ホーム

本物の学力を育てるとっても簡単な方法 in福山

2017年09月05日 14:10

地頭を鍛える学習教室 Gフォレストブログ
金森先生のワークショップのご案内です。

全国各地で行われておりますね!
今回広島県福山市では私も参加いたしまーす。

もしお近くの方(遠くの方も)がいらっしゃればご参加下さい^^

-------------------
パパとママのワークショップ
本物の学力を育てるとっても簡単な方法

日時:9月11日(月) 9:30-11:30 (受付9:10~)

場所:福山市生涯学習プラザ まなびの館ローズコム4階 小会議室3

参加費: 1,200円  [定員60名] 夫婦でのご参加は1組2,000円

持ち物:筆記用具

※託児はありませんが、お子様同伴でご参加いただけます。

◆ご予約・お問合せ
donguri.fukuyama@gmail.com
(担当 のぶなが)

①お名前
②参加人数
を記入の上、上記メールアドレスへ送信下さい。

主 催 どんぐり子育てサークルin福山
---------------

お知らせ コメント: 1 トラックバック: 0

2016年・どんぐり倶楽部の説明会(3/31追記あり)

2016年03月21日 00:30

今度4月に福岡でどんぐり倶楽部の
「健全な思考力養成方法の理論と具体的手法」の説明会が行われます。

お手伝い(スタッフ)として参加させていただきますので、
もしこのブログを見ていただいている方で参加される方がいらっしゃいましたら、
当日でも声をかけていただけると嬉しいです^^

色々な方に会えるのが楽しみです^^

もしここのだけの話など、中々おおっぴらには聞けないようなことも、
声をかけていただければブログにはかけないようなぶっちゃけ話など
こっそりさせていただこうと思っています(笑)

<以下引用>

*小学生の家庭学習についてのワークショップ*

  〜健全な思考力養成方法の理論と具体的手法〜

日時:2016.04/10(日)13:00-14:30<90分:入室は12:30〜>
無料:駐車場は用意しておりませんので、各自で探すか、
   公共機関にてお越しください。
場所:福岡市南区花畑2丁目
備考:子供同伴OKですが、大人向けの
「健全な思考力養成方法の理論と具体的手法」の説明会です。

内容:【0-5-7-9-12-15-18歳】の、成長段階に沿って、
  無理なく高度な思考力養成ができる理論と方法を
  コンパクトにお伝えします。


*博多駅→西鉄バス(自動車免許試験場前下車3分)
◎博多駅前(Aのりば)50番
◎博多駅郵便局前(Bのりば )65番
◎博多駅郵便局前(C,Dのりば)67番系統
*タクシーで2500円〜3000円程度
【住所】福岡県福岡市南区花畑2-21-33アンピール長住南:多目的ホール

<引用終り>

-------------------------------------------------------
3月31日追記
糸山先生のfacebookの記事を転載します。

4/10に11:自宅マンションの多目的ホール(集会所)でどんぐり理論の説明会をします。90分程で簡潔に話す予定ですが、0-5-6-9-12までの年齢を細かく分割して丁寧にすべきこととすべきでないことを明確に理由付きで説明するという珍しい説明会です。参加希望者は予約時に人数をお知らせください。
donguriclub@mac.com

0…親が知るべきこと…子供のエネルギー量とテンポ/双子でも異なる

1…一生守るべきもの…感味力/感じる力、味わう力。この感味力を守り育てなければならない。出力時の絶対必要条件となる最も大事な力

2…しつけの三段階/見ざる言わざる聞かざる

3…安定回路は同調されることで生まれる
安全時空間確保で安全回路ができる。安全回路と安定回路が作動していると、情緒の安定が生まれる。情緒の安定が入力の素地を育てる。入力準備ができたら、テンポとエネルギーを考慮して入力のみを行う。確認や出力はマイナス学習になる。具体物を連想しないで数字を扱うことや日常的な実体験で触れることのない物事の暗記などはマイナス学習の代表例となる。さらには、マイナス学習の筆頭であるスピード学習を加えたフラッシュカード学習や速読などは入力期には使ってはならない学習方法である。速度が要求される学習は、入力方法を確立した後で、強固にその方法が身についた後でのみ使うことが許される方法である。

目の機能確立の段階や時期や注意点などを眼科医の論文等で調べると納得できるでしょう。目の進化と視考力の進化は、使っている機能が同じなので同じような発展をします。

また、脳の構造的な役割分担の変化は、歯の抜けかわりという機能分担の変化と類似しているので歯科衛生の論文も参考になります。さらに、脳の働きを考える時には右脳左脳ではなく、前脳+後脳=大脳+小脳の働きの推移と役割分担と機能変化を理化学研究所の論文を参考に考えると、効率的な脳の役割分担とそのための進化方法がわかります。キーワードは「大脳の刺激拡張子統一理論…刺激の種類による拡張子の違いを統一する」「小脳モジュール」「思考のCMCC理論」「言葉のトリガー理論」「基本語義の再定義」…「記録と記憶と暗記」…「浅い理解と深い理解」…「浅い読解と深い読解」…「浅い思考と深い思考」「With Emotion」→「理論的な思考力養成をする時に感情の発育を妨げることがあってはならない」という、これまで不可能だった非常に難しい問題を克服できる学習方法が必要になった。
→どんぐり方式:言葉の説明や言葉よりも抽象度の高い数式での説明では理解不可能な年齢の時期に高度な思考力養成を可能にするのは、視覚思考である。しかし、その視覚思考を利用するだけでは、その時期に最も優先されるべき感情養成・安定、そして、その安定が可能にする高度な思考回路作成はできない。この難題を完璧にクリする方法がどんぐり式です。その理論が多少は難しいのは当たり前ですのでキッチリ学んで貰う必要があります。覚悟を持って集合...ですよ。

4...成熟順序「心→頭→体」自由でノビノビを掲げることは簡単であるが、頭の育成を含めた「自由でノビノビ」を実践しているところは見たことがない。そして、現実は、頭の育成をないがしろにされていると、結果として全体が壊れてしまう。感情過多の日常生活に困ってしまう「弱い子供」を育てかねない。頭の育成方法を知らずに過ごすことは、6歳までは手作り料理だったのに6歳以降はジャンクフードを見て見ぬふりして与えていることと同じです。6年間が水の泡ですね。


転載終わり

糸山先生曰く、中々こういう説明をすることはないとのことなので、
貴重な機会だと思います。

お知らせ コメント: 0 トラックバック: 0

2015年・どんぐり倶楽部・無料体験学習

2015年07月03日 09:00

昨年同様、今年もどんぐり倶楽部・無料体験学習にお手伝い(スタッフ)として参加致しますので、このブログを読んで下さっている方で参加される方がもしいらっしゃいましたら、声かけていただけると嬉しいです。

<以下引用>

●2015年・どんぐり倶楽部・無料体験学習を開催します。(今年はこの1回だけです)

日時:2015.07/18(土)18:30-20:00

場所:福岡・西鉄高宮駅下車0分・公共施設「アミカス」

参加:自由参加(途中からでも、途中まででもOK)...予約(全員の参加人数とお子さんの学年)は必要です。→メールdonguriclub@mac.com

条件:施設の器物破損だけはしないでね。<使えなくなりますので...前回、修復に1週間ほどかかりましたぁ...大変でした>

持物:問題はこちらで用意します

1.クロッキー帳(大)or画用紙(大)←最低でもA3用紙以上

2.色鉛筆(消しゴムは持ってこない)

3.のりorテープ(問題を貼ります)

●内容

1.お手本(糸山先生が問題を解きます)...解けなくてもOK

2.お試し(みなさんに解いてもらいます)...解けなくてもOK

3. 事前に相談申請があった場合は、授業後に時間を儲けます

...教室は開きませんので、案内もできませんので、ご家庭で継続して下さい。

*相談の申請時にはカルテ(学習履歴)と相談内容をメールにてお知らせ下さい。

<引用終わり>

お知らせ コメント: 0 トラックバック: 0

非公開コメントの返信について

2015年02月11日 23:57

タイトル通りなのですが、

現在非公開コメントをいただいた場合

私が内容を読ませていただき、特に問題ないと判断したものは

公開コメントと同様に名前付でコメント欄へ返信させていただいております。

でも、名前を公開されるのが困る方、嫌な方もいらっしゃるかと思います。

そして返信が不要だよと言う方もいらしゃるかもしれません。

そこで大変お手数なんですが、そのような場合

コメント欄へその旨記載お願い出来ますでしょうか。

何もない場合はそのまま名前付で返信させていただきます。

すみませんがよろしくお願い致します。

お知らせ コメント: 3 トラックバック: 0

ありがとうございます!(追記あり)

2015年02月06日 09:00

前々回の記事では私の勝手なお願いごとに

協力していただき、本当にありがとうございました。

まとめてのお礼になってしまい申し訳ありません。

非公開の方々を含め、じっくり、しっかり読ませていただきました。

今までコメントを下さった方々を含めこういう生の声を聞かせていただくと、

本当に嬉しく、そしてブログを書く活力になります。

いただいた意見を反映し、少しでもお役にたてる記事を書いていこうと思います。


また出来ればもっと気軽な感じで どんぐり問題の事、普段の生活の事など、

お互いみなさんで意見を言い合えたりして成長し合えたら、

どんぐりに出会って始めたばかりの方、1-2年経っている方、数年の方など関係なく

お子さんに一番良い影響を与えられるだろうなと感じます。

そのような場に少しでもなれるように私なりに頑張りたいと思います。

というわけで、これからは真剣な内容でも、気軽な内容でも、

気軽にコメント下さい^^(ん?)


最後に質問に返信させていただきます。

お願いごとの記事で、きんさんから
>息子は今一年生で年長問題が半分位の所です。
>わからん帳行きの問題も多く、このままでは対象年齢のテキストに追い付く気配がないのですがどうしたらいいのでしょうか。

→どこから始めても軌道に乗るまでが難しいのがどんぐり問題です^^
年長用を全てやってからじゃないと1MXに入れないということはなく、
今のお子さんに問題を調整する必要があるんですね。

例えば1MXと0MXをいくつかずつピックアップして混ぜて置き、
その中からやるどんぐり問題を決めるとか。
2年生になったら、その選ぶ問題の中に2MXも入れておくとか。(お子さんに知られないように)

ちなみにランの場合小2からどんぐり問題を始めていて、
週2問どころか2週間で1問ぐらいのペースもあったから、
おそらく0MX~4MXぐらいまではそれぞれ半分づつぐらいしか消化していないと思います。
5,6MXは70問づつぐらいでしょうか。

お子さんの様子を見ながら進めますが、該当学年の問題も入れて置き、
知らない間に1MXをやっているとかが良いと思います。



では、これからもどうかよろしくお願い致します。

---------------------------------
追記

本日もコメントいただき本当にありがとうございます。出来る範囲で記事にしていきたいと思います。

現在コメントで質問がある場合、長くなりそうなものは記事にさせていただいています。
時間を要する場合があるかもしれませんが、順番に記事にしていきますので、
すみませんがよろしくお願いします。

お知らせ コメント: 2 トラックバック: 0

お願いごと

2015年02月04日 10:00

いつもブログをお読みいただき本当にありがとうございます。

現在ブログの内容は私が思ったこと、感じたこと、ミッコロのことを中心に書いております。

一応「価値があること」と思って書いておりますが、

果たして、読んで下っている方の参考になっているのだろうか?

少しでもお役にたてているのだろうか?

もっと違うことを知りたいのだろうか?

など疑問が残ります。

そこですみませんがお願いがあります。

みなさんの生の声を聞かせていただけますでしょうか?

記事を読んでの感想でもいいですし、要望でもいいですし、意見でもいいです。

ほんの少しでいいですので、感じたことなど気軽にコメントいただけますでしょうか?

もし公開したくない方は非公開でも結構です。


コメントを書きこむのは労力が要ります。面倒かもしれません。

でも書きこむことで、自分の頭の中が整理が出来たり、

疑問点が明確になったりと、良いことがあります。


もし生の声をいただきましたら、それをもとにブログの記事に反映していきたいと思います。


読んでくださっている方々で考えも価値観も違いますし、

お子さんの年齢も違うので全員のお役には立てないかもしれません。

でも、読んで下さっている方々のお役に立てることを少しでも出来たらなという気持ちがあります。

そして、みなさんとともに私自身も成長していきたいなと思っております。


勝手なお願いで恐縮ですが、ご協力いただけると嬉しいです^^

お知らせ コメント: 13 トラックバック: 0

個別子育てメール相談

2015年01月22日 12:00

いつもブログをお読みいただきありがとうございます。本日はお知らせがあります。

今まで保育園(ミッコロの通う所とは別)や、個人で講演会をさせていただくことや、
個別に子育ての相談に対してアドバイスをさせていただだくことがありました。

私の理想が親がずっと成長をし続け、その過程の中で子供をMAX近くまで育てられるようになること。
そして子育てが「大変だな」「イライラする」「先が不安」「どうしたらいいのだろう」などと少し負担になっているお母さん達に、子育てが楽しい、面白いと実感して欲しいなと思っています。

子育ては毎日、毎日の日常の生活。その日常がもしワクワクしていたらこんな楽しい毎日はないです。そして子供も賢くなり、逞しくなっていきますから、大きくなりにつれ楽にもなっていく。

10年前の私には全くわからなかった、想像も出来なかった、こんなワクワクする世界を、
親として、1人の人間として成長しながらみんなで共感しながら行けたらと思っています。

現在子供は二人だけですが、毎日の生活が主に私の学びの場です。
保育園に朝送っていった時、帰りに迎えに行った時、懇談会の相談、スーパーで買い物した時、公園に遊びに言った時、そこにいる子供や親に目が自然と行き、その言動から読み取れることを分析しています。時にはメモすることもあります。もうこれは趣味というか、職業病?みないな癖かもしれません。

その時私の脳内では、どんぐり理論とすり合わせます。お母さんの性格(傾向)、発言、お子さんの発言から読み取れるであろう気持ち、そして動作からエネルギーはどうなのか?タイプはどうか?など。

そんなことを自分の子育てと並行し、他の方の相談もさせていただき、ずっとずっと毎日しているうちに少しずつ、この親子の場合、この部分をこうするともっと良くなるだろうなと、いう修正箇所がわかるようになってきたのです。今では親子の姿を見るとどこを修正すればもっと良くなるか勝手に頭の中でアドバイスさせていただいています。

私が学んで行く中で大事だなと思うのは、特別な事ではなくどれだけ些細なことから、日常生活から吸収し、深く見れるか。またその吸収した物を他の所でも応用できるか、説明できるか、だと思っております。

そして、ずっと成長し続けられるか。

私がずっと成長して行くことが、親としてミッコロの成長にも絶対必要だし、このブログを読んでくださっている方への礼儀だとも思っています。あくまで私の感覚ですが、このブログでは一応参考になるような、価値のあることを書いているつもりでいます。

そんな何も肩書がない普通の2児の母親である私ではありますが、人間的にわがままで子供の気持ちより自分の気持ちを優先したり、先回りしてしまったり、周りの目を気にしたり、感情だけで怒ったりの激高型だった母親から今の所までの成長の伸び幅はかなり大きいのではないかと自負しております^^

そんな成長して行く過程での葛藤、悩み、気持ちの持って行き方なども含め、

私にしか出来ないことを糸山先生の後押しもあり

メール相談を始めようと思います。

抽象的などんぐり理論を日常生活ではどう活用するのか?

なぜ子供の言動にイラついてしまうのか?

どういう言葉かけを自分の子にはしたらいいのか?

何に注意するのか?

それはどういうタイミングなのか?

など具体的な細かい微調整をその親・子に特化した方法でお伝えできたらと思っております。

このブログにはよく、環境設定、微調整と出て来ますが、これが本当に本当に大事なんです。

でも、ミッコロの具体例を出すことは出来ても、

その親・子によってその方法が違うで参考程度にしかならず、

場合によっては効果が逆になってしまうことさえあります。

そのぐらいその子、その親の特徴、タイプ、傾向、お子さんの年齢、性別によってどんぐり理論に向かう方法、手法は違うんです。

そしてメール相談の料金ですが、

メール相談:1案件につき5000円とさせていただきます。

この1案件とは1つの困りごと、修正したいところに対して、という意味です。メール1往復のみで終わるかもしれませんし、場合によっては10往復するかもしれません。目安は5往復ぐらいと思っていただけらいいかなと思います。

そして、お子さんの対象年齢は0歳~9歳までとさせていただきます。

ご希望の方がいらっしゃいましたら、コメント欄の非公開コメント「管理者にだけ公開させる」にチェックを入れ、メールアドレスとお名前、お子さんの年齢、どういう相談内容かを簡単にお知らせください(コメントを入れても非公開の場合はブログには何も表示されません)こちらから折り返しメールで連絡させていただきます。

お知らせ コメント: 1 トラックバック: 0

ホーム

プロフィール

love1557

Author:love1557
2006年5月:どんぐり倶楽部を知りそれから子育て方針学習方法ともどんぐり式へ

1998年生まれ:ラン
2009年生まれ:ミッコロ

当時小2のランは19歳。ミッコロは年中からどんぐり問題を開始し小2。

現在個別メール相談1案件:5000円で承っています。

最新記事

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

スポンサーリンク

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる