力技で解く事が多い事を愚痴?というか

相談させていただきました。


先月の12月に入ってから冬休みまでの間にどんぐり問題3回ぐらいがそんな感じで、さすがにこれではまずい、って私が思い糸山先生にも相談させていただき、「限界を待つ」と返答もいただきました。


これは本人に自覚させないと私が言っても、心配してもどうしようもない事だと思い、

しまりすさんちのルーちゃんの絵とハーモニーさんちのパセリちゃんの絵を本人に見せました。(お二人はランよりどんぐり歴も長く、学年も一つ上なので、ランの目標像になるので参考にさせていただいています。)


ランは二人の絵を見て、とても感心していたのと同時に、

「みんなこんなに絵を書いて解いているんだ。すご~いわかりやすい。自分は最近絵で考えていない。私はまだまだだめ。」


とかなり落ち込んでいました。


でもそれからランは一人で考え込み、少し経ってから言いました。


「でも絶対二人のようになりたいし、何より自分のためにもっと賢くなりたい。もっと考える力をつけた」と


こんなやり取りが忘年会前にあり、26日に色々考えさせられる事があり、それからしばらく娘を見ていました。


そして自分に誓いをしてからはじめてのどんぐり文章題を12月29日にやり、

今日までにわからん帳も含め4問しましたが、全て絵で解いているのがわかりました。絵もいつもより大きく書いていました。


ラン「このままでは絶対に賢くならない。だから絵を書いて、わかってから(ひらめいてから)式なり筆算をするように、意識してやっているんだ。なるべくは式もかかないで、絵でわかるようにするの。今の私にはそれが必要だから」


と言っておりました。


それと2年以上ぶり(3年ぶり?)に今回2問ほどわからん帳をやっていたので、何で今わからん帳をやっているのかな、って疑問に思ったので本人に聞きました。


私「なんで今わからん帳やっているの?6年の夏休みとか中学に上がるまででいいんだよ」


ラン「一応自分で計画を立てているの。今年(2009年12月30日の会話)はわからん帳をやって、来年(2010年)はまたどんぐり問題をやるの。」


ん~なるほどね~

自分なりに考えて計画を立てているだなって思いました。


やはり、私の出来る事は余計な口は挟まない。見守っていることだなって。


人間的な判断力、思考力が備わっていれば、自分なりに考えて行動し、進化していくのかなって。


それはつまり学習習慣でもあるのかな、って思ったり。


一般的に「学習習慣」って言われているのは、机に向かって勉強する習慣の事だと思います。


でもどんぐり倶楽部では、机に向かって勉強する事ではなく、遊ぶでも日常の生活でもいつも、自力で考える習慣の事をさしています。


考える習慣があれば、本当に必要に迫られれば、机(リビングなど)で勉強をするのかな?って思ったりするのですが、まだまだ確信がありません。


逆に、いつも机に向かって勉強する習慣がないと、中高校以降などで習慣として出来ないのでは?とも思ったりもします。


ん~~なんだか何が言いたいのかわからない、まとまりのない文になってしまいました。

ごめんなさい土下座でも、これが素の私なので。


今年は私自身、もう少しじっくり考えて熟成させたいと思っております。

そして、娘達の成長が楽しみでもあります。


こんな出来そこないの私ですが、今年も宜しくお願いします。

関連記事

どんぐり系の話 コメント: 6 トラックバック: 0

ホーム

プロフィール

love1557

Author:love1557
2006年5月:どんぐり倶楽部を知りそれから子育て方針学習方法ともどんぐり式へ

1998年生まれ:ラン
2009年生まれ:ミッコロ

当時小2のランは19歳。ミッコロは年中からどんぐり問題を開始し小2。

現在個別メール相談1案件:5000円で承っています。

最新記事

カレンダー

12 | 2010/01 | 02
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

スポンサーリンク

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。