ホーム

宿題制限(ミッコロ小2)

2017年05月02日 10:00

先日無事に?家庭訪問が終わりました。

今回は昨年の事があるので、事前準備はあえてせず、
「お粗末な宿題をさせたくない」ということは強調せず

勉強=学ぶことを好きでいてほしい
じっくり丁寧に考えられるようになってほしい
学校に楽しく通ってほしい
お友達といっぱい遊んでほしい
気持ちを大事にしたい
好奇心を大事にしたい
授業を新鮮な気持ちで聞いてほしい
先生の話をしっかり聞いてほしい

ということを強調した上で

でも多めの宿題をすることで
ちゃちゃっと早くにやろうとしてしまう
じっくりやろうとしない
仕方なくやるものと思ってしまう。
友達と遊ぶ時間が足りなくなってしまう
勉強が嫌だなと思ってしまう

学校の勉強で理解していない所がある場合は
私がフォローすること
学力の責任はもちろん私にあること

そして家でも
テレビやDVDに制限をかけていること
スマホはわざと持たないようにしていること
PCもミッコロの前では使わないようにしていること

を伝え

出来れば家庭学習である宿題は
こちらの判断に任せて欲しい(宿題制限すること)
と言った所

あっさり宿題制限OKになりました。
いや~今回は拍子抜けしてしました。


2年生になってから家庭訪問があるまでの間は
私が宿題マシーンになっていたのですが
あきらかにミッコロの字ではないドリルも
完全にスルーしてくれて

でもそれは、1年の時の担任から
昨年の様子を詳しく聞いていたからだそうです。

昨年の担任の先生が引き継ぎをして下さり
スムーズに何事もなくこちらの思いに承諾してくれて
本当に有り難いです。

そして今年は昨年と比べ宿題の量が多いので
ミッコロと事前に話し合いをしていた
宿題免除の方向にさらに話を持っていきました。

これまた有り難いことに、
ミッコロの気持ちを一番に心配して下さり
友達にばれないようにどのようにするか、
それとも最初からみんなに説明した方がいいのかなど
どうするのが一番負担がないか一緒に考えて下さいました。

何度も言ってしまいますが
本当に本当に有り難いです。

今の所は宿題免除で行こうと思っていますが
ミッコロの状況次第では宿題マシーンにまたなるかもしれません。

どんな状況でも、まずはしばらく様子を見つつ
臨機応変に対応していきたいと思います。


それと今回の事で思ったのが
ランの時もミッコロの時も一番最初の先生に話すのが大変だったけど
2年目以降引き継ぎをされるので、案外スムーズに行った。

ランとミッコロ時では時代(11年差)も違うし、
住んでいる都道府県も地方も違う。
私の年齢ももちろん違うし、どんぐり理解度も違う。

それでも同じ宿題制限の話を、その当時の担任の先生に伝え
最終的にはOKしていただいている。(無理やり?)

宿題制限の話を小学校の先生にするのは、
本当に勇気がいるし
覚悟をするので結構大変。

でもでも、
本当に大変なのは最初の1年目だけなんだなって。

もっと話が上手だったら一年目でも大丈夫だったとは思います

学校関係 コメント: 2 トラックバック: 0

意外と

2016年12月07日 09:15

今週日曜から少し体調がおもわしくないミッコロ。

と言っても熱が出てがっつり体調不良というわけではなく

いつもより眠いとか、頭がたまにクラクラするとか、だるかったりとか。

月曜は学校から帰って来てから友達と遊びに行ったけど
遊びから帰ってくるとやはり調子が少し悪い様子。

火曜は学校から帰って来て、あんなに友達と遊ぶのが好きなミッコロが
友達からの遊びの誘いを断り、家でゆっくりしていました。

ほとんど学校を休んだことのない(今まで熱で1日休んだだけ)ミッコロなので、


「こういう時は学校休もうよ~体休めようよ~」と誘ってみるも

朝はまぁ大丈夫だけど学校から帰ってから調子悪くなるから、学校は行けるんだよね

「そんな無理してまで行く所じゃないんだから、休んでゆっくりしようよ~」

でも学校は楽しいからミッコロは行きたいとよ

「えっ?あんなに算数と国語が嫌いって言っていたのに?」

たしかに算数と国語は嫌だけど、体育、図工、生活、音楽は楽しいし、

友達と遊んだり、話したり、給食もみんなで一緒に食べたりするのが楽しいとよ。」

-------

なるほど。結構意外と学校を楽しんでいるんだね。

友達と一緒に楽しめることは有り難いことだなぁ。

でもでも、やはりこういう時ぐらいは休んで欲しい~><



学校関係 コメント: 1 トラックバック: 0

ミッコロ個人面談にて(宿題の話含む)

2016年11月07日 09:00

先日ミッコロの個人面談で小学校に行ってきました。

担任から最初に「そちらから聞きたい事などありますか?」
と言われたので、特に不安なことも何も無い事を伝える。
(事前にミッコロに学校で何か嫌なことや悩みがあるか聞いた所「なにもない」との返答だった為)

次は私から「先生からはありますか?」と質問

「こちらからは何も言うことがないんです」と。

「え?何も無いんですか?」

「はい。友達のことも勉強のことも何も問題ないんです。
聞く力がとてもあり、授業も砂が水を吸収するように入るんです。
うまく言えないですが、スーッと入っていくんです。伝わります?」

「はい。わかります。」

「そして何にでも楽しもうとする力が高いです。
ちょっと嫌なことがあっても、それより楽しいことに意識が行き、気持ちの切り返すも早い。
うちのクラスはやんちゃな男の子が多いですが、その子達の扱いもうまいですし」

「その子によって対応を変えているってことでしょうか?」

「いやその子っていうより、同じ子でもその時によって違いますので、
その状況によって変えていますね」

「へーそうなんですね。お友だちの関わりはどうですか?」

「男の子とも女の子仲良くやっています。
休み時間になるとお友達と一斉に外に走っていきます」

ん~有難いお言葉。
そこで、宿題の件を何気なく聞いて見ると

「最初家庭訪問で聞いた時はこの先どうなるのだろう?と
かなり不安に思っていたのですが、ミッコロちゃんの姿を見て
全く問題ないな。このままで大丈夫だなと安心したんです。」

「お母さんから聞くより、ミッコロちゃんを見るのが一番でしたね。
ミッコロちゃんを見ればそれで大丈夫っていうことがわかります」


私の説明が本当に下手で、
やはり担任には宿題のことはうまく伝わっていなかった。

でもミッコロの姿をきちんと見てくれる先生で
宿題をしていなくても、全く問題ないことを感じてくれた。

これは本当に本当に有難いことだなぁ。

私が説明するより
「ミッコロ」自身が宿題しなくても問題ないことを証明してくれている。

来年の先生にも伝えてくださると言ってくれました。
私もまた来年の担任にも伝えることになりますが
担任曰く「お母さんがいうよりミッコロちゃんを見るのがわかりますね」と

家庭訪問のときは本当にどうなるのか、
と不安や苛立ちや悲しみで一杯でしたが

こうやって半年以上ミッコロを見てくれて
少しでもわかってくれたことに心から感謝です。

先生が宿題のマル付けをしているときも、ミッコロちゃんの字ではないなと思ったけど
そこもスルーして普通に○や直しもしてくれたとおしゃっていました。

担任の先生に心から感謝。

そして私の説明より、その存在自体で先生をわからせてくれたミッコロに感謝。

どんぐり倶楽部に出会えたことに感謝。

感謝だらけの日とこの日はなりました。



学校関係 コメント: 4 トラックバック: 0

学校でのさくらんぼ計算の工夫?(11月2日追加あり)

2016年10月21日 08:45

ミッコロが昨日学校でやったプリントを持って帰ってきました。

その一部です↓
SANY0388.jpg

SANY0389.jpg

ミッコロ曰く、このプリント3枚の32問と計算ドリル2ページの合計52問を
同じ日の算数の授業内でやったとのこと。

今週繰り上がりの足し算に入ったばかりだったので、驚きました。

このプリントを見てミッコロに疑問に思った事を聞いてみました。

私「こんなに問題が多いと大変じゃない?」

ミ「そりゃ~大変だよ。何でわかっていることをこんなに何回もやるのかって感じ」

私「だよね・・・。でもこんなに問題多いのに、

 なんで間違えないでやれるの?(宿題マシーンは何度も間違えるので)」

ミ「いや・・・。言えない」

私「えっ?何で?」

ミ「ママに言ったら何か言われそうだから・・・」

私「え~何も言わないよ。」

ミ「何も言わないなら、教えてもいいよ

私「うん。何も言わないよ。教えて」

ミ「実は、最初にさくらんぼ計算の枝を全部(問題全て)書いて、それから=を全部書いて

その後にバナナの所を10になるように囲むのを全部やって、

それから答えの所に1(十の位)を全部書いて、


最後に枝の方のもう一つの数字が何になるか考えて、

その数字と同じかずを答え(一の位)に書くって感じ」


私「(内心驚く)へ~そうなんだ。」

ミ「うん。普通にやったら簡単な所や考える所とか色々やって疲れて嫌だから、

何か良い方法がないかなと思ってこうやってやるようにしたと。

この方法だと普通にやるよりは簡単に出来るから。」

私「なるほどね。工夫したってことね。でも先生が見たら何か言われそうじゃない」

ミ「目が悪くなっちゃうから本当はいけないんだけど、

顔を下に向けて隠すようになっているから大丈夫」←ジェスチャー付き

私「な、なるほどね(笑うのをこらえる)。でもその方法だと、

繰り上がりのない計算とある計算が一緒になっていたとしたらわかりにくいんじゃない?」

ミ「大丈夫だよ。ちゃんと数字見ているから。

それに学校ではいつも決まった計算しかやらないから」

-------------------------

文章なのでわかりづらいと思いますが、
やってみると労力を減らすことが出来るのがわかります。

計算方法を学校に合わせないといけない。

でもその方法では量が多いとかなり苦痛。

だから学校に合わせながらも苦痛を少しでも少なくする方法を自分で考えたんだね。


いやはや、今週繰り上がりの足し算に入ったばかりなのに・・・

ミッコロのずる賢さ、いや工夫には参りました

-------------------------------
11月2日追加
糸山先生のメールコメント

百マスでも同じ工夫をしますよ。
クローズアップ現代で私が百マスの弱点を解説したとき(放送された部分)のやり方と、理論的には同じですね。考えなくても良い手順を効率的に使って数字を埋めていく。

賢い子はそうやって、弊害(エネルギーの無駄な浪費)を回避できるんですが、
素直なだけの子供達はエネルギーを奪われて悪い習慣まで付けさせられるんです。
悲惨ですね。


学校関係 コメント: 5 トラックバック: 0

早速もう勉強嫌いに

2016年06月23日 09:00

はい、正確に言いますと、

早速、もう国語・算数嫌いになってしまいました><

小学校に入るまでは学校の勉強を楽しみにしていたと思います。

それが宿題もさせておらず、学校でも「ゆっくりやってね」と言っていて
環境的には結構良いと思うのに・・・。

ミッコロが「運動会の練習の時は体育(運動会の練習の為)が多くて楽しかったけど
運動会が終わってからは、国語と算数が多くて嫌だ~」

私「そうかぁ。運動会が終わると確かに国語・算数が多くなるね。所で国語と算数の何が嫌なの?」

ミ「何回も同じことをやるし~・・・なんか嫌」

私「そうなんだ。じゃあ好きなのは体育?」

ミ「好きなのは体育と音楽と図工!」

私「そうかぁ。あ、ちなみに一応どんぐり問題も算数なんだけどね」

ミ「えっ?そうなの?全然違う」

私「そんなに違う?」

ミ「うん。ぜ・ん・ぜ・んちがーう!」

----------------
ああ~まだ小学校に入学して2カ月なのに・・・。
まぁでもある意味想定内でもあるか。

それとやはりというか、やっぱりというか
学校の「算数」と「どんぐり問題」は全くの別ものなのですね。

ああ~学校に入ると今まで平和だった保育園時代がどれだけ良かったか思い知らされます。
やはり学校の害から守るのは結構大変!

でもでも、そんなことは言っていられないので、
いつも目を光らせていつでも守れるようにしておきたいと思います。

学校関係 コメント: 2 トラックバック: 0

今年は宿題マシーン2

2016年06月19日 09:00

前回の記事、今年は宿題マシーンにレオン君からコメントをいただきました。

🔴最初が肝心です。この好機を見逃す?

最初ミッコロから言われた時は担任に伝えた方がいいかなと思ったものの
その後のミッコロから聞いた簡単な内容、話し方から今すぐに言わなくても大丈夫だなと判断していました。

だけど、レオン君からコメントをいただき、やはり担任に伝えた方がいいのかどうか
もう少し詳しく話を聞いて、ミッコロの意思も確認しながら慎重に判断しようと思ったのです。

詳しく聞いてわかったこと。
●その片面の宿題をさせられたのは2時間目の最後ぐらいからその宿題が終わるまで

●1年生だけなのかは不明ですが、プールのある日は中休みが無くなり、
その時間はプールの着替えの時間になること

●ミッコロが言った「休み時間が自分だけ少なかった」というのは、宿題をしていて
プールの着替えをはじめる時間が遅くなってしまい、結果着替える時間が(いつもよりは)
少なくなったということ。

●他の人でも宿題のやり直しや忘れがあった場合でも、授業中(真ん中)にやるように言われるから
今の所、休み時間にさせられることはないということ

ちなみにその宿題をさせられて日はプールのある日だったようです。

詳しく聞くと私が想定していたよりは問題がないかなと。

ただ気になったのは、なぜミッコロの場合授業中ではなく、
休み時間になってしまうだろうと思われる2時間目の最後にやるように言ったのか?

ミッコロ曰く「プールの着替えは中休みで(時間が)いっぱいあるから
宿題をしてから着替えても大丈夫と先生が思ったんじゃない?」と。

実際ミッコロに時間が少なくて、着替えや宿題を焦ってしまわなかったかを聞くと

ミ「ぜんぜん。だって宿題片面だけからゆっくりやったけどすぐ終わったし(いつも学校の勉強はゆっくりねと言っている為?)、着替えだって私の場合(水着が)上下繋がっているからすぐ着替えられるしね」

私「もしその日がプールがない日だったらどうだったかな。」

ミ「たぶん授業中(真ん中)にやるように言われたと思うよ」

なるほど、じゃあ休み時間が宿題や勉強で無くなることは今の所まだ心配しなくても大丈夫そう。

ただ授業中に先生の話を聞かず、宿題をするって、それはそれで問題だとは思うけど・・・。

だけど、宿題をしなくてもいい(提出しなくてもいい)と担任が言ったにも関わらず、
宿題をさせられた件だけ先生に言おうと思うことをミッコロに伝えると

ミ「いや、言わんでいい。そんなに学校でさせたくないなら、
ママがちゃんと間違えていないか見ればそんなことないから」

つまり、宿題を私が間違えずにやっていれば(宿題の片面印刷ミスは置いといて)、
学校で宿題をさせられることはないからということ。

宿題で間違った所、字の形が整っていないものは、基本的にやり直しさせられます。
つまり、(私が)字を綺麗に書いて、算数などで答えを間違わなければ、ミッコロが学校でやさられることはないということ。

お恥ずかしいですが、宿題の量も少なく、内容もとっても簡単にも関わらず、
もうマシーンは何度か間違えております

それから

私「でも中には『お母さんには内緒にしてね』って言って
宿題や授業中の残りの勉強を休み時間にさせてしまう先生もいたからさ。」

ミ「えっ、そしたらミッコロ嘘ついちゃう~~ママに全部言っちゃう~」

私「なら良いんだけど。もしそういうことや、嫌ことがあったら言ってね」

ミ「うん、わかった。本当に嫌だったママに言うから。
ミッコロだって休み時間に勉強や宿題させられたら嫌だし。」

---------------------------------
そして授業参観で宿題のやり直しの場面を直接見て来ました!

今回の授業参観はいつ見に来ても、いつ帰っても良い日でした。

そんな中2時間目の授業が終わる少し前に、宿題と前回授業中に先生へ提出したプリントで
間違っている所、ひらがなで直しが必要な所を消しゴムで消し、書き直しし、
再び先生の所へ持っていき、○をもらったら終わりという一連の流れを見ました。

いやいやいや~書き直ししている人、間違っている所を直ししている人、
やり直しがないので自由帳に好きなものを書いている人、話をしている人、
先生の席の前には並んでいる何人もの列が出来ていて・・・。

これではこの学校は宿題ありきで授業も構成しているんだなと思いましたね。

これではミッコロが宿題を出したいと言うよねって。


ということで、ミッコロとの上記の話し合いと、授業参観の宿題直しを見て
結果今の所担任には何も言わず、私がきちんと宿題をすることでまとまりました。

いやこれでは宿題マシーンしか方法がないなと思いましたね。

そして思った以上にミッコロがしっかりしていたことに救われました。


今回の事で結構私が解釈いていたことと実際が違っていたことがわかりました。

今回の授業参観のように直接見ることが出来れば良いのですが、いつも見れるわけではないので

やはり話し合いをすることが一番大事で、もっと具体的に聞いて把握してから

話さないとダメだなぁと思い知らされました。


そのきっかけをくれたレオン君コメントありがとうございました。

学校関係 コメント: 2 トラックバック: 0

今年は宿題マシーン

2016年06月17日 08:58

先日ブログに4月下旬の家庭訪問時の宿題制限のことを書きました。


数日前の出来事。

(学校の)休み時間が自分だけ少なかったということをミッコロが私に言って来た。

そのことを言われる前日。

最近の宿題はプリント1枚で表と裏(国語と算数)があります。

でもその日は表だけのプリント持って来て、ミッコロは不思議に思ったようでしたが、
私は気にもとめず宿題マシーンとなりそのままいつものようにミッコロが学校へ提出。

だけどそれは印刷ミスで、本当は両面のものを、片面のみになっていた宿題を
わからずそのままミッコロが家に持ち帰って来たようです。

だから、やっていないもう片面の宿題を学校でやっていて
休み時間が少なくなってしまったということのようです。

先生曰く「これからは配られた宿題は必ず裏表両方あるか確認してから連絡帳に入れてね」と。

それは全くその通りなのですが、私が気になったのは

家庭訪問では担任が「お母さんがやるなら宿題は出さないでいいです。」と言っていた。
それに私も「休み時間には終わらなかった勉強や宿題などはさせないで下さい」とも伝えていた。

う~ん、なのに宿題を学校でさせている所・・・。

出さなくていいのなら片面提出していない宿題をわざわざ学校でさせなくてもいいのになぁ。
しかも印刷ミスなのだし。

だけどもしかすると、ずっと毎日欠かさず宿題を提出しているから、
私の気が変わってミッコロがやって提出していると思っているのかな?

それともただ単純に、他の人同様に宿題の決まり事をそのまま実行しただけなのかな?

まぁどちらにしろやはり今年は宿題免除ではなく、
宿題マシーンに撤しようと改めて思ったのでした。(もちろんミッコロの希望を聞きながら)

そして休み時間の事は今回がはじめてなのと、ミッコロに今の所悪影響も出ていないので
様子を見ようと思います。

学校関係 コメント: 2 トラックバック: 0

宿題制限(ミッコロ小1)

2016年06月13日 08:00

ここずっと忙しく久しぶりの更新となってしまいました

5月28日にちょろみさんからコメントいただきました。
改めてありがとうございます。そしておそくなりお待たせしましてすみません><

こちらにて返信も含め記事にさせていただきます。

> 家庭訪問はどうですか?
まず4月下旬に行われた家庭訪問の感想から書きます。

学校にはブログにも書きましたが、事前に配られた用紙の「家庭からのご要望」の欄に
さらっと家では考える力に重点を置いているため計算・暗記など
考えられないことはしていないこと(これからも)、学校でやる場合は急がせずゆっくりで、
というようなことを書いていました。

そして家庭訪問が始まるまでは、心臓が飛び出るぐらいドキドキ。
言い訳になりますが、小学校の家庭訪問が7年ぶりなうえに、小学校も地域もまたく知らない所で
しかも、のみの心臓で・・・

そんな中、その時を迎えます。

当日時間が無いせいか先生の第一声は「何か伝えておきたいことなどがあれば言って下さい」でした。
早速やんわり言うも、鼻で笑って返されてしまいました。

というものうちの小学校はまぁまぁ宿題に力入れていて、
「宿題を提出→その中の間違いを授業中にやり直し→授業中に出来ない場合中休みにやる」ということ。

そしてそのやり直ししたプリントを親に返す。ひらがなだったら、止め、はね、はらいなども修正。

先生曰く、「うちの場合宿題はやらせっぱなしではなく、きちんと見て、やり直しさせて最後まできちんと責任を持ってますから」と自信満々におっしゃりました。

そしてこの先生は自分が正しい、絶対間違っていないという気持ちが強いのか、

二人で話している最中に、私が質問しようとしたら、先生が手でストップという仕草をし、
話し終るまで質問出来ず。こちらがやっと話せると思い話すと、最後まで話しを聞かず割って入る…

時間を押してやって来て、かなり時間がない状態だっということかもしれないけど、
先生が一方的で、もう不信感でいっぱい・・・。

敵を作りたくないと思いやんわり話していたけど、途中からもう気持ちが無理でした><

この先生にはこの段階では、はっきり言って、かな~~~り嫌な印象しかありません。

色々な資料も、ミッコロのどんぐり問題も用意していましたが、全くこちらの話を聞いてくれる様子がなく、全く言うことも見せることも出来ませんでした

ただ最終的には宿題は提出せずなしになったけど、ミッコロが宿題を持って行きたいというので、
宿題マシーンを今の所しています。

なぜミッコロが持って行きたいというか?は
宿題を忘れた人の人数を必ず確認され、忘れた人の名前を黒板に書かされるから。

そして数カ月おきに出る小学校のプリント?に「宿題を忘れた人は一人もいないです」
と宿題を忘れずに出すことがと~っても良いこととみんなに思わしているため。

話を戻して

他人の手前ということで宿題マシーンのことを先生に伝えると、
「お母さんがやった宿題は提出しないでいいです」と言われ、宿題はなしになったけど

私がやった宿題を提出しているのでどう思っているのか?
それともミッコロの字を真似て書いているのでわかっていないのか?

宿題は最初はプリント1枚の表だけ、先週からプリント1枚裏表になり、
次からはそれに音読が加わります。

それほどの量でも内容でもないのと、どんぐり問題も今の所悪影響は出ていなので
ミッコロがやりたい部分の宿題はミッコロがやっていて、それ以外を私がやっています。

今後何もなくいけるか?または先生から何か言われるのか?

「宿題」のことは今も様子見な感じです。一番頭を悩ませる事ですね

でもでもミッコロを守るためそんなことは言っていられないので、
いつ、どんな状況になっても守る「覚悟」は出来ています。

いや、いつも目を光られています。すぐに対応できるように。


> 今までの先生への対応等教えていただけたら嬉しいです。

今までの先生というのがランの時の小学校の先生だけなので。
小2(初)→電話で対応(最後の辺り結構強く言っている)
小3→家庭訪問で本当に簡単に伝えOKをもらう。
以下小6まで同じ。全く小3以降からは宿題に関しては苦労なく終わる。

詳しくはブログを参照してください→どんぐり倶楽部と出会って(宿題編)

ランの時は結構簡単に宿題のことはOKしてもらっているけど、
ミッコロの場合は今後どうなるのか??

なんだかんだ言ってどの先生にも上手く伝えられていないなって思います。
もう力わざって感じで

でも今思うことは、私のように伝える事が苦手でも、言いたい事をまとめるのが苦手でも
子供を守る本気の覚悟があればなんとかなるなぁと。

というか、なんとかさせます、という感じでしょうか。
子を守るためなら、悪と思われても、モンペと思われようと構わないという感じです。

それも小学校の間だけで、中学からは先生とはとても平和ですから^^

ミッコロの初の宿題制限は思っていた以上に大変だったので、
そう考えるとランの小学校の先生方達は有り難かったなぁとしみじみ思います。

学校関係 コメント: 4 トラックバック: 0

初登校&さっそく・・・

2016年04月14日 09:00

先日ミッコロの遅めの入学式が終わり、昨日学校へはじめての登校となりました。

初日の為、ミッコロとどこまで私が一緒に行くか、という話し合いを。

私「どこまで一緒に行けばいい?例えば学校までとか、○○公園までとか、どこでもいいよ。」

ミ「どこまでもいかんでいい(行かなくていい)」

私「ええっ?じゃあアパートの下まででいいの?」

ミ「ううん。そこまでもこんでいい(来なくてもいい)」

私「え?じゃあ玄関で、いってらしゃ~いっていうってこと?」

ミ「そう。」

私「ええ~、でも下までなら行っていいやろ?」

ミ「まぁ。別にいいけど。」


ここの地域は集団登校がなく、
しかもミッコロと同じ保育園から同じ小学校に行く人は0人。

そんな中での小学校1人での初登校となりました。

SN3O1412.jpg

家を出るまでは本当にいつものミッコロでしたが、家を出て歩きはじめてからは
後ろ姿から不安と緊張していることが伝わって来ました。

でも学校から帰って来てそうそう

ミ「楽しかった~、でも疲れた~」と。

そしてこの日は夜19時半ぐらいには寝てしまいました。

やはりエネルギーが少なく慎重派。
でもなんでも楽しむことが出来るミッコロらしいなぁ~と。


そしてそして早速学校に提出する書類の「家庭からのご要望」の欄に
さらっと家では考える力に重点を置いているため計算・暗記など
考えられないことはしていないこと(これからも)、学校でやる場合は急がせずゆっくりで、
というようなことを書きました。

後は家庭訪問でうちの家庭の方針を伝えるのみです。

いや~久しぶりの宿題制限の話、実はめっちゃ緊張してます。
結構ドキドキです。

ランの時の最後の先生にお願いしてから7年ぶりだ~~~

学校関係 コメント: 4 トラックバック: 0

90点でも・・・

2010年12月12日 23:15

先日ランは算数のテストを持ってきた。


今学期最低点数。


間違えた個所2つ。



2つともあまりにまぬけな答えだったので内心


「ばかじゃ~んにひひ」と思いながら、


それをグッと胸の中にしまい込み


「それが今のランの実力だねまじめ」と言いました。


本人は迷ったり、わからなくて間違ったのなら私の言葉を素直に受け入れていたと思いますが、


完全にわかっていた問題だったらしく、悔しがっていたね。



ただ、このテスト、うちのクラスだけだと思うのですが、


最高得点が90点でそれもラン1人だけだったとのこと。


しかも、人数が一番多かった点数が


25点


半分ぐらいの人は50点以下とのこと。


これには私もビックリ目


今までこんなに点数が低かった事はなかったから本当に驚いた。


ただこの事がランに少なからず悪い影響があるかなって思った。


今まで100点で1人だけって事はあって、それならまだしも、


90点が1人だけしかいないって・・・。


それも今回やっかいなのは、このテストを渡される前に席替えをし、


隣になった男の子に「ランは何点だった?」って聞かれてしまい、


隠す事も出来ず点数を言った所、クラス中に知れ渡ってしまった。


今までは隣の子や周りの子に聞かれる事もなく、ランはもちろん自分から点数を言う事など絶対しないので、他の人に知れ渡る事はなかった。


今回はじめて自分の点数を知られてしまい、


90点なのに、みんなにすげぇ~と言われてしまったを少し嬉しそうに私に話してきたのだ。


これが周りの子がほとんど100点で自分だけ90点ならばミスを起こさぬようにこれからかなり注意すると思う。


同じ点数でも周りの環境で全く感じ方が変わるんだよね。


やはり素直にみんなにすげぇ~と言われた事は嬉しかったみたい。


でもわかっている所を2つも間違えた事には悔しがっていて、これからに繋げるような事は言ってたね。


ん~だけど、


やはり自分では決して良くない点数なのに、クラスで一番点数が高い、


ってわかったら、少なからず天狗になったり、


傲慢になったりしちゃうんじゃないのかなって思ったり。


なんだか色々な事を考えてしまった。



学校関係 コメント: 0 トラックバック: 0

またしてもテストで

2010年10月07日 21:29

今日持ってきた今度は理科のテスト



またしても、ミスしてる~にひひ


表100点でやはり裏が45点(50点満点)


その間違えた?一問は無回答。


それも二者択一の問題で・・・。


どんなに分からない問題だったとしてもどちらかには○(印)をつけるのに。



そして本人曰く


「問題が見えなかった」


とのこと。



今回は絶対わかっていた所だったらしく、結構残念がっていたね。

そして自分なりに反省していたみたい。



母としては陰から見守るしかないね。

ま~頑張ってちょうだいなぁニコニコ

学校関係 コメント: 2 トラックバック: 0

テストでのミス

2010年10月05日 22:43

今日ランが持って帰って来た学校のテストのミスに

つい、笑ってしまったわっはっは



5年の2学期ぐらいまでは、テストの点数は色々でバラバラだった。


悪い時は60点ぐらい。100点はたまにあったぐらい。


でも最近6年になりテストはほぼ100点ばかりになってきた。



これはどんぐり効果が表に出て来た感じかな!?


あ、でも本人が100点取りたいって思っているからってこともあるかも。


今までは点数なんてあまり気にしていなかったけど、6年になり、ちょっと100点取りたいっておもうようになったみたい。


でも、だからってテスト勉強は一切していない。(いや、勉強もかも・・・)

正確には「家では一切していない!!


学校で授業を聞いて、それでわからない事、納得しない事があった場合は先生にしつこく聞いているみたいだから。


これはやはりどんぐり効果だよね~音譜


低学年の時はいつも100点ばかりだったのに、高学年になるにつれ点数が悪くなってきた、って話は聞くけど、その逆はあまり聞かないもんね。



本題からずれてしまいました。


今日持ち帰った社会(歴史)のテスト


表は100点だったが、裏が一問間違えて45点(50点満点)。


そして、その間違えた問題が


「1632年ごろ(  )の領地は、全体の71%である」


この(  )の中に資料を見て書き込む、という事なんだけど


その資料の中に「大名領71%」という記述があり、


ランは(大名領)の領地って書いた。


資料そのままやんけ!!


点数には関係ない発展問題?みたいな記述式の問題にも全て正解しているのに、


なぜにそのまま?にひひ



つかの間の笑いをいただきましたニコニコ

学校関係 コメント: 0 トラックバック: 0

思っている以上に学力低下かも

2010年05月26日 21:14

ランから聞いた


昨日学校の算数での出来事


分数で「1/3=2/6の場合、分子はどうなっているでしょうか?」という問題。


1/3の1と2/6の2を矢印で表していました。1→2



そして、先生は教室中をメガホンを持って歩き、耳打ちで正解を言うって事をしたらしいんだけど、


そこで正解した人がクラスで約1/3との事。(2度目で以降で正解の人も合わせて)


そして先生が

「この問題を正解した人は先生の話を聞いている人。そして正解しなかった人は全く聞いていない人。こんな問題も出来ないようでは下のクラス(2年)で勉強した方がいいかもな」


とおっしゃたようです。


単純に数字だけ見ても

1→2だから、どう考えても2倍になっている。倍は2年で習っているはず。


このレベルの低さはうちの学校だけなのか?それとも全国的にもここまで低くなっているのかな?


驚きを通り越して、なんだか悲しい気持ちになってしまいましたしょぼん


学校関係 コメント: 0 トラックバック: 0

学校でのランって?

2010年05月25日 23:01

家庭訪問が先週金曜日に終わりました。


今年は昨年と同じ担任だった為、希望者だけ家庭訪問だったのですが、お願いしちゃいました。


学校でのランの姿って、授業参観の時や本人の話で


とにかく「おとなしい」ってことしかわからず、


実際、先生の目にはどう映っているのか聞きたかったのでした。



先生の話では、


とにかくよく頑張っているとの事。


その言葉しか言わないから、具体的にどの辺が頑張っているのか聞いてみると


「私がお願いした事など、周りの子が来なかったり、サボったりしていても必ずやってくれたり、約束ごとは必ず守ってくれるし、勉強でも運動でも一生懸命やっています。」


「なるほど。(それって当り前では?)」


「後、職員室でランちゃんの名前が色々な先生からよく出てくるんですよ。」



どうやら、担任の先生だけが頑張っていると思っているだけではなく、他の先生達から「ランちゃん今日○○で頑張っていたよ」とかよく言われるらしいのです。

その頻度が他の生徒よりかなり多く、多数の先生から言われるとの事。


この事を帰ってきた本人に言ってみると


「ええ?そんな事言われたの?言っちゃ悪いけど、そんなに頑張っているわけではないんだけどなぁ。

私にとっては当たり前をしているなんだけどなぁ~。

確かに最近の陸上競技の練習は頑張っているよ。」



先生方とラン本人との考えの違いには笑ってしまったけど、


先生方に良く見られる事は親としてはとても嬉しい事です。


ただ1点、どんぐり問題を自主学習にやっている事がたまにあるんだけど、一切触れてもらえなかった事が残念なのでした。


学校関係 コメント: 0 トラックバック: 0

学校でのひとこま

2010年04月13日 21:44

ランが、休み時間に暇だったので、


「辞書」を本を読む感覚で眺めていると


おとこのこ「ずいぶん勉強熱心だねぇ」


女の人「あっ、う~ん困った


というひとこまがあったとの事。


この話を聞いた瞬間、私は思わず笑ってしまった~にひひ


だって、ランにとって辞書だろうが新聞あろうが、完全に趣味の領域。


マンガと同じ感覚で読んで(見て)いるんだもんね。


それが周りから(同じクラス)見たら、勉強しているように見えたんだから。



その時のランの困ったような、ひきつったような顔を想像したら、思わず笑っちゃったんだよね。(ランごめんよあせる



世間で言われている「勉強」と言われている事は、全くしていないだけに、


思わず笑ってしまう出来事なのでしたニコニコ


学校関係 コメント: 0 トラックバック: 0

算数プリントの宿題で

2010年04月11日 22:18

4月下旬に行われる学力テストのために、算数プリントと漢字プリントの宿題が出されました。


ランの場合、宿題の事は先生に話しているので、やっていかなくても何も言われないのですが、


最近は本人の判断で宿題をやっていったりしています。



今日算数プリントを本人がやりおえ、それを見ると、ある問題の所で疑問に思う事がありました。



①60人をもとにした、9人の割合を少数で求めましょう。


この問題なのですが、余白に式も筆算もなく、答えの欄に0.15と書いてあるだけだったのです。

ただ余白に、「60=6」と「3」 とだけ書いてありました。


そこで、どうやったのか本人に聞いて見ました。


ランの考え方

少数で求めるから、まず60(人)を1と考え、10分の1だと6(人)になる。

つまり、0.1(10分の1)=6(人)

ここでは9人の割合を求めるから、9(人)-6(人)=3(人)

3(人)は6(人)の半分。つまり、0.1の半分は0.05。

だから0.1と0.05を足して0.15になる。


こうやって文字に表すと難しい感じがするのですが、説明を聞いていると、

とても簡単でわかりやすかったです。


通常、学校で習う方法でやる場合

今回は、割合=比べられる量÷ もとにする量

になるので、9÷60=0.15となります。


私もこの問題を見た時に、この式が思い浮かびました


でもランの考え方を聞くと、色々な方法が他にもあるのかもって思ったのと同時に、


学校で習う公式は全く必要ないって感じました。


ランは全く公式を覚えていないけど、こうやって自分のやり方で答えに辿りついている。


やはり、どう考えても学校の教え方は余計にわかりにくくしているとしか、

私には思えないプンプン


お~っと、またヒートアップしそうなので、この辺で抑えます。


やはり、小学生のうちに


「自分で考える習慣をつける事が一番重要」だなって思いました。


学校関係 コメント: 0 トラックバック: 0

割合と百分率(2)&どんぐり効果

2010年01月23日 08:08

昨日、算数の授業での出来事。


先生「教科書を伏せたままで次の問題に答えましょう。

   式は何度書いても良いし、どんな方法でもいいので、

   自分で考えてやってみましょう。」



<問題文>

ともこさんは、1800円のぬいぐるみを30%びきのねだんで買いました。代金はいくらですか。



ランの考え方。

まず、1800÷100(100分の1)=18円で1%の代金を出します。

次に18×30=540円で30%分の代金を出し、後は元の1800ー540(30%)=1260円。


教科書の模範解答は


1、まみさんの考え

 1800×0.3=540 1800-540=1260  答え1260円


2、ゆうたさんの考え

  1-0.3=0.7 1800×0.7=1260 答え1260円



そして、この問題を正解したのは、たった6人

模範解答以外の方法(式)で解いたのは、ランだけだったとの事。


ランの考え方から1%=1/100(100分の1)と言う事がわかっている。


遠回りしているようなのですが、割合のなんとなくの意味はわかっているようなので、学校での学習方法との混乱は今の所ないようです。

後は、機が熟すを待っていれば大丈夫かな?


ランの場合公式は一切覚えていない。だからこそ、模範解答ではない方法でもやれたのだと思います。


おととい、「やっぱり、自分のやり方(考え方)が一番いいと思った」と言った事はこういう事だったのだなってわかりました。


学校で習った方法も意味は理解出来るけど、自分のやり方が一番しっくりくる、という感じのようです。


つまり問題を見て、思いついた方法でやっているようです。

結果的に公式と同じ方法で解いている場合もありますし、自分で考えた方法で解いている場合もあります。(ただ、かな~りゆっくりで遅いですけど・・・)


でもそれが出来るのはどんぐり問題をしていたからだと思います。どんぐり文章題をしていなかったら、間違いなく今小5の時点で理解はしていないでしょう。

断言出来ます。


その理由は、どんぐり問題には普通に中学に行って困らないよう、考えられるよう、本当の意味が理解出来るように色々仕掛けがされているからです。(多分私が知らない仕掛けは沢山あると思います。)


まだ、割合も百分率という言葉も、方法も、公式も知らない時に、普通に何割、何%を複雑に絡んでいる、どんぐり文章題をしているからです。


それはもちろんノーヒントです。だから、自分の今知っている知識、工夫でやるしかありません。

そうすると本気で深く考え、色々思考錯誤しますから、答えに辿りついた時には、その内容を深く理解出来るのだと思います。


つまり学校で習う前に、何も知らない状態で普通にやっている。

そうすると、学校で聞いた時に、一瞬で理解出来るようです。

それも応用が効くような深い理解を。

これをどんぐり倶楽部では準備学習と言います。先行学習とは全く違います。



主人とも話したのですが、こんなに無駄がなく、効果的で、深く意味を理解出来る教材(それ以外にも奥は深いです。)は他にないと思います。


だって~だって、週に1問(1ページじゃありません)ぐらい
楽しく解くだけで、世間一般的に言う、勉強とわれていることは一切していないのですから
宿題も含めて。(ちなみにランの場合2週間に1問ぐらい)


本当にどんぐり問題はすごいです。語彙の少ない私の言葉では言い表せません。



糸山先生がおしゃっていた事が頭では理解出来ていても、実感はいまいちわかなかった。

でも今日、少しですが、実感する事が出来ました。






学校関係 コメント: 2 トラックバック: 0

割合と百分率(結構きつい内容です)

2010年01月21日 22:55

今日は常日頃感じている事を本音で書こうと思っているので、荒く、毒舌になってしまうかもしれません。

なので、嫌な方はすいませんがスルーでお願いしますお願い







ランの5学年の算数では今割合と百分率をやっています。


もう~これには言いたい事がいっぱい!!



1、まず割合の公式。あれは何?なぜあんなにわかりにくい。あれを覚える意味ある?


割合の公式を覚えて、それに当てはめて答えを導き出して、それで応用が効く?


大人になって買い物などで割合を出す時、あの公式思いだしてやる?だいたい忘れているよね。


第一、公式なんて思い出さなくても、イメージすればわかるよね。



2、計算ドリルの中身。1ページに全く同じ式になる問題ばかりがずらり。そしてその次のページはまた別の同じ式の同じ問題ばかり。


例えば、①5kgをもとにした4kgの割合は 

     ②8cmをもとにした2cmの割合は

     ③20ℓをもとにした6ℓの割合は

次のページ

     ①20kgの40%は□kgです。

     ②72人の25%は□人でです。


こんな感じで全く同じのばかり。


ただ、数字かえただけじゃんプンプン


そしてこんな同じ問題ばかりやらせていたら、間違いなく意味なんて考えないでやるようになるよね!!


3、教科書の文章問題?の中で式を出すのに関係ある数字を、赤で線を引かせているか、またはノートに書かせた問題文の中に赤で○をつけさせているのだ。


ああ~まったく~がっかりする。

簡単な小学校の算数ならそれで出来るかもしれないけど、中学、高校に行って数学に変わり、複雑になったら間違いなく出来なくなるじゃん。


式がいくつも複雑に絡んできたらお手上げじゃん。


公立の今の教科書&学校のやり方はまるで、考えないように、考えないようにしているとしか思えない。



すいませんかなり熱くなり、荒くなってしまいました・・・


ここからは少し冷静に書きたいと思います。


今日久しぶりにランの算数のノートを見て、はてなマークと思う事があった。


ノートに式と答えが書いてあり正解していたのですが、そのとなりに赤鉛筆でランの筆跡とか明らかに違う、図と文字が書いてあった。


これは何かランに尋ねると、


ラン「一応この問題、正解してわかっていたんだけど、先生だったらどうやって教えてくれるのかな、って思って聞いてみたの。自分のやり方よりわかりやすい方法で教えてくれるのかな、って思って。」


私「へぇ~そうなんだ。そしてどうだったの?」


ラン「絵はわかりやすかったんだけど、くらべる量が何だとか、もとにする量だと言葉がわかりづらかったから、やっぱり、自分のやり方(考え方)が一番いいと思った」


ん~やはり自分が納得した方法が一番良い、ってことなのね。


ちなみにこんな問題です。


「たんぱく質を約17%ふくんでいる肉を食べます。この肉から51gのたんぱく質をとるには、およそ何gの肉を食べればいいのでしょうか」


後から聞いたのですが、この問題を一発で正解したの人は数人だったとのこと。


でも、こんな教え方されていたら、こんな宿題だされていたら、普通に考えない頭になってしまうよね。


もっと、先生方、保護者の方に気付いてもらいたいなぁ。


見た目の評価(テストや通知表)ばかり見るのではなく、その問題の過程を見てほしいなぁ、って思いました。


だっていくらテストで100点ばかり取っていたって、考えない頭になっていたら何も意味もないもん。



ん~今日はかなりきつくなってしまいました。

学校関係 コメント: 8 トラックバック: 0

面積の求め方の公式

2009年12月16日 23:02

今日学校から帰ってくるなり、算数のテスト2枚、国語のテスト2枚持ってきた。


その中に面積を求める問題がずら~と並んでいました。


公式をそのまま覚えて、そのまま当てはめれば出来るものばかり。

一応娘は全て正解していましたが、


「何でこの公式になるのかわかる?」と聞いたみた。


「うん、もちろんわかるよ」と娘。


その後、図で三角形、平行四辺形、台形、ひし形、長方形、

全て説明してくれたが、完璧にわかっていました。


実は私が、あれ?どうだったけ?とちょっとわからなくなってしまったので、

ちょっぴり恥ずかしかったですハズカチィ


でも娘が言うには、学校の授業の時やテストの時に


教科書見て一生懸命ブツブツ言いながら暗記する人や、


「あれ?公式なんだっけ?」と言っている人が結構いるらしいのです。


意味がわかっていれば公式丸暗記しなくても覚えられるし、応用も聞くのになぁって思います。


暗記の苦手な娘でも意味で理解しているので、公式は特に意識して覚えなくてもわかるそうです。


学校の授業でも図を書いて、なぜこの公式になるのかも教えてくれるようなのですが、


なぜ、公式丸暗記になってしまう人が多いのかなぁはてなマーク


恥ずかしながら、私が子どもの時は丸暗記で覚えました。

意味なんて考えたことなかったです・・・


学校関係 コメント: 2 トラックバック: 0

学校での嬉しい出来事

2009年11月16日 22:03

今日上の娘さん、学校から帰ってくるなり、

「嬉しい事あったんだよ~ニコニコ」と言ってきた。


聞いてみると、今日全校学習発表会(本当は先月だったが延期になり、最終的には中止になった)

5年生全体練習で、ダンスというか踊りを終え、その後の出来事とのこと。


踊りを終え、個人種目の練習をチームごとに分かれようとバラバラになった時、

違うクラスの先生が娘を呼びとめた。


「○○ちゃん(娘)、ちょっといい~?」と遠くから聞こえた。


娘、走ってその先生の前に行き、


「先生、なんですか?」(踊りのアドバイスでも言うのかな?)



「今日の踊り、と~ってもよかったよ音譜

担任の○○先生もずっと○○ちゃん(娘)のこと見ていて感心していたよ。次の個人種目も頑張ってね~」と言い、


娘の頭をいい子いい子し、髪の毛ぐちゃぐちゃになってしまったとの事。


その後、恥ずかしいような、でも嬉しいような気持ちで顔がニヤケていたらしいにやけ



娘はダンスなど踊りは苦手で、リズム感も???

短距離などもとても遅いし、体育全般苦手。


なのにクラスの違う先生が娘だけわざわざ呼び出して、こっそり伝えた、ってことは、


あくまで私の推測ですが、


気持ちよく、そして楽しんで踊っていたので、先生方にもその気持ちが伝わったのではないかなって。


やはり味わって、楽しく過ごしていると、周りにもこの心は伝わるんだなぁ~って改めて思いました。



全体学習発表会は中止になったが、学年別はやる予定なので、と~っても楽しみ音譜

学校関係 コメント: 0 トラックバック: 0

算数の授業で 少数の割り算

2009年10月21日 21:25

娘のクラスの今日の算数の授業での出来事。


教科書をふせ、見ないで次の問題を解くとの事。


2,5リットルのジュースを、0,7リットル入りの水とうに入れていきます。

何個の水とうをいっぱいにできますか?

また、何リットルあまりますか?




この問題で3個というのはだいたいの人が当たったとのことだが、


あまりをほとんどの人が4リットルしたとのこと。


そして正解の0,4リットルとしたのは娘をいれて二人だけとの事(その一人は塾に通っている)


ちなみに娘の考え方

もしあまりが4リットルだったら、0,7リットルの水とうにもっと入るし、

もとがだいたい2,5リットルのジュースだから、どう考えても、0.4リットル以外ありえない



そして授業の最後のまとめがこれ↓


少数の割り算であまりを考える時、あまりの少数点は、

わられる数のもとの少数点にそろえてうちます。



これを見て、


そりゃ~これじゃ~意味は理解できないのでしょう!!


と思ったのでした。


やはり色々な先生方が言っている少数の割り算(掛け算も)のことがつくづく

なるほどって思った出来事でした。



ちなみに娘は世間一般でいう勉強のできる子ではありません。


テンポがゆっくりなので、計算問題をさせるとクラスでほとんど一番最後に終わるし、テストでは100点をいつも取っているわけでもありません。


ちなみに昨日の、少数のテストはかなり悪かったです。(娘の希望により掲載できませんが、、、)


それでもイメージ力は付いてきていると思います。



こういうことがあるたび、前の記事 にも書いたのですが


どんぐり方式(どんぐり倶楽部 )でやって来て、間違いないなって思うのでした・・・



学校関係 コメント: 4 トラックバック: 0

小5娘 学校の算数の授業で

2009年10月15日 08:35

数日前、上の娘(小5)が、学校での算数の授業の事を話して来ました。

0.3×0.9と0.3×1.2のどちらが元の数字より大きくなるでしょうか?
という問題だったですが、周りの反応に娘は???だったとのこと。

まずこの問題を先生が計算しないで、考えましょう!
と言うと「え~そんなの無理だよ」と言う人がとても多かった事に娘は驚いていました。

問題を見た瞬間イメージし、意味がわかっていれば楽勝で出来る問題なので、とってもゆっくりの娘でも一瞬でわかったそうです。

そして次に「0.3×0.9だと思う人」と先生が言うと、今日出席した25人中23人(先生が数えて)が手を挙げたとのこと。(娘は一番後ろの席で、自分以外は多分全員手を挙げていたっと言っていますが)。

娘の心の声は「え~どう考えても1.2の方でしょう。だって整数の1を超えているだから。そして0.9は1より小さいんだから、小さくなるに決まっているのに、なんでほどんどの人が手を挙げてるの???」

そして、どちらが大きくなるでしょうか?との問題なのに、両方に手を挙げた人が半数以上いたとのこと。

その話に私は・・・無言で固まってしまいました。両方に手を挙げたってことは、考えていない。つまりどちらかに手を挙げれば当たると思ったから。

ということは1.2の方だけに手を挙げたのは多分娘をいれて二人だけということになる!!

そして、先生が1.2の方です、と答えを言うと、周りで「え~そうなの?ひっかけだよ~」「計算すればわかったのに」など色々声が飛んできたそうです。
またしても娘は???
「ひっかけでもないし、計算しなくもすぐにわかるのになんで~」と思ったそうです。


も~本当にこの話を聞いてビックリ目、ビックリ!!!の連続でした。

だって今日初めてやる問題ではなく、今までに少数の掛け算を授業では何度もやり、1より小さい少数をかけると、もとの数より小さくなる事も教わっているし、確認もしていたとのこと。

それなのに、数字が違っているだけで計算しないとわからない、ということは、ほとんどの人が、先生の話は聞いてるけど、本当に意味が理解出来ていない。イメージ出来ていないということになります。

恐怖さえ感じましたね!こんな簡単な問題を計算しないとわからないとは・・・。


でも今回の事で、どんぐりをしてきて本当によかったぁと思ったのと、
やはり宿題は全く賢くならないことがわかりました(全部の宿題がそうとはもちろん限りませんが)。
あくまでうちの場合はです。

どんぐり知ってから、先生公認の元、すべての宿題を免除していただいているので、小2から全く宿題はしていないし、塾や通信教育も一切習い事もしていません。どんぐり問題は1~3週間ぐらいに1問ぐらいだけで、
イメージ力は付くということです。(もちろん予習もなにもしていません。)

計算がとても早くても、テストでいつも100点とっていてもこの結果では、本当の学力は付いていないということになります。 逆に計算がゆっくりでもイメージ力があれば理解出来る、ということになります。

うちの学校は公立で、田舎で、中学受験しない地域ですが、それでもここまで落ちているとは・・・。

本当に考えさせられた1日でした。

学校関係 コメント: 4 トラックバック: 0

ホーム

プロフィール

love1557

Author:love1557
2006年5月:どんぐり倶楽部を知りそれから子育て方針学習方法ともどんぐり式へ

1998年生まれ:ラン
2009年生まれ:ミッコロ

当時小2のランは19歳。ミッコロは年中からどんぐり問題を開始し小2。

現在個別メール相談1案件:5000円で承っています。

最新記事

最新コメント

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

スポンサーリンク

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる