ホーム

2mx28

2017年05月25日 09:00

<2MX28> 小2 ミッコロ
今日はヒカルぴょんの誕生日です。カラスさんからは高級クモを5匹、モグラさんからは
柔らかミミズを8匹貰いました。クモはミミズの4倍の値段がします。クモ1匹の値段が
80円なら、皆で何円分のプレゼントを貰ったことになりますか。

SANY0589.jpg
5月17日

順調に問題文の通りの絵を描いて行きます。
3文目でクモ1匹と下に????円、
そのクモの右にミミズ4匹とそれぞれに?円を描きます。

最後の文で描いたクモの横に80円と描き
ミミズにそれぞれ10円ずつわけて描いていく。

そこからクモとミミズの値段がわかったので
2文目で描いたクモ5匹、ミミズ8匹にぞれぞれ金額を描く。

その描いた絵をじーっと15秒見た後

クモ1匹とミミズ1匹を線で繋ぎ100円と描いていく。
それをクモ5匹分全てやり、ここまでで500円。
そこに残ったミミズ60円プラスして560円。

通しで最初から確認していき
間違いなく「560円」とわかる。

-----------
今回とてもよかったと思います。

~倍の絵も描けていたし、
しかも自分で描いた絵をとにかく見ていました。

計算するにしても、
何か良い方法がないかと
絵をじーっと見ていた。

そしたら80と20を足したら100円になることに気づいた。
それが5匹分だから、500円とあまりのミミズを合わせるだけと
思ったらしいです。

全く同じ問題1mx88を1年の時にやっていますが、
その時はかな~り苦労?して答えに辿り着きました。

この時はこの試行錯誤が思考回路になるので
これはこれでと~っても良いのですが

絵を見てやると、こうやって工夫を思いついたり
答えが見えてくるんだね。

同じ問題でも、成長段階に応じて、やり方過程によって
思考回路を作れるんだなと尚更実感。

どんぐり問題は類題が結構入っているので
どのタイミングで、どの問題を選ぶかも重要なことだなと。

どんぐりをやる本人の意思や体調などがあるので
そこを考慮しながら環境設定含め
工夫しないといけないなぁと思いました。

ミッコロ(小2) コメント: 3 トラックバック: 0

2mx08

2017年05月23日 09:05

<2MX08> 小2 ミッコロ
バッタのパタパタは、お誕生日にずっと欲しかったジェットエンジン付きスケートボードを
博士に作ってもらいました。このスケボーは一回の燃料補給で8cm分進めます。では、
72cm先の学校に行くには走り出してから何回の燃料補給が必要でしょうか。出発前は
一回分の燃料が入っていることにします。

SANY0584.jpg
5月16日

順調に問題文通りの絵を描いていきます。

最後まで絵を描き終えて、答えを出す時
出発前の燃料までを入れしまいました。

全く同じ問題の1mx68、類題の1mx54
1年の時は両方問題なく解いている。

いつも通り丁寧に描けているのですが、
おそらく問題文の「~走り出してから何回の燃料補給~」の所が
意識出来ていなかったのだと思います。

なぜ意識出来なかったのかなと考えた時に
体調面や学校の悪影響とは今回は考えにくい。

おそらく
ミッコロが問題を決める時に問題まで読んでしまうのですが
1年の時に余裕でやっていたので、簡単と思ったからかなと。

簡単と思い、しかも問題文をさらっと読んでいるので
だいたいがわかった状態だった為、意識せずやってしまった可能性が高いかな。

しばらく問題を選ぶ時は
私が主要な登場人物など簡単な所のみ伝えて、
問題文を読まずにどれにするか選んでもらおうと思います。

もちろん次回注意事項も伝えます^^

これでどうなるかな。

ミッコロ(小2) コメント: 0 トラックバック: 0

2mx11

2017年05月20日 10:00

<2MX11> 小2 ミッコロ
5分で2枚のカードを作る事ができるカード製造機があります。できたカードは順番に
積み重ねます。1枚のカードの厚さは2mmです。では、この積み重なったカードの厚さ
が2cmになるには何分の時間が必要でしょう。

SANY0579.jpg
5月13日

5分=○○○○○とし、
カードを順番に積み重ねて描いて行きます。
線が2ミリ、線が1センチです。

ゆっくり絵に描いていきますが、
それでも結構早めに終わってしましました。

ミッコロ(小2) コメント: 0 トラックバック: 0

2mx57

2017年05月18日 10:00

<2MX57> 小2 ミッコロ
ダンゴ虫のお母さんが、900円で子ダンゴ虫3匹に、 同じお菓子を10個ずつ買ってあげよう
と思っています。お釣りが出ないように買うと、1個何円のお菓子を買えばいいのでしょう。

SANY0576.jpg
5月10日

1文目で
ダンゴ虫のお母さんと子ダンゴ虫3匹の上に900円(100円が9こ)、
お母さんのすぐ上に改めてダンゴ虫3匹と□を10こずつ描きます。

2文目(最後)で
まず100円を50円に全て両替します。
それで50円をかぞえるも30こない為
今度はその50円を30円と20円に両替します。
それもまたかぞえるが違っていると判断し全て×で消す。

今度は全て10円を90こ(91になってしまう)に両替します。
その後、勘なのか?何かで確信したのか?
30円だったら30こで分けられると思ったらしく、
30円ずつ色を変えてチェックしていく。

そのチェックした数があっているか確認するが、10円余ってします。
再度確認するがやはり余る。そこで今度がその⑩円を1円10に両替し
3つに分けていくが1円余ってしまう。これでは分けられない。

そこで今度はそもそも両替した⑩円の数が正しいか数えると、
一つ多かったことに気づき、その⑩を×で消す。

これで一つ30円と確信!
その後30円のポテトチップスを6つ描く。

通しで再度確認していき答えを出す。

-------------
900円を両替したときに10円一つ多かった。

最後にはそのことに気づいたのですが
やはり絵が小さくて見づらいことが原因ですね。

そして出来ればこれかな?と予想して計算するのではなく、
絵を見てこうやったら答えが出ると思ってから計算して欲しいなぁ。

でもおそらくお金は結構身近にあり、お店でも○○円と表示があるので
絵を見るより先に予想して計算したのかなとも思う。

左ページは問題終了後
とっても楽しそうにお菓子を色々描いていました^^

ミッコロ(小2) コメント: 0 トラックバック: 0

1mx81

2017年05月16日 11:00

2回に分けてやりました。

<1MX81> 小2 ミッコロ
アリンコのチビチビ君は1歩で3mm、チョビチョビ君は1歩で5mm進む事が出来ます。
今日は、とても天気がいいので二人はお散歩に出かける事にしました。目標は家から90cm
離れている小高い葉っぱの上です。二人は同時に出発して、2秒で1歩進みます。では、
どちらが何秒遅く小高い葉っぱの上に辿り着くでしょう。

SANY0569.jpg
5月3日午前中

チビチビ君1歩で3mm、チョビチョビ君1歩で5mmの絵を
ほぼ同時に丁寧に描いていきます。

赤い数字が秒で、青い線がセンチ、
鉛筆の縦棒がミリ、一つの枠(□)が1歩を表しています。

そんな中

チビチビ君が15センチ(150ミリ)で100秒、
チョビチョビ君が15センチ(150ミリ)で60秒

までの絵を描き(ここまでで1時間7分)、そこから何倍の絵に切り替えていく。

元の絵にチビチビ君1倍足して30センチ200秒、2倍で45センチ300秒、3倍で60センチ400秒
チョビチョビ君1倍足してで30センチ120秒、2倍で45センチ180秒、3倍で60センチ240秒

ここまで描いて中断となりました。(1時間20分)

---------

それから5~6時間ぐらい経ってからでしょうか。
再開します。

SANY0573.jpg
5月3日午後

続きを同じように描いていきます。

チビチビ君4倍で75センチ500秒、5倍で90センチ600秒
チョビチョビ君4倍で75センチ300秒、5倍で90センチ360秒

それぞれの時間はわかった。
後は差を求めるだけとなるが360を36、600を60として計算したり、
600から36(本当は360)を引いたり、位間違いをします。

だが最後には一つの□を100と見立て、
□□□□□□(600)の内一つの□(100)を、
○○○○○○○○○○(一つ10)に両替し、

600と360の差を求め、自分なりの答えがでた。
後は通しで、最初から思考を追っていき、間違いないことを確信し
「チビチビくんが240びょうおそい」と書いた。

----------------
天晴~~!!

これと似た類題1mx82を4月に4回にわけ1週間かけて苦労してやり、
それでもうまく数字を合わすことが出来ずわからん帳となりました。

でもでもそれから1カ月も経たず
こうやって工夫して出来るのですね~

二人ちょうどピッタリになる15センチからやる方法もあるんだね。
しかも、元の絵(15センチ)に~倍の絵を足して行くという方法・・・

普通15センチと出たらそこから2倍、3倍と・・・と進めていくと思うんだけど、
15センチ+1倍、2倍、3倍とした。

絵を見てやっているから、色々な方法が思い付くんだろうなぁ。

ひっ算も、長さの単位センチ(ミリ)も、秒も、掛け算も
まだ習っていない状態で取り組めたことは本当に良かったなぁと思います。

2MXでも同じ問題が残っているので、筆算や掛け算を習った後は
どういう違いがあるのか楽しみです^^

ミッコロ(小2) コメント: 4 トラックバック: 0

1mx57

2017年05月12日 10:00

<1MX57> 小2 ミッコロ どんぐり歴3年
ある朝ハム次郎は、巨大向日葵の種を食べたいと思い、どうしたら手に入れることが
できるのか色々と調べました。その結果、1本の巨大向日葵に5輪の花が咲き、
その花に4個ずつの巨大向日葵の種ができることをつきとめました。では、100個の
巨大向日葵の種を食べるには、何本の巨大向日葵を準備すればいいでしょう。

SANY0566_2017051121412196d.jpg
4月29日

1月に類題1MX60に取り組み、
イメージ出来ずわからん帳に入りましたが

今回は5輪それぞれの花に4個ずつの種をイメージ出来ました。

見やすい絵でとても丁寧に出来ました。

ミッコロ(小2) コメント: 0 トラックバック: 0

1mx89(わからん帳から)

2017年05月10日 09:00

<1MX89> 小2 ミッコロ
今日は全校CD飛ばし大会の日です。50人が一緒に飛ばします。上位3人の記録を合わせると、
下位2人の合計の丁度3倍でした。 5人の記録を合わせると640mになりました。下位2人の
差を20mとすると最下位は何mになりますか。

SANY0563.jpg
4月26日

この日はわからん帳をやりたい気分ということで
わからん帳ファイルに入っている問題の中から選びました。

4文目までで□□□□=640mということなので
640をまず600と40にわける。

600からまず100を四つにわけ、残った200を
50で4つにわける。

そして残った40と10ずつ4つにわける。
一つの□=100+50+10=160になる。

次で下位2人の合計が160Mで、二人の差が20Mの為
160m(100と50と10)を分解したうちの50ー20(M)=30。

その30に160mを分解した内の10をたし40。
そこに分解した残り100をたして140。

140を次に100と40にわける。
100を半分にし、50と50。
40を半分にし、20と20。

そして50+20=52とする。
だがすぐ、自分の書いた数字を見て、一の位が0なのに
52になるのはおかしいと気づく。

それから再度書いた数字を辿って確認していき、
50+20=70とわかり、70を書いてから、52を×で消す。

最下位に70、下位2番目に90と書く。

通しで確認していき
答え「70メートル」とかく。

---------------------
前回と答えが同じ52Mとなりそうでしたが
今回は暗算ではなく、計算を文字で残していたので、
見て間違いに気づくことが出来ました。

そしてしっかり絵が描けて見ながらやっているので
最下位2人の合計160mから20m引けばいいのはわかって、

160-20=140
とする所を

50-20+10+100=140
と計算していました。

一見?遠回りのような感じもしますが
前回は160ー20=140としていましたので
意味は理解しているのがわかります。

でも今回は160を分解して数字を書いていので
上のやり方が思い付いたのだと思います。

絵を描いて見ながらやれば
間違いにも気づく
色々な方法も思いつく。

その色々な方法でやることで
思考回路が増える。

今回の問題を通しで
なおさら実感することが出来た。

そしてこういうマッチした時には
ついつい心の中でニヤニヤしてしまうのでした。

どんぐり問題の醍醐味だなぁ~


ミッコロ(小2) コメント: 0 トラックバック: 0

1mx77

2017年05月08日 09:00

<1MX77> 小2 ミッコロ
クジラのマッコ君、ザット君、シロナガ君が宝探しをしています。どの宝箱にも2個の宝が
入っています。今回は3個の宝箱をみつけたら1度ゴールに戻ります。今、マッコ君が2回、
ザット君が4回、シロナガ君が3回ゴールに来ました。では、皆で100個の宝を集めるには、
宝をあと何個集めなければならないでしょうか。

SANY0561.jpg
4月18日

問題文通りの絵がかけています。
その絵も、とても見やすいです。

最後の問題文の所で
計算だけで答えを出すことも出来ましたが
あえて全て絵にしたようです。

時間は結構かかっていますが
最初から丁寧に
そして余裕を持ってやっていました。

ミッコロ(小2) コメント: 0 トラックバック: 0

2mx59

2017年05月01日 09:00

<2MX59> 小2 ミッコロ
センコウ君とデンコウ君が火花飛ばし競争を2回しました。1回目はセンコウ君
の後に、デンコウ君がセンコウ君の8倍の火花を飛ばし2回目はセンコウ君が1回目の
デンコウ君の2倍の火花を飛ばしました。次で、デンコウ君がセンコウ君と同点になる
ためには、1回目にセンコウ君が出した得点の何倍を得点すればいいでしょう。

SANY0555.jpg
4月17日

順調に問題文通りの絵を描いていきます。
最後の「次で、デンコウ君がセンコウ君と同点になるためには、
1回目にセンコウ君が出した得点の何倍を得点すればいいでしょう。」で手が止まります。

火花の高さの違いが~倍と思って描いていますが、それがどう得点になるのか
イマイチイメージが付きにくいようで、何度か最後の問題文を読んでとお願いされました。

それから2回目だけの絵を見て16(倍)とメモするも、再度問題文を読むように言われ
絵をじ~~~っと見たあと、16を×で消し、9(倍)と書き直す。

通しをしてからもやはり最後の文の所で止まり、何かで迷っているようで
しばらくして、こたえを「9ばい」と描きました。

------------
この問題はイメージ出来にくかったようです。

ミッコロは火花を花火のイメージで捉えて、高さの違いを~倍としたので、
それがどう得点になるのか?
そのまま~倍を得点と考えていいのか?

同点になるとは
2回目だけでいいのか?
1回目も合わせるのか?
など色々悩んでいたようです。

そんな中答えを出し正解だったので、珍しく喜んでいました^^

そしてこれで完全に「何倍」の意味を理解していることもわかりました。

ミッコロ(小2) コメント: 0 トラックバック: 0

1mx89

2017年04月29日 09:00

<1MX89> 小2 ミッコロ
今日は全校CD飛ばし大会の日です。50人が一緒に飛ばします。上位3人の記録を合わせると、
下位2人の合計の丁度3倍でした。 5人の記録を合わせると640mになりました。下位2人の
差を20mとすると最下位は何mになりますか。

SANY0557.jpg
4月15日

「上位3人の記録を合わせると、下位2人の合計の丁度3倍でした。」を
本人は長さでイメージして描いたようですが、上位3人の所が
1ばい□、2ばい□、3ばい□と描いてあるため、下位2人の合計だけの□がないので、
パッと見た感じ、5人で640メートルを三つ分けるように見える。

だが本人は迷うことなく四つにわけることがわかっていて
640をまず600と40にわかる。その40を四つにわけ
次に600をまず100ずつ四つにし、残りの200を50に四つにわけると
下位2人の合計が40+100+50=160メートルとわかる。
(何も計算した後がない為ミッコロにお願いして聞きました。)

そして下位2人の差が20メートルの為
160から20を引いて140メートル。

その140を100と40にわかる。
40の2つにわけ、20と20。

残り100と2つに分け50と50。
後は50と20と足して本来70の所
52にしていまい、わからん帳となりました。

-------------
考え方はとっても良かったと思います。

でも最後50+20=52にしてしました。
めったに計算ミスしないミッコロがめずらしいです。

でもこれは計算を絵や図にせず
暗算してしまったことが原因ですね。

頭の中で例え出来ても、計算も絵やひっ算で残すことが大事。

次回の注意事項にしました。

ミッコロ(小2) コメント: 0 トラックバック: 0

1mx82

2017年04月27日 09:00

更新が3週間空いてしまいました
ミッコロが小2になっての溜まっているのどんぐり問題をなるべくアップして行こうと思います。

まず4月最初のどんぐり問題は4日にわけやりました。

<1MX82> 小2 ミッコロ
アリンコのチビチビ君は1歩で3mm、チョビチョビ君は1歩で5mm進む事が出来ます。
今日は、とても天気がいいので二人はお散歩に出かける事にしました。目標は家から
90cm離れている木の上です。二人は同時に出発して、一秒で一歩進みます。では、
どちらが何秒遅く木の上に着くでしょう。

SANY0543.jpg
4月5日

問題文通りチビチビ1歩で3ミリ、チョビチョビ1歩で5ミリを地道に描いて行く。

チビチビは15歩で45ミリまで、チョビチョビは15歩で75ミリまで描き中断となる。


SANY0545.jpg
4月8日

続きを描いて行くも、どちらも100ミリ描いた辺りで、何ミリの絵が省略になる。

チョビチョビが100ミリ(10センチ)で20歩と最初にわかり、
チビチビも同じように考えたようで100ミリ(10センチ)34歩にしてしまう。

チビチビ67歩、チョビチョビ40歩まで描いて中断

SANY0549.jpg
4月11日

前回の続きを描いて行くが、絵が描けなくなり紙を付けたす。

そこから何歩のマスだけ描いていくが、やはり途中でギブアップ。

中断となる。

SANY0566.jpg
4月12日

前回の絵ではもう描けないと思ったのか、いちから描き直しします。
今までよりかなり丁寧でわかりやすい絵を描いていく。

チョビチョビは10センチで20歩とわかり、後は10センチ20歩ずつ描いて行き
20センチ40歩、30センチ60歩、40センチ80歩、50センチ100歩、60センチ120歩
70センチ140歩、80センチ160歩、そして90㎝120歩で120秒とわかる。

チビチビもやはり同じように考えようとし、無理やり?10センチ34歩とし
20センチ68歩、30センチ102歩、40センチ136歩、50センチ170歩、
60センチ204歩、70センチ238歩、80センチ272歩、90センチ306歩で306秒となる。

チビチビとチョビチョビの差を求め、答えチビチビが126秒遅いと出て
わからん帳となりました。

-----------
90㎝つまり900ミリをそれぞれ描くのは、と~っても大変。
まだひっ算も、何センチ(何ミリ)も、掛け算も習っていないので尚更。

だけど本人なりに工夫していたね。

チビチビを10センチ34歩としてしまった所は違っているけど、
その割合での計算は全く間違えていない。

習う前に今までの武器だけを屈してこうして
この問題が出来たことはとても良かったです。

そして最後まで諦めずに本人なりの答えを出せたことも
次につながるなぁと思います。

いつか解ける日をゆ~っくり楽しみに待ちたいと思います^^

ミッコロ(小2) コメント: 0 トラックバック: 0

ホーム

プロフィール

love1557

Author:love1557
2006年5月:どんぐり倶楽部を知りそれから子育て方針学習方法ともどんぐり式へ

1998年生まれ:ラン
2009年生まれ:ミッコロ

当時小2のランは19歳。ミッコロは年中からどんぐり問題を開始し小2。

現在個別メール相談1案件:5000円で承っています。

最新記事

最新コメント

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

スポンサーリンク

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる